2013年03月29日

カラスだって考える

さきほど、ほんとにたまたまテレビで、よい番組に出会いました。
『考えるカラス〜科学の考え方』Eテレ (火)9:10〜9:20
小学校高学年〜中学生を主な対象とした科学教育番組で、科学の知識ではなく、「考え方」を、歌やアニメーション、実験映像など様々なコーナーを通して伝えるという趣旨の番組。
たぶん、今回が2回目の放送。
課題を提示してくれて、考えるように促し、時にはヒントを提案し……と、ここまではやってくれるものの、結論を詳しくは教えてくれない(笑)答えを教えてくれることもあるけど、どこまでも考えさせる作り。
例えば、風船と金属製のお盆とを少し高いところから同時に落としてみる。別々に落とせば、お盆が先に落ち、風船はゆっくり落ちてくる。さて、お盆に風船を乗せたまま落としたらどうなるでしょうか?(実験の係りは、蒼井優さん)
ここでは、3択で答えを考えさせてましたが、正解を教えてくれるときに、解説は途中で切られてしまい、「ここから先は自分で考えよう!」と言われてしまいます。
すばらしい!こういう番組こそ必要だ!

一目見ればわかりますが、私の好きな佐藤雅彦さん率いるユーフラテスの手によるものですね。『ピタゴラスイッチ』や『0655』『2355』を作っているスタッフが作ってます。

話は変わるようで変わらない。
先日のある夜、ダンナさんと車で出かけようと、マンションの駐車場まで来ると、駐車場の出口の真ん中にデンとゴルフバッグが置かれている。そこから数メートルのところには、別のゴルフバッグを持った男性が立っていたので、その人に「車を出します」とダンナさんが告げた。
その人は、何を言われたのか理解できなかったのか、無言で微動だにしない。「俺は関係ない」とばかりに動く気配がないので、私がゴルフバッグとその人を交互に見て無言の抗議をしたところ(暗かったから「なんかこっち見てる」くらいしか伝わらなかっただろうけど)、ようやく「しょうがねぇなぁ」とばかりに面倒そうに無言でどかしてくれた。立っていた人の連れが、ゴルフバッグだけを置いて、車をどこかに駐車しに行った様子。私たちが駐車場に着いたとき、車の中の人と立っている人が言葉を交わしていたのが見えた。見たことのない人だったけど、春だし、新しく近所に越してきた人だろうか。それとも、近所の住人の友人か。どちらにしろ、このマンションの住人ではなさそう。ちなみに、二つのゴルフバッグはお揃い(笑)
暗かったのでよくわからないけど、面倒そうにゴルフバッグをどかしてくれた人は、20代後半くらいに見えた。
いい大人なんだから、車が駐車場から出るのに邪魔になるのはわかるよね?

まず、そんなところにゴルフバッグをポツンと置いておくのもナゾなのだけど。
置くならもっと端っこにどうぞ。百歩譲って置く場所はどうでもいいとしても、立っていた人は、連れの人のゴルフバッグのそばにいるべきなのでは?両者が微妙に離れていたのは、最初にゴルフバッグを置いた位置が悪かったのか。どうも立っていた人にしてみると、自分の関知することではないというスタンス。でも、一緒に車に乗ってゴルフに行ってきたであろう友人のゴルフバッグなんだよね?
あの無関心さ、考えのなさ、面倒くさがりよう。どうにもわからない。

「車を出します」というのはこちらがこれからとる行動の宣言であって、確かに「ゴルフバッグをどかしてください」という意味とはかけ離れていたかもしれない。わざと、その部分を省略して言っているわけだから。
そのふたつが簡単に結びつかないことは無理もないことなのか。
でも、わざわざ「車を出します」と言ってきたからには、「何が言いたいのだろう?何かあるのだよね?」と考えるはずと期待するのが甘いのか。それとも、わかっていても行動しないだけなのか。
確かに、こちらが最初から「車を出しますから、そのゴルフバッグをどかしていただけませんか」と言えばすぐに通じた(行動してくれた)のかもしれないけど。住人でもないのに邪魔なところにゴルフバッグが置いてある時点で最初から感じが悪かったので、うちのダンナさんもこちらから丁寧にお願いするような気分ではなかったのだと思う。
あまり行動してくれないようなら、はっきりそう言おうと思っていたのだけど。

ほんのちょっとしたことなのだけど、「考える」とか「思いやる」とか、怠っている人を見かける場面が多いような気がして。
自分だって、気づかない部分はたくさんあるのだと思うけど、もし逆の立場だったら、指摘されたら「すみません。今どかします」と謝罪してすぐに動いたと思う。面倒とも感じないし、自分が気分を害することでもない。邪魔してしまって申し訳なかったなと思うくらいだろう。
ただ自己中心的というのとはちょっと違って、「考えが及ばない」もしくは「わかっていてもやりたくない」と受け取れる場面が多い気がして、どうにも割り切れない。
自分の正当性ばかりを主張したり、批判されても反省しないで逆ギレしたり。相手の立場に立って考えることをしないというか、それさえ面倒というか。
そういうことを感じる場面が増えているのは、気のせいだけではないと思うのだけど。
どうしてなのかなぁ。

さて、あまり気分のよい話ではなかったので、お口直し。(口じゃなくて目か……)
先日、出かけた帰りに最寄駅からバスに乗っていたときの話。
夕方でけっこう混んでいたので、バーにつかまり立っていた私。
すると、後ろ脇の席に座っていたご婦人が「すみません」と声をかけてきた。
「○○(お店)に行きたいんですけど、どの停留所で降りればいいですか?」と。
その店がある場所はわかるけど、そんなに頻繁に乗るバスでもないので、最寄りの停留所がどこにあって何というのかまではわからない。
「んー、お店がどこにあるのはわかるけど、どの停留所で降りればいいかまでは……すみません、お役に立てなくて」と答えるのが精一杯。
そんなやりとりをしているうちに、その店はもうすぐ。次の停留所が近づいてきたので、
「ここで降りればいいわね。駅から歩けばよかったんだけど、荷物が重くて(笑)」とご婦人。
「(ちょうどよく停留所があって)よかったですね(笑)」と私。

出かける度に、どういうわけか人から話しかけられることが多いのだけど、まただ。
でも、ご婦人とのやりとりがお互いにっこりしつつなんだか微笑ましいものだったので、気持ちが和んだ。
ほかにもこのバスの中では、偶然帰り道がいっしょになったご近所さん同士がお互いの身体を気遣うような会話をしていたり、それを何気なく聞いていたであろう他のご婦人が自分の隣の席が空いた時に立っていたその方に座るように勧めていたり、親から少し離れて空いた席に飛び込んできた小さなお子さんに後ろの席のおばさまが話しかけていたり、となぜか和やかな空気に包まれていたのだった。
もう二度と出会わないような人たちかもしれないけど、見知らぬ人同士が和やかに会話できるのって、実はすごいことなのかもしれない。

余談だけど、『カラスの教科書』(松原 始 著)という本を図書館に予約中。カラスって賢いものね。ワクワクしながら待ってます。
うちの近所には、犬の真似をして「ワンワン!」っていう奴がいます(笑)
posted by nbm at 11:51| Comment(11) | TrackBack(0) | 気になったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

手続き

父が亡くなったことで発生した様々な手続きを、日々行ってます。
素人がやるにはわかりにくいことも多く、お金があれば弁護士などの法律家にお任せするのが得策なのでしょうが、そうもいかないので仕方なくやってます。
私のような破目に陥る方のために、参考になればと思い、少しまとめておきましょう。
個々人によって、当然様々状況が違ってくると思いますし、私は専門家ではありませんから断片的なことしかわからず、ほんの参考程度にしかならないでしょうが。
必ず、実際手続きをする相手に詳しい確認を取ってくださいね。
うちの場合は遺言もなく、また遺産分割協議などという面倒なこともしませんでしたから、その分シンプルに済んだと言えるかもしれません。また、高齢者が亡くなった前提での手続きですから、そうでない場合とは異なる部分が多々あるかもしれません。父は、世帯主だったので、そうでない場合は必要ないことがあるかもしれません。自治体によって対応が異なる場合もあるでしょう。
あくまでも、素人の体験談として載せておきます。法律の専門家の方から見て、もしも間違い等がありましたら、ご指摘をお願いします。

まず、手続きすべきことを大まかに挙げますと
1.年金関係
2.銀行関係
3.保険関係
4.市町村
5.公共料金など
6.介護保険
7.後期高齢者医療保険
8.不動産関係
9.税金関係
こんなところでしょうか。
他にも、例えば株や債券などの財産とか、ケースバイケースであると思います。
財産目録的なものを、普段から用意しておくことはとても大事です。

私はまず、手続きすべき相手と項目を挙げて、表にして整理しました。
手続きに必要な書類も同時に整理しておきました。
でないと、どんな書類が何通必要なのかわかりませんからね。

それぞれの手続きの前に、必要書類をまとめて準備せねばなりません。
戸籍などの書類の賞味期限は、3ヶ月。使う時期を考えて入手しましょう。
まずは、戸籍から。
銀行等金融機関では、必ずといっていいほど故人の「出生から死亡までの戸籍」を要求されます。戸籍にはいくつか種類がありますが、大抵の場合は「出生から死亡までの戸籍」か「死亡の事実と、故人と相続人との関係がわかる戸籍」を要求されます。
前者は、途中で戸籍地を移せばいくつかの自治体にまたがることになるかも。それぞれの自治体に請求せねばならないでしょう。俗にこれが「原戸籍(はらこせき)」と呼ばれることもあるようですが、厳密には改製原戸籍は「出生から死亡までの戸籍」に含まれるものですからね。どういう戸籍が必要なのか提出先によく確認した方がよいです。「出生から死亡までの戸籍」は、3〜4通になることが多いそうですが、父の場合は6通ありました。揃えると手数料が3,000円近くかかります。
後者は、いわゆる戸籍謄本(全部事項証明書)に死亡の事実が記載されていれば、それで。タイミングなどによっては、死亡の事実が記載されていない場合もあるようです。謄本には世帯全員が載ってますから、相続人との関係を確認することもできます。
うちの場合は、戸籍地が遠隔地なので、戸籍地の役所に電話などで内容を確認しながら、郵送で戸籍を請求しました。市のホームページから請求書をダウンロードし、自分の身分証明のために運転免許証のコピーを添付して郵送。「出生から死亡までの戸籍」が何通にわたるか不明だったため、先に請求だけして、確定した通数と料金と返送にかかる切手代を電話で教えていただき、あらためて切手を貼った返信用封筒と料金分の普通為替を送り、戸籍を送ってもらいました。通常、郵便局で定額小為替を買って送るのですが、3,000円以上だと料金が自由に設定できる普通為替の方が手数料が安く済むようです。普通為替には宛名を書く欄がありますが、その戸籍地では、何も記入せずに無記名で送ってくださいとのことでした。為替は普通郵便で送れますが、無記名だと第三者が簡単に現金化できてしまうので、中身がわからないように郵送しないといけません。心配なら、何らかの記録がつく郵便で送るべきかもしれません。
金融機関などでは大概、手続きの際に戸籍など必要書類の原本を持っていくと、その場でコピーを取って原本を返してくれます。前もって原本を返却してくれるかどうか確認しておくと、無駄に戸籍などを多く取らずに済みます。

金融機関など金銭的な相続が発生するものの相続に関しては、故人の「出生から死亡までの戸籍」と「相続人全員の印鑑証明書」を請求されることが多いです。
各金融機関所定の相続に関する書類には、相続人全員の自署署名と実印押印が必要です。相続人同士が遠隔地に住んでいると面倒そうですね。うちでは、なるべくまとめて署名・押印してもらいましたが、それでも数回集まるようでした。相続人の範囲は、故人の配偶者と子、存命なら親も必要なのでしょう。故人の兄弟までは要求されませんでしたが、場合によっては必要なのかもしれません。その中で、代表相続人を決めておく必要があります。
他に、「相続人全員の戸籍謄本」も要求されますが、戸籍地が現住所と異なる場合に「住民票」を請求してきたところもありました。
結果、相続人それぞれの印鑑証明書・戸籍謄本・住民票を用意しました。
自治体によって対応はバラバラですが、限定的に土曜に窓口が開いていたり、事前予約して土日に受け取ることができたり、事前登録さえしておけば休みにかかわらず機械で自動発行(戸籍は無理)してくれたりするようですから、必要書類を揃えるために、平日役所に行けない場合は確認しておくとよいです。
ちなみに、これらの書類は、配偶者など同居家族なら代理で窓口に行っても、委任状なしで発行してくれます。母の分の住民票を取る際、私は別居家族なので、委任状が必要でした。
他に、年金で遺族年金をもらうための手続きに、母の課税証明書が必要でした。
これも同居親族なら大丈夫なのですが、別居している私が母の課税証明書を取るには委任状が必要でした。

余談ですが、自分の戸籍などを取りに市役所に行き、戸籍地の住所を覚えていなかったのですが、運転免許証を見ればわかるだろうと思い込んでいて、窓口で申請する段になって運転免許証を見たら、戸籍欄は空欄……今は載ってないんですね。そんなことにも気づいてなかった。適当に申請したら番地が間違ってた(笑)でも、住民票を一緒に取ったから、事なきを得ました。

では、順番に。
1.年金関係
これは、故人がどんな年金をもらっていたかによりますが、うちの場合は国民年金と共済年金があったので、それぞれに手続きが必要でした。この他に、企業年金連合会(年金基金)とかも考えられますよね。
共済年金は死亡届と遺族年金の請求、国民年金は死亡届けと未支給分年金の請求を手続き。
状況により、届け出る項目やいただける年金の種類が違いますし、一時金をもらえる場合などもあるので、よく確認しましょう。
共済年金にはまず電話連絡し、必要書類が送られてきて、それらに記入し、添付する戸籍謄本や課税証明書、遺族年金を受け取ることになる母の年金の履歴がわかる書類のコピー、父母両人の基礎年金番号がわかる書類のコピー、死亡診断書のコピー、母の通帳のコピーとともに郵送。遺族年金が支払われるまでには、数ヵ月かかるようです。
国民年金は、年金事務所に電話連絡。このとき、年金事務所は相当混雑しているようですが、年金相談センターに連絡してみたところ、こちらは空いてました。郵送は不可で窓口対応ですが、予約できます。戸籍謄本と世帯の住民票、母の口座の通帳と認印。母の手続きを代行しているわけで、本人でないので委任状が必要でした。そして、私自身の身分証明書。
タイミング的に、未支給分の請求をする前に既に入金済み。事後に請求する形になってしまいましたが、請求の手続きをしないと返金しなければならないそうで。
どちらの年金も年金証書があるはずなのですが、見つけることができず。でも大丈夫。その旨を書類に書いて署名するだけでOKです。

2.銀行関係
まず、どこにどれだけの預金があるのかを把握するのが大変。
残される家族のためには、極力シンプルに少ない銀行にまとめておいていただきたいものです。
うちは、認知症だった父に後見人をつけるべく準備中で、それもお金がないので自力で財産目録を作ってました。そうしておいたからまだわかったものの、それがなかったらどうなっていたことか。
あまりオススメできませんが、裏ワザとしては、死亡の事実を銀行に伝える前に、ATMなどで故人の口座からお金をおろしてしまうというテも。もちろん、大金で後々相続でもめそうならダメです。相続人である家族の総意があればこそ、しかも少額だからできること。あとは放置。何もいじらなければ10年で休眠口座となり、残額は銀行のもの、そしてしまいには国のものになります。煩雑な相続の手続きを回避するための最終手段です。
上にも書いたように、故人の「出生から死亡までの戸籍」と「相続人全員の印鑑証明書」、相続人全員の署名・実印押印した銀行所定の相続を依頼する書類、「相続人全員の戸籍謄本」(場合によっては住民票も)などが必要になります。
しかも、金融機関によっては、窓口に行っても1度で済まない場合あり。最初に故人の「出生から死亡までの戸籍」だけ提出し、それが銀行内の相続センターで精査されて始めて次のステップに進めるというところも。
普通預金だけでなく、他の金融商品なども故人名義のものは銀行ごとに一括で相続処理されます。それぞれに解約に必要な証書などもあるでしょう。
うちの場合は、損害保険や出資金、外貨建て預金、債券などがありました。
預金から公共料金など口座から引き落としになっているものや入金予定のものがあれば、先にそちらの手続きをする必要があるかも。
故人の口座に残高がある場合、それを誰のどこの口座に移すのか決めておかないといけません。
金融機関は、直接窓口に行かないと、手続きができません。ひとつの金融機関に何度も足を運ぶことになったりします。平日でしかも窓口の開いている時間も限られていますから、手続きするためにはお仕事を休む必要があるかも。窓口に手続きに行く場合は、事前連絡してから行くのが吉。

3.保険関係
故人が生命保険の被保険者だった場合は、保険金を得るための請求が必要ですよね。うちはありませんでしたが。
ただ、故人が受取人になっている母の生命保険がありまして。契約者(支払者)と受取人が故人だったので、それを変更する手続きを。やはり、故人の戸籍や相続人の戸籍・印鑑証明書などが必要です。
損害保険なども故人名義なら名義変更が必要ですね。
まずは保険の証書を探し、保険会社に連絡するところから。

4.市町村
これは細かくて煩雑です。
主に、市税・介護保険・後期高齢者医療保険の3つ。
まず、市県民税から。
父が所得税や市県民税を支払っていたので、世帯として課税世帯なのかと思い込んでいましたが、住民税に関してはあくまでも個人にかかるものなので、母自身が非課税であることにずっと気づきませんでした。課税証明書を取ってみて初めて気づいた次第。この「住民税が非課税である」ということは、様々に威力を発揮するので、とても大事です。限度額適用・標準負担額減額認定証というのを自治体に申請し発行してもらうと、それを医療機関の窓口に提示することで、医療費の自己負担分の限度額が引き下げられ、減額できます。自分から申請しないともらえない認定証ですが、年金受給者なら余程たくさん年金をもらってない限り、対象になるのではないかと。ただし、毎年8月に自分で更新しなければいけません。
例えば、高額療養費のうちひと月の自己負担分限度額が44,400円(一般)から24,600円になります。月に2万円もお得。
市県民税は、前年度の収入にかかる税なわけなので、故人が亡くなった後も税金が発生する可能性があります。それは、相続人に支払い義務が生じるので、うちの場合は父の税は母が支払うことに。うちは父の年金から天引きされていたのですが、天引きできなくなるので母の元に納付書が届くらしい。タイミング的に、亡くなってから一度年金が入金していて、そのときに天引きされているのだけど、その分も納付書でもう一度支払い、後日天引き分が還付されるというわけのわからないことになってます。
それから、固定資産税。
まず、世帯主の変更とか、相続人代表者の設定とか、市に提出するものがあります。
銀行引き落としなら口座の変更もしないとね。
介護保険・後期高齢者医療保険に関しては、市町村の役所で行うことですが、別に書きます。

5.公共料金など
電気・ガス・水道・電話などの契約の名義を変更し、自動振替だった場合は、金融機関の変更の届けを出します。
金融機関で一括で変更もできるようですが、私はそれぞれに変更届を送ってもらい、返送しました。
どこも手続きには2〜3ヶ月かかるとのことで、その間は払込用紙を送ってもらって現金支払いします。
名義変更に限っては、どこも電話だけでしてくれました。
ただし、電話加入権は曲者。これにはやはり戸籍謄本が必要です。うちは休止番号もあったため、所定の手続きをする書類とは別に、休止番号の詳細を教えてもらう通知を送ってもらいました。休止番号についてわからないと、手続きができなかったので。そして、承継手続きをしました。
ちなみに、NHKは、両親が入院してから解約手続きをしました。
新聞や牛乳など、配達してもらっていたものも、入院直後に止めました。新聞は、A社を断って安心していたら、次の月にY社の新聞が入ってて……注意が必要ですね。
細かいことですが、置き薬も2社入ってました(笑)それぞれに解約。
通販など、定期便で届く契約にしていたものは、見つけ次第解約してます。

6.介護保険 & 7.後期高齢者医療保険
介護保険と後期高齢者医療保険は大体似てます。
まず、後期高齢者医療保険からは、葬祭費(5万円)が出るので、請求します。うちの場合は、市から勝手に申請用紙が送られて来ました。会葬礼状や葬儀代の領収書のコピーが必要です。
後期高齢者医療保険では、高額医療費の戻りが発生する場合があるので、そのための振込先を指定する書類を提出します。
介護保険と後期高齢者医療保険は、死亡により減額することがあり、すでに年金から天引きされていれば、その分の還付通知が数ヵ月後に来ます。役所に現金を受け取りに行くか、振込先を指定します。
故人の介護保険被保険者証と後期高齢者医療被保険者証は、自治体に返却します。

8.不動産関係
これは、うちは保留状態です。
賃貸なら解約や契約の変更が必要になるのでしょうね。
遺品整理なども大きな問題ですが、また後日書きたいと思います。
故人名義の家・土地は、相続登記することになるのでしょう。

9.税金関係
父は、毎年確定申告をし、所得税の還付を受けてました。
死亡すると、本来は、準確定申告という手続きが必要になります。
父の場合は、今年の1月に亡くなったので、昨年の分と今年ひと月分の準確定申告が必要なはずなのですが、試算してみたところ、還付は大した額にならず、毎年お願いしていた税理士さんに報酬を支払うとマイナスになる程度だったので、やめました。試算したぐらいですから、自力でやることも不可能じゃありませんが、極力やることを減らしたいのでやりません。
還付でなく課税される方は、準確定申告が必ず必要になると思います。死亡から4ヶ月以内にしなければなりません。通常の確定申告と同様の書類に加え、相続人全員の署名・押印が必要な付表を提出することになると思います。
相続税ですが、貧乏人には関係ありません。基礎控除が、5千万円+(1千万円×法定相続人の数)ありますから、例えば、うちの場合は法定相続人が4人いるので、9千万円分の控除があります。これを超える相続財産があって初めて相続税が発生します。
ちなみに、葬儀でいただく香典は、非課税です。
また、生前のことを考えると、贈与税というのがありますが、年間に一人110万円までは贈与税がかかりません。故人から、年間にもらった額が110万円以下なら贈与税は発生しないということ。ただし、年間110万円といっても、これが何年も続いていたら話は別ですので要注意。

今までのところ、私がやってきたのはこんなところです。
父が亡くなり、葬儀が終わってから、いろいろと手続きしてきました。まず、電話をかけまくり、書類を送ってもらいまくり、返送しまくり、家族を集めて署名押印させ、窓口に直接手続きに行き、とやってきましたが、2ヶ月程経っても毎日のように書類と格闘し、まだまだやることがたくさんあります。
母が入院中なので、退院後に生活する住居の選定や、実家の処分についてなど、考えなければならないことが山積みですが、今はまだ後回し。
それでも、ダンナさんが協力し励ましてくれて、多少は兄弟や兄嫁たちが手伝ってくれるので、なんとかできていますが、一人で何もかもをやらなければならないとなったらとても大変です。
そうした方がいるなら、すこしでも参考にしていただければと、この記事を書いた次第です。
何度も言いますが、私はただの素人なので、記事の内容はあくまでも参考になさる程度で、実際は、各所によく確認の上行動なさってください。

まずは、必要なところに電話をかけ、聞いてみることから始まります。
同じような境遇の方がこの記事を読んでくださっているなら、地道にやっていけばいつか終わるので、いっしょにがんばりましょう!

<追記>(平成25年4月3日)
相続税について、補足しておきます。
相続税は、2015年に改正が予定されています。
現行の基礎控除「5千万円+(1千万円×法定相続人の数)」というのが
       「3千万円+(6百万円×法定相続人の数)」となりそうです。
うちの場合、相続人4人で9千万円あった基礎控除額ですが、5千4百万円まで減ることになります。
基礎控除額を超える部分に課税されてくるので、これは大きな問題ですね。

また、生命保険の死亡保険金には相続税や贈与税、もしくは所得税がかかります。
それぞれ基礎控除がありますが、こちらも相続税に関しては少なくなりそうです。

こんな風に、税法改正で状況が変わってきますので、ご注意ください。
posted by nbm at 15:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

2013年3月10日からの地震メモ

2013年3月10日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2013年3月10日8時45分頃 栃木県北部 M2.6 深さ約10km 最大震度2
2013年3月10日10時1分頃 栃木県北部 M3.3 深さ約10km 最大震度1
2013年3月10日14時11分頃 茨城県北部 M3.1 ごく浅い 最大震度2
2013年3月11日11時33分頃 栃木県北部 M2.3 深さ約10km 最大震度2
2013年3月11日17時10分頃 千葉県東方沖 M4.4 深さ約10km 最大震度2
2013年3月12日2時30分頃 茨城県北部 M3.5 深さ約10km 最大震度2
2013年3月12日20時44分頃 茨城県南部 M2.9 深さ約50km 最大震度1
2013年3月13日10時0分頃 新島・神津島近海M2.9 深さ約10km 最大震度1
2013年3月13日21時50分頃 茨城県南部 M3.4 深さ約50km 最大震度2
2013年3月14日3時18分頃 栃木県北部 M2.2 深さ約10km 最大震度1
2013年3月14日5時2分頃 千葉県北西部 M4.6 深さ約80km 最大震度2 (当地 震度1)
2013年3月14日6時40分頃 千葉県北東部 M2.4 深さ約40km 最大震度1
2013年3月16日1時48分頃 鳥島近海 M5.2 深さ約410km 最大震度1
2013年3月17日2時24分頃 茨城県沖 M4.8 深さ約10km 最大震度2
2013年3月17日6時58分頃 茨城県沖 M3.6 深さ約90km 最大震度1
2013年3月18日6時53分頃 茨城県北部 M4.5 深さ約60km 最大震度4 (当地 震度1)
2013年3月18日10時26分頃 茨城県沖 M3.3 深さ約50km 最大震度1
2013年3月19日23時21分頃 茨城県北部 M2.5 深さ約10km 最大震度1

少なめです。時折、国内の有感地震が何時間もない状態が続いたりしてます。


この間のM5以上または震度4以上の地震は以下のとおり。
2013年3月10日 5時11分頃 釧路沖   M5.1 深さ約50km  最大震度3
2013年3月13日 6時32分頃 岩手県沖  M5.0 深さ約50km  最大震度3
2013年3月16日 1時48分頃 鳥島近海  M5.2 深さ約410km 最大震度1
2013年3月18日 6時53分頃 茨城県北部 M4.5 深さ約60km  最大震度4 (当地 震度1)


昨日ニュースで知りましたが、河口湖の水位が下がっているとのこと。原因は不明。
1〜2m下がっているらしいのだけれど、本来湖面にあるはずの六角堂という建物まで地続きになり、歩いていけるようになっているらしい。
このニュースの中で、東京大学の笠原順三名誉教授が見解を述べているのだけれど、「富士山直下の地震が増えているわけではないので、すぐに噴火する心配はない」としながらも、「現在、富士山の北北西の方で、微動や傾斜変動があるんですが」とも言っていて、水位低下と地震活動との関係性の結論は「関係があるともないとも言えない」と。
えっ、微動や傾斜変動があるんですね。河口湖の水位よりも、そっちが気になるじゃないですか。ちょっと前に騒がれていた箱根の微振動はどうなったのか。あの辺りで何かが起きている状態は継続しているように思えます。

寒かった2月から、3月に入ったら急に暖かくなり、3月中に25度を超える日が2日(東京)というのは観測史上初のことだそうですね。花々も、どう咲いてよいのやら悩むのか、例年と比べると随分早い開花をしているのを見かけます。
一方では、強い風。春は風の強い季節ではありますが、今年の吹き方は異常。風が吹くというのは、気圧の極端な変化があるということでもあるわけで、なんとも落ち着きません。
posted by nbm at 10:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

2013年2月23日からの地震メモ

2013年2月23日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に、近県震源の有感地震は以下のとおり。
2013年2月23日23時40分頃 千葉県東方沖  M2.9 深さ約20km 最大震度1
2013年2月24日11時36分頃 神奈川県東部  M3.3 深さ約30km 最大震度2
2013年2月24日13時38分頃 千葉県東方沖  M3.9 深さ約10km 最大震度2
2013年2月24日14時46分頃 千葉県東方沖  M3.4 深さ約20km 最大震度1
2013年2月24日20時51分頃 千葉県東方沖  M3.4 深さ約40km 最大震度1
2013年2月25日12時45分頃 千葉県東方沖  M4.4 深さ約40km 最大震度1
2013年2月25日16時23分頃 栃木県北部  M6.2 深さ約10km 最大震度5強 (当地 震度1)
2013年2月25日16時34分頃 栃木県北部  M4.7 ごく浅い  最大震度4
2013年2月25日22時0分頃  栃木県北部  M3.4 深さ約10km 最大震度4
→栃木県北部の群発地震についての詳細は下記のとおり
2013年2月27日6時31分頃  千葉県北東部  M2.6 深さ約30km 最大震度1
2013年2月28日1時18分頃  茨城県沖  M4.1 深さ約10km 最大震度1
2013年3月1日0時10分頃  茨城県北部  M3.1 深さ約10km 最大震度1
2013年3月1日8時53分頃  茨城県南部  M3.4 深さ約50km 最大震度2
2013年3月1日14時20分頃  茨城県沖  M3.8 深さ約50km 最大震度2
2013年3月2日1時35分頃  房総半島南方沖 M4.8 深さ約50km 最大震度3 (当地 震度1)
2013年3月3日9時48分頃  茨城県北部  M3.2 深さ約10km 最大震度1
2013年3月3日20時14分頃  茨城県沖  M4.3 深さ約30km 最大震度3
2013年3月3日20時24分頃  茨城県沖  M3.5 深さ約30km 最大震度2
2013年3月6日6時41分頃  茨城県沖  M3.7 深さ約40km 最大震度1
2013年3月6日7時15分頃  茨城県沖  M3.6 深さ約50km 最大震度1
2013年3月7日7時4分頃  茨城県沖  M4.2 深さ約20km 最大震度3
2013年3月8日7時19分頃  東京都23区  M3.5 深さ約40km 最大震度2 (当地 震度1)
2013年3月8日7時45分頃  茨城県南部  M3.0 深さ約70km 最大震度1
2013年3月8日19時53分頃  埼玉県南部  M3.9 深さ約50km 最大震度2 (当地 震度1)
2013年3月9日4時14分頃  伊豆大島近海  M2.3 深さ約10km 最大震度1
2013年3月9日4時35分頃  伊豆大島近海  M3.1 深さ約10km 最大震度2
2013年3月9日5時46分頃  千葉県北西部  M3.2 深さ約80km 最大震度1

栃木の群発地震が落ち着いた後から、関東が活発化している気がします。
気になる動きは2つ。
ひとつは、千葉県東方沖と茨城沖。ここにきて伊豆大島近海が揺れているのも気になります。関東包囲網みたいで。
もうひとつ。より気になるのは、関東の内陸です。
24日に神奈川県東部、25日を中心に栃木の群発があり、27日に千葉県北東部、3月に入り1日に茨城県北部・茨城県南部、8日に東京都23区と埼玉県南部、今日9には千葉県北西部。
千葉や茨城の内陸が揺れることは別に珍しいことでもないとは思うのですが、神奈川・東京・埼玉の内陸がこの2週間ほどの短い期間にそれぞれ揺れるというのはあまり見たことがないような。栃木の群発があって、影響を受けたと考えられなくもないですし。
ちなみに、前回の有感地震をみると、神奈川県東部が2012年10月12日から4ヶ月半、東京都23区が2012年7月12日から7ヶ月半。
埼玉県南部は、2012年8月13日に揺れてから、今年に入って約5ヶ月ぶりで1月に2回、2月に2回とここに来て急に頻繁に。2009年は年間2回、2010年なし、2011年に7回、2012年に11回揺れてます。なんか微妙に回数が増えてるのが不気味。
関東フラグメントで何かが起きているのでしょうか。
海洋型の地震ならば、陸地に届くまで数十秒ほど時間がかかることもあり緊急地震速報も助けになったりしますが、直下だとどうにもなりませんね。
ここ2、3日は、異常なほど温かいので、それも気になるポイントです。


栃木県北部の群発地震について、ここまでのまとめです。一部省略。
2013年2月23日 15時2分頃 栃木県北部 M2.9 ごく浅い 最大震度1
2013年2月25日 15時26分頃 栃木県北部 M4.1 深さ約10km 最大震度3
2013年2月25日 15時35分頃 栃木県北部 M2.5 ごく浅い 最大震度1
2013年2月25日 15時41分頃 栃木県北部 M2.3 深さ約10km 最大震度1
2013年2月25日 15時43分頃 栃木県北部 M2.8 深さ約10km 最大震度1
2013年2月25日 16時23分頃 栃木県北部 M6.2 深さ約10km 最大震度5強 (当地 震度1)
2013年2月25日 16時34分頃 栃木県北部 M4.7 ごく浅い 最大震度4
2013年2月25日 16時50分頃 栃木県北部 M2.8 深さ約10km 最大震度1
以降→最大震度3以下の余震(有感地震)25回
2013年2月25日 22時0分頃 栃木県北部 M3.4 深さ約10km 最大震度4
以降→最大震度3以下の余震(有感地震)20回
2013年3月3日 9時2分頃 栃木県北部 M3.2 深さ約10km 最大震度1

2月23日に前震のような地震がはじまり、25日の15時台に有感地震が4回。
それから1時間足らずで本震が発生。以降、余震が多く、有感だけでも3月3日までで49回。以降は落ち着いたようです。


この間の震度4以上またはM5以上の地震は以下のとおり。
2013年2月25日 16時23分頃 栃木県北部 M6.2 深さ約10km 最大震度5強 (当地 震度1)
2013年2月25日 16時34分頃 栃木県北部 M4.7 ごく浅い 最大震度4
2013年2月25日 22時0分頃 栃木県北部 M3.4 深さ約10km 最大震度4
2013年3月6日 5時32分頃 沖縄本島近海 M5.0 深さ約50km 最大震度4


3月11日が近づき、報道でも東日本大震災関連のことが取り沙汰されるようになっています。
もう一度、我が家の備えや地震のときの身の処し方、緊急時の家族との連絡方法などを確認しておくよい機会かもしれませんね。
posted by nbm at 11:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

自覚なしではあるけれど

今日は、午前中から出かけようと思っていたのですが、偏西風の影響でPM2.5と花粉と黄砂のトリプルパンチとのことで、やめました。マスクをしたり、うがい・手洗いをしたり、服や髪についたものはそっと払うなど、花粉と同様の対処をすればいいそうですが、PM2.5は粒子が細かい分バサバサと払うと舞い上がってしまうようですね。お出かけになる方は工夫なさってくださいね。
今日出かけるのをやめたとしても、明日以降はスッキリ綺麗な空気が保証されるわけではないので、あまり意味がないような気もしますが。気分的なものです。ここまでダラダラやってきたものを1日遅れたくらいでどうということもないとの開き直りでもあります。
体調が芳しくないのに、無理して出かけるほどでもないかなという程度で。
例えば、口内炎ができたり、爪が割れまくっていたり、まぶたのピクピク痙攣が止まらなかったり、動悸がしたり。些細なことばかりではありますが、体が弱っている状態なのは明白です。そういうときに、敢えて悪い環境に出て行くこともなかろう、と。

さて、自分のことを優先させると決めて、いろいろとやり始めてます。
そのうちのひとつ、睡眠時無呼吸症候群専門のクリニックに行ってみました。
何年も前から、寝ている間に呼吸が何度も止まっていることは、ダンナさんから心配されていまして。

当然、肥満が大きな原因であるわけです。
30歳を過ぎてから、徐々に太りだした体は、最終的に標準体重から20kgほどオーバーすることになりました。
ダンナさんが体調を崩したことをきっかけにして、食事を見直し、運動もするようにして、そこから半年でダンナさんは25kg、私は12kg減量に成功したのですが、私がそれをキープできていたのは2年ほど。運動をサボりがちになったのと、間食を再開してやめられなかったことが原因です。
食事を改良してからもう7年半になります。カロリーはもちろん、炭水化物・タンパク質・脂質のバランスを考え、野菜は最低1日300g摂取、塩分・糖分も控えるようにして3食作ってます。これはもう習慣化しているので、さほど苦になりません。問題は運動しないことと間食を摂ってしまうこと。
とりあえず、一番実行するのが簡単な間食をやめることからやってみました。それと、夕食の炭水化物を抜く。それだけで摂取カロリーは減りますから、体重はみるみる落ちます。だらけていたときは、1日の摂取カロリーは1600kcal〜1800kcalほどでしたが、今は1300kcalほどです。私の計算上の基礎代謝は1400kcalほどなので、運動しなくてもカロリーはマイナスになってます。
ただし、これだけだと、食べれば増えてしまうので、運動は必要です。筋肉量を増やしていかないと。それに、極端に血行が悪い私は、体調を考えても動いた方がいいはずなのです。

睡眠時無呼吸症候群ですが、1泊して睡眠時の状態を見てもらう検査をします。これについてはまだこれからなので、またレポートしたいと思いますが。
自分では寝ている間のことなので、自覚がありません。日中眠かったり、朝起きた時に頭痛がしていたり、口の中が乾いていたり、鼻の奥が軽く痛かったりすることは日常的にあります。午後2時くらいからの眠気がひどく、人間の睡眠リズムからして当然のことではあるのですが、程度がひどいのと、くらくらするようなめまいを伴うのが気になってました。
そういったことが、この数ヶ月の間の疲れが相まって悪化している感覚です。特にこの1週間ほどは、夜中に何度も目覚めたりしてました。たぶん、呼吸が止まって再開するときに目覚めてたのだと思います。本人はまったく苦しくないのですが、傍から見ていると、ものすごく苦しそうに見えるらしいです。これまでは、呼吸が止まっても起きる気配はなかったようなのですけどね。

まず、睡眠時無呼吸症候群専門のクリニックの医師に言われたのは、甲状腺が大きいということ。「腫れているの?」と聞かれましたが、まったく自覚がありません。そういえば、20代の頃だったか、何かで診察してもらった医師に、「もともと甲状腺が大きいから気をつけた方がいい」と言われたのを思い出しました。気をつけるったって、どうすりゃいいのかまったくわかりませんが。今回、「目も大きいし」って言われましたが、それは元からなんですけどね。甲状腺の機能が亢進すると目が飛び出てくるという症状があるのは知ってますが、昔から友達に「目が落ちそう」と言われたりしてきたので、今に始まった話でもないし、過去に甲状腺のホルモンを検査しても異常はありませんでしたし、それらしい症状も心当たりがありません。ほうっておいてよいことでもないので、順番に診てもらうことにして、甲状腺はまた後日検査してきたいと思います。
それと、顎が小さいらしい。特に下顎が小さくて後ろに下がっているような感じらしく、そういう形状の人は、気道がふさがりやすい傾向にあるとか。顔自体は小さいとは思わないのですが、頭全体が小さい自覚はあります。帽子は子供用サイズでいいので。歯並びが悪いことも、顎の小ささが関係しているのかもしれません。
痩せているときには、いびきや無呼吸の症状はなかったわけで、大きな原因は肥満に他ならないのですが、元々自分がもっている身体的特徴に、無呼吸を起こしやすいものがあったようです。

睡眠時間は、午前2時〜8時の6時間というのが常。就寝時間が遅すぎるのはわかっているのですが、生活スタイル上、これを前倒しにするのは至難のワザ。せめて午前1時くらいには寝たいものですが。
で、睡眠時無呼吸症候群の検査では、クリニックのベッドでいろんなセンサーを体に貼り付けて寝なければならず、しかも午後9時頃には寝ろっていうんです。
無理な気がする……いよいよだめなら睡眠導入剤をくれるというのですが、自然な睡眠の方がちゃんとデータが取れるとのことで、検査前の飲酒が厳禁とされていたりするので、薬は飲みたくないですね。その日は、疲れるようなことをやるとか?ちなみに、検査の日の昼寝は禁止されてます。
医師や技師が付いての検査ですけど、夜通しってことなんでしょうか。大変ね。寝言で恥ずかしいことを言ったりしたらどうしよう(笑)
自分でも不思議ですが、眠気が強く出るのは、主に昼食後で、夜は元気なのです。リズムがそうなってしまっているからなのか、かなり遅くならないと眠くなりません。また、眠くなっても、入浴してしまうと元気になってしまい、寝られなくなります。これはたぶん、体温の上がり下がりが関係していると思われ。入浴で体温をいったん上げて、そこから下がっていくことで眠くなるわけなのですが、私の場合は、入浴でも体温が上がりきらず、ちゃんと下がってもいかないということなのだと思います。

父の四十九日も終わりましたが、母の病院での家族面談に行ったり、各種手続きが続いていたりで、ここしばらくは休む間がなかったので、空気が汚いのをいいことに、今日はじっくり身体を休める日にしてしまおうと思います。
posted by nbm at 10:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 身体のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

勝手に声優アワード2012

昨日の朝、見るともなしにテレビをつけていたら、テレフォン・ショッピングのCMが入りました。
紹介していた商品があまりにも意外なものだったので、思わず画面を二度見しました。
ラジコンのヘリコプターを売っていたのです。
画面の中では中年(熟年?)男性がラジコンヘリを操作してます。
するとまさかの「今お申し込みいただくと、もう1台プレゼント!」と……
しまいには「無料でこちらもおつけします」と、小型のラジコンヘリがもう1台。
つまり、申し込むと、ラジコンヘリが都合3台届くわけですよ。
意味不明……

さて、と。
いろんなことに流されているうちに、声優アワードが発表されてしまいました。
いつもなら、事前に「勝手に声優アワード」の記事をアップするのですが、うっかり……
ま、声優アワードが発表されたからといって、拙ブログの「勝手に声優アワード」は、私の独断と偏見で本家とは無関係に勝手に考えるものなので、影響はないのですが。

ということで、やってみたいと思います。新人賞は、デビューから5年以内、本家声優アワードやこの「勝手に声優アワード」で過去に受賞されている声優さんは、なるべく除外して考えてます。
敬称略。

<新人男優賞>

江口 拓也『機動戦士ガンダムAGE』(アセム・アスノ)
       『イクシオン サーガ DT』(火風紺)
       『妖狐×僕SS』(渡狸卍里)
逢坂 良太『つり球』(真田ユキ)
       『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』(姫小路秋人)
       『となりの怪物くん』(佐々原宗平)
江口拓也のスペックの高さには驚かされた。こんなにできる子だとは正直思ってなかった。シリアスからハイテンションまでこなせる声優さん。歌も上手だし、これからの活躍が楽しみです。2011年度、声優アワード新人賞を取ってますが、ここははずせませんでした。
逢坂良太は、ラブコメの主役にハマるタイプかもしれませんね。もう少し、いろんな役どころを観てみたいです。

<新人女優賞>
赤崎 千夏『キルミーベイベー』(折部やすな)
       『中二病でも恋がしたい!』(丹生谷森夏)
三森 すずこ『神様はじめました』(桃園奈々生)
       『探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕』(シャーロック・シェリンフォード)
       『てーきゅう』(新庄かなえ)
       『BTOOOM!』(ヒミコ)
       『ポヨポヨ観察日記』(佐藤萌)
       『ゆるゆり♪♪』(古谷向日葵)
赤崎千夏は、地味に評価が上がってきていると思ってます。声が抜群にいいし、演技もできる。これからも、伸び続けていきそうな勢いを感じます。
三森すずこは、個性的な声に恵まれてます。歌って踊れるし、活躍の場を広げそうな声優さん。いつもニコニコしててかわいいし。


<助演男優賞>
入野 自由『男子高校生の日常』(タダクニ)
       『つり球』(ハル)
       『謎の彼女X』(椿明)
杉田 智和『つり球』(アキラ・アガルカール・山田)
       『アルカナ・ファミリア』(パーチェ)
       『妖狐×僕SS』(青鬼院蜻蛉)
       『K』(宗像礼司)
       『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョセフ・ジョースター)
       『男子高校生の日常』(ヒデノリ)
入野自由は、タダクニがとにかくよかった。それが、今期の『キューティクル探偵因幡』につながっていると思います。等身大の男の子が上手。
杉田智和は、もう毎年活躍している声優さんですが、nbmとしては、ここらで賞をあげておきたいと思います。ヒデノリとジョジョが好きです。パーチェは杉田さんの声に聞こえなかった。『妖狐×僕SS』では生き生きしてました(笑)

<助演女優賞>
日笠 陽子『妖狐×僕SS』(雪小路野ばら)
       『カンピオーネ! 』(エリカ・ブランデッリ)
       『キングダム』(羌瘣)
       『CØDE:BREAKER』(桜小路桜)
       『これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド』(セラ)
       『はぐれ勇者の鬼畜美学』(鳳沢美兎)
       『ハイスクールD×D』(リアス・グレモリー)
伊藤 静  『アマガミSS+ plus』(森島はるか)
       『エリアの騎士』(美島奈々)
       『モーレツ宇宙海賊』(ミーサ・グランドウッド)
       『PSYCHO-PASS サイコパス』(六合塚弥生)
       『ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU』(桂ヒナギク)
       『ハイスクールD×D』(姫島朱乃)
       『ヨルムンガンド』(ココ・ヘクマティアル)
日笠陽子については、『はぐれ勇者の鬼畜美学』に驚きました。あんなかわいらしい声も出せるとは。やはり、野ばらのような役がハマッてますね。
伊藤静は、ちょっとねちっこい声が今まで好きになれなかったのですが、この年の作品はどれもよかった。やはり圧巻は、『ヨルムンガンド』のココ。

<主演男優賞>
細谷 佳正『坂道のアポロン』(川渕千太郎)
       『ROBOTICS;NOTES』(日高昴)
       『妖狐×僕SS』(反ノ塚連勝)
       『イクシオン サーガ DT』(ペット)
『坂道のアポロン』の千には参りました。あとは準主役級ですが、『妖狐×僕SS』の一反もめんはハマってたし、『イクシオン サーガ DT』では、途中まで鳴き声しか出さなかったペットが関西弁でしゃべりだしたときの衝撃ったらありませんでした。
今期はまた『ちはやふる』が放映中。新(あらた)のあの難しい福井弁が聴きどころです。

<主演女優賞>
戸松 遥  『あの夏で待ってる』(貴月イチカ)
       『ソードアート・オンライン(アスナ)
       『となりの怪物くん』(水谷雫)
       『貧乏神が!』(龍胆嵐丸)
       『マギ』(モルジアナ)
       『モーレツ宇宙海賊』(グリューエル・セレニティ)
       『夏色キセキ』(花木優香)
雫や嵐丸のような抑えた声の役も増えました。こういう声を張らない役は、演技がうまくないとできないのですよね。イチカやアスナのような正統派のヒロインも、グリューエルのようなかわいらしい声も、優香のような元気な女の子も、変幻自在。こんなに上手な声優さんだったかなと感心しております。特に、モルジアナはいいですね。とてもハマリ役だと思います。
すでに声優アワードで新人賞受賞済み、そして今回助演女優賞ということでしたが、私は主演女優賞を差し上げます。

ちなみに、本家声優アワードの受賞者は以下のとおり。
<新人男優賞> 島崎 信長・山本 和臣
<新人女優賞> 石原 夏織・大久保 瑠美
<助演男優賞> 小野 友樹・諏訪部 順一
<助演女優賞> 大原 さやか・戸松 遥
<主演男優賞> 梶 裕貴
<主演女優賞> 阿澄 佳奈
梶裕貴は、昨年2011年に勝手に<主演男優賞>をあげてしまってますし、本家でも新人賞を受賞済み。阿澄佳奈もやはり本家声優アワードですでに新人賞受賞経験があるので拙アワードでは除外して考えてました。阿澄佳奈は、個人的には2011年にあげたかったな。
石原夏織と小野友樹は私も候補に挙げてましたが、少し弱かった。諏訪部順一と大原さやかは常に数多く助演されていて大好きな声優さんたちなので、毎年賞をあげたいくらいです(笑)

今、気になっている声優さんは、ちょっと盛り返してきた内田彩。名前の似ている内田真礼も頑張ってますね。『貧乏神が!』の紅葉役でスペックの高さを知った内山夕実あたりもがんばっていただきたい。
男性声優さんでは、『琴浦さん』で注目している福島潤。そして、今年は諏訪部順一が年頭から飛ばしている感じだし、あと入野自由も上り調子の予感。
今年も、どんな作品でどなたが活躍されるか楽しみです。
posted by nbm at 11:59| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする