2013年09月29日

工夫してみた

相変わらず、ネタはたくさん溜まっていく一方なのだけれど、ちゃんとした文章を書くのはちょっと重荷だ。
なので、くだらないことを書いて肩慣らしをば。

先日の台風のときのこと。
うっかり外廊下にダンナさんの長傘を一晩置きっぱなしにしてしまったのだが、昼前にダンナさんがそれを見たときには無事で、「よかった」と思い、風もおさまってきたようだったので、そのまま置いておいたそうな。
しかし、昼過ぎ、ドアを再び開けると、そこには無残な姿に折れ曲がった傘が……
あの後突風が吹いた覚えもないのだが、なぜかめちゃくちゃに壊れた傘が厳然とそこに。
というわけで、新しく長傘を買ってきた。大きいのがいいというので、70cmと75cmの2本を買ってみた。
が、作り付けの傘立てに入れようとしたら、入らぬ。むぅ、失敗じゃ。
うちの狭い玄関のこと。小さめのものでも傘立てを置くのは邪魔だ。ならばここは、ドアに付けるマグネットタイプのものを購入するかと物色してみるのだけど、イマイチ気に入らず。
どうせ気に入らないのなら、100均グッズでなんとかしてみるかと思案。デカめのマグネットクリップ2つと、幅10cm強×奥行5cmくらいの薄くて小さいマグネットバスケットで代用してみた。いけた。しめて300円也。
マグネットバスケットは、文具コーナーのものよりもキッチンコーナーのものの方がちょっと見た目がマシ。色はクリップもすべて白で統一。本当は、柄が固定できるようにクリップでなく輪ゴムフックがよかったのだけど、使えるデザインのものが今は吸盤タイプしかなかったので断念。マグネットフックで太いものが掛けられるものがあればいいけど、ありそうでなかなか無い。
クリップの上部をフック代わりに使って傘の柄を引っ掛け、下をバスケットに差し込んで支えるようにしてみた。こうすればドアを開け閉めしても、傘がバタつかない。バスケットだけでは傘の重さを支えきれないから、重さを支えているのはクリップの方が主。
気に入るものが見つかるまでは、これでいいや。使わなくなっても、他に転用できるもので構成してるし。

100均一のものは、いろいろと使って見た結果、主に使うのは収納グッズと文具でもファイル関係のもの。文具にはこだわる方なので、ペンなどは質が悪いものが多く、あまり気に入らなかった。キッチン用品なども、使ってみると使い勝手がよくなくて使わなくなるものもある。最近のヒットは、スナックトング。これは便利。って、ダイエットとか言いながらスナック食ってるなよ!
今回、もうひとつ買ってきたものは、取っ手付きストッカー。
乾物類やレトルト食品などを食器棚の一部に入れているのだけど、ここが今ひとつ使いづらくて、一目見てわかるように改善したいと思っていたので。

もうひとつの話題は、珍しく美容について。
ここ数年、首にできた小さなイボで悩んでいた。直径は2mm程度だけど3mmくらい隆起しているようなのがポツポツと。生まれたときに耳からイヤリングのようにイボをぶら下げていたという私なので、イボができやすいのは体質的なものもある。が、近年に至るまで、髪に隠れている頭のホクロがイボ化したものを除けば、他にイボはなかった。この首イボが単なる老化によるものなのか、それともウイルスで自家感染しているものなのか、判断がつかない。時折痒みを感じることもあるし、いじると広がる気もするので、自家感染のような気もする。
もちろん、皮膚科に行けば早い話なのはわかっているのだが、それでも取りきれなかったり再発したりすることもあるようで、自力でなんとかならんかと。
まずはヨクイニンの効果はどうかと思い、ハトムギエキスの入った化粧水でパックなどしてみるが、変化なし。肌の角質化が原因ということなので、軽くジェルでピーリングとかしてみたら逆効果で広がってしまった。アプリコットカーネルオイルが効くという話を知り、髪に使っていた杏油を少々塗りこんでみるも変わらず。
試しにと、この杏油を大量にコットンに付けて、10分くらいパックすることを繰り返してみた。これが、効果的だったようで、だいぶ小さくなってくれた。毎日続けて数ヵ月。イボは半分くらいの大きさに縮小してる。今までのことを思えば、劇的なくらいの効果なので、これを続けてみようと思う。ちなみに、このオイルパックをするようになってから、痒みも出ない。次は、顔に挑戦してみようかと思っているくらいだ。目の下に小さな粒粒が出てきて、イボほど目立たないが、これも性質的には同じものなのではないかと考えている。
首イボの予防としては、すれないようにするのと、紫外線を浴びないようにすることらしい。角質化を防ぐ努力をせよという意味ね。今は、お風呂でもこすらず、首も洗顔フォームで優しく洗っている。
もしも真似をしようとする方がいらしたら、あくまでも自己責任でお願いします。原因や程度、体質などは個々に違いますし、髪用のオイルを肌に使うという荒療治(油は酸化するものですし)。効果がない、逆に悪くなったなどと言われても、当方に責任はありません。

今日は、ダンナさんがお出かけ中。
友人の娘さんが高校1年生なのだが、高校の初めての文化祭でバンド演奏を聴いて自分もギターがやりたくなったらしく、購入すべきギターについてなど相談を受けた。
とりあえず、取っ掛りを作ってあげようということで、ギターを教えに行っている。
巷には、初心者セットとして、安ギターとアンプなど一通りのものを揃えたお得なセットが売られているのだが、最低限「音は出ます」程度のものでしかない。
「楽しい」という思いがなければ続けられないだろうと考え、ギターはうちにあるものを貸すことにして、アンプだけは良いものを買ってもらうことにした。オススメしたのは、VOXのMINI5Rythm。うちでは、エフェクター内蔵のDA5を愛用しているのだけど、最新のMINI5Rythmにはその上にリズム機能もあり、単なるメトロノームだけでなく打ち込みドラムのリズムをバックに練習ができるというスグレモノ。
話が進む中で、中学生の妹さんも興味を示して自分も練習に参加したいと言い出し、娘2人分と友人の分を合わせて4本のギターを持って出かけて行った。アンプ2台とBEHRINGERのギターリンクも持って。後は、友人がMINI5Rythmを持参してくれるだろうから4台で音が出せる。場所は、友人の仕事場で倉庫街のような所なので問題ないでしょう。
うちから貸し出すギターには、チューナーをはじめ、シリコンスプレーやクロス、六角レンチなどギターの手入れに必要なものを揃えた至れり尽せりの付属品プレゼント付き。「初心者セット」よりも余程良心的。貸し出すギターは、キャンディレッドのマッチヘッドのストラト。安ギターの改造もので色々ぶっこんであるけど、弦高調整など細かいセッティング済み。
うちのダンナさんは、このギターのセッティングが大好きらしい。車のエンジンのセッティングに感覚的に近いものがあるのだとか。面倒だけど楽しい、と。
そんなこんなで、いそいそと出かけて行きました。

私は今回はお付き合いしなかったので、自宅でのんびりさせてもらってます。
天気もいいし、空気も爽やか。いい日曜日だね。
posted by nbm at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

30年来

昨日は、高校時代の友人たちと6人でランチをしてきました。
元々、8人で仲良しだったのですが、うち1人は北海道在住。他は東京都・埼玉県・千葉県に在住なので、集まろうと思えばすぐに集まれる状態。昨日は1人欠席で6人でした。
馴染みの池袋ですが、ちょっと穴場の落ち着いた和食のお店で個室だったので、ゆっくり話しながらお食事。その後、場所をカフェに変えてティータイム。7時間話し続けましたが、話は尽きず。
ひとつショックだったのは、乳がんの手術をしたという仰天告白が出たこと。
仲良しといっても、10年以上会っていなかった私たち。それが、昨年、集まろうと声があがり、久しぶりに会うことになりました。そのときには、その話は出なかったのですが、実は発起人になった彼女は乳がんの2度目の手術を控え、死の恐怖に耐えながら、「みんなに会っておきたい」と声をかけてくれたのだということでした。無事に手術を終え、お薬の治療も一段落し、前回から約1年ぶりに会おうと今回集まったわけですが、今回ようやくそのときのことを話してくれたのでした。まったく、水くさいんだから……何も知らなかった私たちは、ただただ驚いた次第です。今はもう問題ないとのことですが、彼女の精神力の強さには、感歎の一言。

近況報告と思い出話に花が咲いたわけですが、昔の話となると、それぞれの記憶の断片をつなぎ合わせてやっと状況が蘇るような有様で……自分が忘れている部分を他のコが覚えていて、パズルのピースを繋ぎ合わせているような感じでした。
高校生当時、私の家にみんなが遊びに来たときのこと。帰りにみんなをバス停まで送ったとき、たまたまバス通りで犬が轢かれて死んでしまい、それを私が道路脇に避けてあげたのだそうですが、まったく自分の記憶にありません(笑)
高校受験の日、同じ中学からは他に受験したコがいなかったので、ひとりでお昼を食べる破目になった私は、近くにいた数人のグループに声をかけて仲間に入れてもらったのですが、そのときのグループにいたのが、仲良しの一人だったと判明。鳥肌ものでした。しかし、今の今まで気づかないとは……

解散後、ダンナさんのおつかいでギターの導電塗料を買い、タブレットのフリースポットをテストしてみたりしながら少しぷらぷらして、帰途に。
街に出たのは久々。季節感もガラリと変わって秋色。タブレットが入る小ぶりのバッグが欲しいなと思ったので、近々また街に出ようかな。

ある家電量販店でタブレットのケースを物色していると、若い店員さんが話しかけてきて、もちろんケースのことも探してくれるのだけど、残念ながらめぼしい商品はなし。ただ、そこから自然にWiMAXの話になり、概要を説明してもらう。名刺までいただくが、どうやらWiMAXの回し者。しかし、かといって単なるタブレットケースについても熱心に説明してくれ、タブレット自体の商品知識もあるようだったし、好感が持てた。話の持っていき方がうまいが、ガツガツしてるようには見せない。販売成績が良さそうな人だ。
一方、別の家電量販店。こちらはタブレットケースが充実している。しかし、近くに居た店員はぬぼっと立っているだけで愛想がなく、こちらが少々質問しても面倒そうに答えるだけだった。こりゃダメだな。
あらためて職業意識というか、向き不向きというか、そういうことを考えさせられた。
そういえば、導電塗料を買った楽器店のお兄さんは、手入れの大変そうなものすごい髪型をしていたけれど、自然で丁寧な接客だった。
ギターの導電塗料なんて、そこらの店にたくさん売ってるものじゃない。それをわざわざ買いに来て、迷いなくレジに差し出すのだから、「この人はこれが何かわかって買っている」と思うんだろう。楽器店の店員は、余計な確認や説明をすることなく、淡々とレジを打った。
販売の仕事は自分は得意じゃないけど、まず商品知識。それと、客との距離感を見極めて接することなのだろうと思う。あるときは押し、あるときは引き。相手によって、流れによって、臨機応変な対応ができると、モノは売れるんじゃないかと。

しばらく前のこと。
近所のスーパーで、サービスカウンターに頼みたいことがあった。でも、カウンター内に人が居ない。ほとんど客がいない時間帯でレジが混んでいるわけでもないのに、新人さんに教育でもしていたのか、近くのレジで1台に二人立って対応していたので、視線を送ってみるのだけど、目が合っても反応なし。ということは、カウンター内に居るべき人は他にいて、何らかの事情で今ははずしているのかとしばらく待ってみるのだけど、いっこうに戻る気配がない。その間、周りを何度も見回し、レジの人にも視線を送ってみるが依然として反応なし。5分以上は待っていたと思う。待っても待っても人は現れないので、仕方なく2人対応のレジの人に近寄って声をかけてみると、その人がサービスカウンターに居るべき人だったらしい。「誰かと待ち合わせでもしているのかと思って……」と言われた(笑)何?その思い込み?
サービスカウンターの前に立って、ずっと待ってる人を見て、「誰かと待ち合わせをしている」と思い込むとはどういう了見なのか。意味がわからない。
もしそう思ったとしても、もしかしたらとカウンターに一旦戻るのがセオリーかと思うのだけど。
言い方にもカチンときたので、「気をつけた方がいいですよ」と言ってしまった。意見箱みたいなものがあるので、投書してやろうかと思った。面倒だからやってないけど。

自分は気のきかない人間なので、販売の仕事など人と接する機会が多い仕事には向かないから就こうと思わないのだけど、向かないけど仕方なく働いている人というのも少なくないのだろうし。その仕事に就いたからには、自分なら最大限の努力をしようと思うとは思うけど、他人から見たらひどいレベルなのかもしれないから何も言えないか。
現在無職の自分には、人のことは言えないね(苦笑)言ったけど。

例によって、書いてるうちになんだかわからぬ方向に行きました。まぁ、いいや。
posted by nbm at 11:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

1111

拙ブログでは、ゾロ目投稿のときに節目としての記事を書いてきました。
444回→過去記事444
666回→過去記事666
999回→過去記事999+1(999回を忘れて1000回目になってしまった……)

そして、今回は、1111回になります。
次のゾロ目を考えると、2222回になってしまうので、今までの倍の投稿数にならないと書けません。ということで、ゾロ目記念の投稿は今回が最終回ということになりそうです。
このブログを開始してから7年と3ヶ月余り。999+1回から1年余り。
いろいろあったようで、なかったようで。
とにもかくにも、ここまで拙ブログを読んでくださり、私の書く長い駄文にお付き合いいただいている読者の方々には、深く御礼を申し上げます。

さて、振り返るのも飽きましたし、取り立てて1111回について書くこともないので、あとは普通に。
書くべきネタは溜まりに溜まっているのですが、筆(キーボード)が進まず……
簡単に、近況をご報告することにします。

先日は、バイト仲間と飲んできました。地元のくだけた感じのワインバーです。
飲み放題で、升酒の盛り切りのように、グラスにワインが表面張力で盛り上がるほど注いでくれるのですが、がばがば飲んでしまいまして、久々にちゃんと酔いました(笑)
お料理も美味しくて、お店のお兄さん達も愛想が良かったし、気分よく飲めました。
帰りには、店員さんがお店の外まで出てきて見送ってくれるんですよ。ここまでやってもらうと、「また来ようかな」と思いますわね。
バイト仲間とはいえ、今はみんなそれぞれバラバラに働いてます。私だけ無職。みんな頑張っていて、偉い!近隣地域に住んでいて、年齢も近くて気が合う仲間となったので、年に何回か会っては飲んでます。それぞれに違うキャラクターで、毎回楽しいお酒です。
多少おぼつかない足取りで帰り、酔いでちょっと心拍数が上がりました。
明日は、高校時代の友人たちとランチに行ってきます。1年ぶりくらいなので、楽しみ。

「スマホは要らん!」と豪語してきたわけですが、タブレットPCを購入しました。
まったくもってわからないことだらけですが、地道に勉強しながら、少しずつ扱い方を覚えているところです。「スワイプって何?」みたいな(笑)
「なぜにタブレットを?」と言いますと、大きな理由は、画面サイズです。今回入手したのは7インチ。スマートフォンと比べると、2.5倍くらいの大きさがあります。聖地巡礼をする際にタブレットがあると便利だなと思っていたのですが、十分な大きさ。そして、すでに老眼の我々夫婦には、これくらいの大きさがありがたい。何にしろ、画面が大きければ一度に見られる情報量が違うのが利点です。入力も楽。ほぼキーボードと同じように打てます。検索は音声入力でもいけますけども、あれ、外だと恥ずかしいよね。
外出時に、タブレットがあれば、検索に便利ということもあります。ガラケー使いなのですが、インターネットに繋がるとはいえ、携帯電話用のそれは非常に扱いづらくて、ロクに使えやしない状態でした。それに、Androidの操作に、そろそろ触れておきたいというのも正直なところでした。
合わせて、家には無線LANルータを設置。相変わらずパソコン同士は有線でつながってますが(笑)Wi-Fiとはなんぞやというところから勉強です。

久々に会ったバイト仲間には、「少し痩せたね」と言ってもらえたのですが、夏の間は運動できず、体重に変化はありません。何せ、何もしてないのに2度も熱中症になったし。もともとカロリーやバランスを考えた食事をしているので、間食を控えて、夕食時には炭水化物を抜くだけで多少は体重が落ちましたが、食事の調整だけでは体が慣れてしまったようで、運動が必要になってきました。夏の微熱もまだ治まる気配がなく……途中、ちょっとおかしな症状も出たりしてますし、体調は良くないです。ですが、ストレスからくる不整脈のような症状はなくなりました。
そろそろ涼しくなってきましたから、運動も再開できるかと。まず痩せないと。働きたい気持ちもありますが、まずは痩せて体調を整えることが私の課題です。

精神的にはだいぶ回復してきたので、本が読めるようになりました。
相変わらず小説はあまり読んでませんが。
マックス・ブルックス『WORLD WAR Z』を読み、続けて、ゾンビ小説をあと2冊読もうと思っているのですが、他の本が間に挟まってしまい、まだ読めてません。
昨日まで読んでいたのは、『あの人の声はなぜ魅力的なのか』。音響研究の第一人者、鈴木松美さんの書かれたもので、目新しいことはないものの、面白かったです。これ、知りたいサイエンスというシリーズなのですが、次は『おもしろレオロジー』という本を読みたいわ。
今日読もうと思っているのは、『科学と科学者のはなし』という子供向けに編まれた寺田寅彦のエッセイ集。図書館への予約の関係上、しばらくは科学エッセイのようなものが続きそう。
本の感想については、そのうち記事にしたいと思います。

今日は、ダンナさんはギターを背負っておっさん軽音部の活動に出かけていったので、私はゆっくり映画を観たり、本を読んだりして過ごそうと思っています。

ブログを書き初めてから随分経ちましたが、こうして考えると自分の生活は変わらないな。
いろんなことがあったけど、変わらない。
これからも変わらないんだろうなと、思った次第です。
今後とも、よろしくお願いいたします。
posted by nbm at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

2013年9月7日からの地震メモ

2013年9月7日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に、近県の有感地震は以下のとおり。
2013年9月7日0時59分頃  茨城県北部   M3.1 深さ約50km 最大震度1
2013年9月7日23時38分頃  茨城県沖    M3.9 深さ約50km 最大震度2
2013年9月8日22時59分頃  房総半島南方沖 M3.6 深さ約80km 最大震度1
2013年9月9日9時4分頃   茨城県北部   M4.4 深さ約10km 最大震度4
2013年9月9日15時7分頃  千葉県北東部  M3.2 深さ約40km 最大震度2
2013年9月10日16時32分頃 茨城県沖    M3.1 深さ約50km 最大震度1
2013年9月11日19時9分頃  茨城県北部   M2.7 深さ約10km 最大震度1
2013年9月12日15時5分頃  栃木県北部   M3.3 深さ約10km 最大震度2
2013年9月13日4時49分頃  茨城県沖    M4.4 深さ約50km 最大震度4
2013年9月13日8時26分頃  千葉県東方沖  M3.8 深さ約30km 最大震度2
2013年9月13日10時35分頃 父島近海    M3.9 深さ約70km 最大震度1
2013年9月13日16時5分頃  茨城県北部   M2.2 ごく浅い  最大震度1
2013年9月14日17時44分頃 千葉県東方沖  M4.5 深さ約40km 最大震度2
2013年9月15日8時19分頃  茨城県沖    M4.0 深さ約40km 最大震度2
2013年9月16日12時53分頃 千葉県南部   M4.0 深さ約70km 最大震度3
2013年9月16日18時8分頃  茨城県沖    M3.2 深さ約10km 最大震度1
2013年9月16日19時24分頃 茨城県南部   M3.7 深さ約50km 最大震度2
2013年9月17日5時42分頃  茨城県南部   M3.5 深さ約50km 最大震度2
2013年9月18日23時54分頃 千葉県東方沖  M3.3 深さ約30km 最大震度1
2013年9月19日10時21分頃 茨城県沖    M3.7 深さ約50km 最大震度2
2013年9月19日12時41分頃 茨城県北部   M3.3 深さ約10km 最大震度1
2013年9月19日18時27分頃 茨城県沖    M3.8 深さ約40km 最大震度2

2週間分のデータにしては少なめでしょうか。
前回から変わらず、茨城方面がよく揺れています。


この間の震度4以上またはM5以上の地震は以下のとおり。
2013年9月9日9時4分頃  茨城県北部  M4.4 深さ約10km 最大震度4
2013年9月13日4時49分頃 茨城県沖   M4.4 深さ約50km 最大震度4
2013年9月15日7時43分頃 福島県会津  M3.6 深さ約10km 最大震度4
2013年9月20日2時25分頃 福島県浜通り M5.9 深さ約20km 最大震度5強(当地 震度1)

今日未明の福島県浜通り(M5.9)は、けっこうな揺れでした。PCのモニターが前後にぐらんぐらん揺れるほど。揺れは長めでしたね。
揺れの後、カラスたちがしばらく騒いでました。奴らはやはり、地震に驚いて鳴きますね。先に教えてくれたらいいのに。
遠く離れた埼玉県の当地でこれだけの揺れですから、震源地近くの揺れは相当なものだったと思われます。

台風一過、そして昨日は中秋の名月(満月)ということで、地震が起きやすい状態だったかもしれません。でも、いつも地震前に感じるような嫌な暑さはありませんでした。
今朝、起きてみると、暑い……明日はもっと暑いそうですね。
もしかしたら本番はこれからかもしれません。

ちなみに、一昨日、リビングの蛍光灯が1本切れました。一応メモ。
posted by nbm at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

Dear Michele

この記事は、前記事にコメントをくださったMicheleさんへの通信用です。



Micheleさん&代理人 様

Micheleさん、ありがとうございます。
代理人の方にもお礼を申し上げます。
英語力のない私のために訳していただき、本当にありがとうございます。

申し訳ありませんが、日本語でお返事を書かせていただきます。
拙ない訳も付けますが、少しでも真意が伝わるとよいのですが……

お父様はなによりもMichele さんを愛しておいでで
そのお気持ちはいつも痛いほどに伝わってきました。
お父様がMichele さんに簡単に会えない寂しさを
日本にいる私たちが少しでも紛らわせることができていたのなら嬉しいです。
また、お父様には過分に評価していただきましたが、とても光栄に思っております。
現実に私のことを捜していたと伺い、驚きました。
私もお父様のお手伝いがしたかったですが
遠い地域に住んでいるために叶わないことと思っていました。
お話を伺い、また泣いています。
あなたのお父様が私を評価してくださったことは
今後の励みにさせていただきます。

お名前を挙げてくださった方々には
可能な限り私の方からお伝えしておきます。

お父様が、ウェブログでのやりとりを楽しんでいてくださったのならば、幸いです。
私たちも、お父様とのやりとりを楽しませていただいていました。
また、数々のことを勉強させていただきました。
あなたのお父様のことは、皆さんが心から尊敬し慕っていたと思います。
ウェブログを通して出会えたことは不思議な縁で、私は本当に感謝しています。

もう五ヶ月ですか。早いものですね。
私も父を亡くし、8ヶ月が経とうとしています。
父を失った直後でしたし、Michele さんのお父様が亡くなられたことは
私にとって大きな衝撃でした。
お母様のこと、心配です。
心労が重なり、お辛かったことでしょう。
どうぞお大事になさってください。

私の方こそ、あなたを尊敬しています。
お父様にとって、本当に自慢の娘であったあなたですもの。
お父様と再会なさってからというもの、本当に親孝行されましたよね。
今度はお母様に孝行なさってください。
でも、Micheleさんが無理をなさらないように。
Micheleさんのお母様が良くなられることを心から祈っています。
お母様を支えるMicheleさんも、お体を大切に。

Dear Michele,

I thank you for your message.
I thank you also for representatives.
Thank you very much for translating.

Although I feel sorry, I will write a reply in Japanese.
An awkward translation is also written together.
I really hope that transmit real intention.

Your father loved you more than anything, and the feeling has been conveyed intensely.
While he cannot meet you easily,I am glad if we who are present in Japan were able to beguile his lonesomeness.

Moreover, your father evaluated me excessively, I think that it is very honorable.
I heard that he looked for me actually, and I was surprised.
Although I also wanted to carry out your father's help, but I can't that since it lives in the distant area.
It is heard so and I am crying.
It becomes a future encouragement to have evaluated me.

I tell people which mentioned the name from my direction as much as possible.

If your father had enjoyed the exchange by Weblog, we are happy.
We also had the exchange with your father delighted.
Moreover, Your father taught me many things.
I think that everybody respected your father from the bottom of heart, and adored him.
It is wonderful that it was able to meet through Weblog and I appreciate truly.

Is it already five months?
I also lose my father and eight months are about to pass.
It was immediately after losing my father and it was a big shock for me that your father passed away.

It is anxious about your mother.
I'm sorry to hear that.
I hope your mother will get well soon.
Your father was proud of you. I also respect you.
Since you met again with your father, he was really cherished.
Please encourage your mother now.
I sincerely hope you'll take good care of yourself.

Sincerely.
nbm




Hi,Michele.
I'm very glad to have your message through a person and nbm-san. Sometimes somehowhow it looks like hard to write in my blog for some people,too.
I like your father's impression for me, "Hanatebo is strange(wonderful?) and funny(interested?) person."Though both meanings.

I letted Psan and Yusuraumesan know these things about you.
I hope your mother will get recover the hard things soon.Please send her the best regards for me and for everyone.
We are happy to hear from you,occasionaly.
Thank you very much and with love,
Hanatebo

PS. Thankfully,nbm says we can use her message page for the correspondence with you.
posted by nbm at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

5ヶ月ぶりの神奈川遠征

髪を切ってきた。
いつものように神奈川遠征。
「埼玉県から神奈川県に行く」というと、大変そうに聞こえるとは思うのだが、前々回も触れた県内の越谷市に行くよりも近いという……(苦笑)東京都を縦断するのに。

しかし、またも雨。
数日前までは雨が降るなどと言ってなかったのに。
私が出かけると雨が降る……雨女としての実力は健在。

今回は、私にしては短めの期間で5ヶ月ぶり。
ちょっと髪がまとまりにくくなってきたかなと思っていたくらいだったのだが、このところ友人たちからお誘いを受けている私に、ちょっと小奇麗にしてきてはという感じでダンナさんが勧めてくれたので、遠慮なく行かせていただく。
いろいろどうにもならないけど、髪を整えると少しはマシに見えるだろうと。
実際、この年になって感じるのは、若々しく少しでも綺麗に見せるためには、肌の質感と髪の状態が大事だということ。
これから秋冬なので、少し落ち着いた感じのショートにしてもらうようにお願いするも、私の髪質だとトップを長めにするとペタっとしてしまうので難しいとのことで。それにそういったスタイルだと”持ち”が悪い、と。そうなんだよ、わかっているのだよ。でも、季節的に少し落ち着きたいじゃないの。で、カラーを工夫してもらい、またグリーン系で落ち着かせることに。
希望通りとはいかないけれど、そりゃあ髪質もあるし、半年や1年平気で放置する私のことなので、総合的に考えて担当美容師さんがベストなものを提案してくれているのだから、仕方なし。この美容師さんのこういった考え方と技術とが気に入って、わざわざ遠くから通っているのだからね。
結果、悪くはない。

炭酸の入ったシャンプーで洗ってもらう。
初めての経験だったのだけど、ちょっとびっくり。
このシャンプーで洗ってもらった直後、頭皮がかゆくなる。
いや、これはそのかぶれたとか汚れてるとかそういうことではなく、血行が極端に良くなっている証拠。
血行が悪い私は、時折体験するのだけど、血流が滞っているときに運動をしたりすると、体が痒くなることがある。座りっぱなしの後にウォーキングをすると、膝裏が猛烈に痒くなったり。これは、体質的に血流が大幅に改善されるときの症状なので、この頭皮のかゆみもそれだとわかる。この痒みは一時的なものなので、すぐにおさまるのも特徴的。
世の中、美容に炭酸を使うのが流行しているのは知っていたけど、自分が体験するのは初めてで、その効果を知る。
炭酸が直接何か作用するというわけでなく、その刺激で詰まっていた汚れが取れたり、悪いものが出て行くということらしい。
夏場、日焼けしたりしてるだろうから、地肌トリートメントでもしてもらった方がよいのかなと思いつつやらなかったが、炭酸シャンプーが十分に効いた気がする。

この店には、ワンコがいる。
お客さんの送り迎えをしてくれる、デキたコである。
この日、私が店に入ったときは、元気よく「ワン、ワン(いらっしゃいませ!的な)」と出迎えてくれた。
私の他にもう一人お客さんがいて、ずっとその方の足元にいたのだけれど、私がドライカットしてもらう段になったら、今度は私の足元に来て、丸くなっていた。
もう一人のお客さんが帰るときには、そちらを送りに行き、かたわらにちょこんと座っていた。私が帰るときにカウンターで支払いをしていると、私とカウンターの間の隙間に割って入り、背伸びして「終わった?終わったの?」的な。最後もお見送りしてくれた。
美容師さんたちは、特に指示しているわけでなく、ヤツの意志で動いている。
デキたコである。

ところで、前回には居た女性アシスタントがいなくなっていた。
その辺を聞いてみると、面白い話が。
ある日の朝、電話をかけてきて、翌日から来なくなってしまったそうだ。
母親の具合が悪く、病院に付き添うという話だったのだそうだが、その後、家族の具合がみな悪いので、自分が色々と面倒をみなければならなくなったから仕事を辞める、と。
しかし、すべてを電話1本で済ませようとするので、本来は辞める1ヶ月前にはそれを知らせることになっているし、一度ちゃんと話しにいらっしゃいと諭したのだが、結局来ないまま。半端なお給料も、取っておくから、来たら渡してあげるよと話したそうだが、要らないと言い、取りにくることはなかったそうだ。結局、入って3ヶ月で辞めてしまったらしい。
どんだけ、嫌なんだよ?(苦笑)
仮に家族の具合が悪いというのが方便だったとしても、就労規則にある1ヶ月を待たずに来なくなるとしても、誠意を持って直接話しに来て欲しかったと、オーナーである美容師さんは言っていた。
親と同居している以上、親は彼女の仕事についてわかっているはずで、親だったら「きちんと話してこい」と言うのが当たり前なんじゃないのかとも言っていた。そんな無責任なことをしたら、俺だったら親父にぶん殴られてる、と。
系列のお店では、新人がうつ病になって辞めていくということが頻発しているんだそうだ。
でも、こっそり辞めたコのfacebookとか見ると、楽しそうにはしゃいでいる写真とかアップされてて、うつ病って本当なのかと疑いたくなることもあるそうで。それとも、流行りの新型うつ病か?
経験上、何人新人を雇っても同じようにすぐに辞めてしまうのが目に見えているので、もう半ば諦めて、大学生のアルバイトを雇い、電話対応とお掃除だけやってもらうことにしたのだそうだ。
我々夫婦の周囲には、いわゆる職人仕事をしている人が少なくないのだが、口を揃えて「若い人がすぐに辞めてしまう」と残念がっている。怒らないと仕事を覚えてもらえないのに、怒るとすぐに腐って辞めてしまうらしい。
どんな仕事でも、新人だったら、失敗して怒られてナンボだよね。
いちいち優しく諭してもらってても、なかなか身にならないと思うわ。

愚痴ついでにもうひとつ。
これまた久々に電車に乗ったのだけど、ちょっと驚いたことが。
若いコたちが、ちゃんと座席に座れてない……
そりゃあ、混んでて、7人がけにびっちり7人座ってればそんなこともないのだろうけど、ガラ空きの車内では、大抵ぐにゃぐにゃに座ってる。
ずり落ちそうなくらいの座り方で膝がかなり前にせり出している男の子もいるし、2人分くらいの横幅を使って形容しがたいくらい両足がバラバラに投げ出されている女の子もいる。トレンカを穿いてるからってミニスカートからパンツ見えそうな感じで足を組んでいる女の子もいるし。膝を揃えられないってレベルじゃなかった……
例えて言えば、「自宅でくつろいでいる」風。
満員電車の中でお化粧をする人も増えていると聞くけれど、他のお客さんはモノにしか思ってないんだろうね。自分が通行の邪魔になってようが、だらしないと思われようが、構わないんだな。「人前」という単語は、死語になっているようだ。
ちょっと前に乗ったときにはあまり感じなかったのに、急激に乱れてきているような気がして戦慄。

家に帰ってきて、そんな話をダンナさんにしていたら、「偶然、同じようなことを思っていた」と。
職場のPCに不具合があって、近くのパソコンショップに部品を調達しに行ったのだと。
互換性でちょっと細かい点を確認したかったので、店員さんに聞いてみるんだけど、長く待たされた挙句、「わかりません」という返事。どうやら、その時間帯には専門的な知識を持った店員さんが皆無で、若い女性ばかりだったらしい。パソコンショップといえど、スーパーの品出し係と同じ意識だと感じたという。スーパーの品出し係を悪く言うわけではないけど、食品を並べるのと、パソコンの部品を売るのとでは、わけが違うでしょうよ。
百歩譲って、商品知識については仕方ないとしよう。でも、その時の対応が、「他人のことはどうでもいい」と思っているようで、話にならないと思ったそうだ。

世界には、かぼちゃが並んでいるようにしか見えてないんだろうな。
きみらの世界のレイヤーと重なっている別のレイヤーには、ちゃんと人間が暮らしているのだよ?

さて、話は戻って、帰り道。少し足を伸ばして多摩センターに行ってみた。
多摩モノレールの駅とか、駅前から伸びるパルテノン大通りとか、駅前の作りが面白い。
まずは五郎さんばりに『孤独のグルメ』ごっこ。
って、事前にリサーチはして行ったけど。
お魚の美味しいお店に行って、美味しいお魚を食べてきた。
それから、多摩中央公園やパルテノン多摩の辺りを散策。
アニメ作品に度々登場する、公園内の「きらめきの池」は修繕中で、水が抜かれて、列柱をシートで覆う作業をしていた。旧富澤家住宅も修繕中でお休み。何も見られずに残念。
あとはパルテノン大通りをぶらぶらと。
ココリア内の丸善は、結構な蔵書数で楽しめた。
多摩センターの街は、もはや年配者向けに思えた。若い人は少ないし。正直、街に活気はない。でも、年配者なら、落ち着いて暮らせる街なのだろうな。
ピューロランドが近いので、駅前の案内板など色んなものがサンリオキャラクターに彩られている。小さな女の子には人気の街のはずだけど。

美容室を出た後、天気もなんとか持ちそうなので、ダンナさんに「多摩センターに寄ってみる」とメールしたのだが、「疲れない程度にね」と釘を刺された。
大丈夫、大丈夫。と思いつつ、ぶらぶらしてきたのだけど、帰って来たら熱が出ている……
やっぱりダメか(苦笑)
自分の虚弱体質を再認識するのであった。
posted by nbm at 11:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

夢見がえし

一昨日の日曜日の夜。
私の夢にK君が出てきた。

Kくんは、ダンナさんの高校時代からの友人で、ということは、私も高校時代から知っている。
高校時代はダンナさんといっしょにバンドを組んでいたし、若かりし頃に四駆で走り回る遊びをしていた遊び仲間でもあり、今はたまたま同じ町内に住んでいるし、今でもつかず離れずといった感じで交流がある。
Kくんの車をうちのダンナさんが修理することもあるし、義母の家の修繕を工務店をやっているKくんのところに頼んで綺麗にしてもらったりしている。
しかし、こんな風に交流があるとはいえ、私が直接会うのは、年に数回という程度。

遡ること数日前、KくんのパートナーであるMちゃんに、近所のドラッグストアで半年ぶりに偶然に会った。久しぶりだったので、ちょっと話し込んでしまった。
Kくんが私の夢に出てきたのは、Mちゃんに会ったからだと思う。特にそのときにKくんのことは話題に出なかったけど。

夢の中では、うちに遊びにきたKくんと外で食事をしようということになり、一旦家に戻るというKくんと店で待ち合わせる約束をして別れた。
景色は知らない街の中で、待ち合わせの店は、これも行ったことのないお好み焼き屋だった。
ダンナさんと先に店に着くも、Kくんはなかなか現れなかった。
Kくんの分の空席を眺めているところで夢は終わる。

お好み焼き屋が出てきたのは、なんとなく理解できる。
しばらく前からたこ焼きとかお好み焼きが食べたくて仕方がないのに、なかなか食べる機会がない。それに加えて、今期放送中のアニメ『たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜』では、お好み焼き屋が出てくるものだから、このアニメを観るとお好み焼きが食べたくなる。
この食べたいという願望が、夢に素直に現れているのだと思われ。

しかし、Kくんが出てくるのが今ひとつわからない。
確かに、その直前にMちゃんに会ってはいるから、そのせいかと思っていた。

そして、夢を見た翌日のこと。
ダンナさんが昼食を食べに帰ってくると、「奥さんが夢を見たから、Kが来たよ」と。
しばらく前に、Kくんの車の部品を取り寄せているという話を聞いていたような気がする。
部品が届いても、なかなか取り付けに来ないなとダンナさんは思っていたようだ。その辺の細かいことは私は知らない。
Kくんが、その部品をようやく取り付けに来たのだそうな。
私が予知夢を見たわけでもないのだけれど、夢を見たその朝、実際にKくんが現れるというのは面白い。

と思っていたら、この話には続きがあった。

やはり四駆で遊んでいた仲間内であるTくんという人がいる。
Tくんは畳屋なので、工務店をやっているKくんとは今でも仕事がらみの付き合いがあるらしい。
Tくんの家は都内で、距離的にちょっとだけ離れているので、近隣に住む仲間内の飲み会なんかにはなかなか参加する機会がなく、それこそ変な話だけど冠婚葬祭みたいなことがないと会うことがない。私たち夫婦がTくんに会うのは、数年に1度くらいだ。
数日前、KくんがTくんと会ったとき、「あいつどうしてる?」とうちのダンナさんのことを聞いてきたそうだ。
なんでも、Tくんの夢に唐突にうちのダンナさんが出てきたのだそうで。
あまりに唐突に夢に出てきたもんだから、何かあったかとTくんは心配したようで、様子を尋ねられたKくんは、
「いや、別に元気だけど?」と返事をしたらしいのだけど。

Tくんの夢の話を聞いたうちのダンナさん。
「俺、死亡フラグ?(爆)」

私がKくんの夢を見て、翌日Kくんが現れ、そのKくん伝いに、Tくんがうちのダンナさんの夢を見たことを知る。
ということで、間接的ではあるものの、”夢見がえし”のようなことに。

別に、Kくんも元気ですし、うちのダンナさんも元気です。
ただなんとなく不気味な気もするので、厄除けカキコミでした!
posted by nbm at 10:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

よしなしごと

書くネタはいろいろあるのに、なんだか書けない日々が続いております。
なので、今日は軽いどうでもいい内容でウォーミングアップ。

昨日の出来事。

冷蔵庫の冷凍庫からアイスを出そうとして、右手をぶつけてしまう。
「いでっ!」
その声で振り向いたダンナさんに状況を説明しようと、「これがこうなって」と動きを再現して見せると
「なに冷蔵庫にショートアッパーしてんの」

うん、確かに。
開けた冷凍庫のドアの下からショートアッパーかましてますね。
開いてるつもりで閉まりかけてたんだな、きっと。
うちの冷蔵庫は冷凍庫が一番上にあるタイプです。
もともと、自分の体と周囲の物との距離を測るのがとても苦手で、体の一部をどこかにぶつけるのは日常茶飯事ですが、冷蔵庫にショートアッパーしたのは初めての体験でした。

夜、お風呂に入る前に水分を取ろうと、飲み干したコップにもう1杯麦茶を注いでゴクゴク……
「ん?なんか変な味がする」
コップを見ると、麦茶が少し濁ってる。
よ〜く味わうと
「これは、ほんのり牛乳味……」と、そのときようやく気付く。
これ、ダンナさんがさっき牛乳飲んだコップやんけ!
さっきまでダンナさんが座っていた位置に座り、自分の目の前にあるコップが自分が使っていたコップだと思い込んでました。

何?このドジッ子モード。
脳みそ動いてません。

専業主婦のクセに家事が苦手なので、1日ひとつ、小さなことでも何かしらルーティン以外のことをやろうと決めて、体調が良くて時間がある限り、チャレンジ。
一昨日は、ベタベタだった換気扇をお掃除。パウダータイプの酸素系漂白剤で、あまりにピカピカになって気をよくしたので、昨日はまずやかんを浸けてピカピカに。その後、同様に五徳とかガスレンジ周りのものを綺麗にしました。
こうして、何かを綺麗にすると、気分もスッキリするもんです。「磨く」という作業が、私にとっては一番気持ち良く感じられます。
私は横着者だから、日頃からこまめにお手入れができません。だからこそ、溜まった汚れを一気に落とすという快感が得られるわけですが。なんか本末転倒?

急に涼しくなりました。
夏恒例の微熱も、少しおさまってきたような気がします。
今年の夏は、暑さに加えて半端ないゲリラ豪雨や竜巻など、おかしな天候でしたが、ひとつ気になったのは虫が少ないこと。
例年、ひと夏に何匹かはマンションの廊下にカブトムシやクワガタが落ちてるものですが、この夏はサッパリ見かけませんでした。虫捕りに行った友人も、カブトムシはメスばかりが目立ち、オスがなかなか見つからないと行ってましたっけ。
つい先日、9月に入ってようやく見つけたのは、体長4cmほどの本当に小さなコクワガタ。足が1本もげてました。カナブンやコガネムシはよくいるのですが。
Gの姿も、一切見かけてません。室内では、たまに外から遊びにいらした個体に出くわすことがあるし、外でも歩いているのを目撃することがありますが、今年はありがたいことに内外問わず1匹も見てません。
みなさん、あまりの暑さにどうにかなってしまってるのでしょうか。

先日は越谷で竜巻があったわけですが、同じ埼玉県とはいえ遠い地域で、その遠さにびっくりします。
元々、埼玉県民というのは、自宅と都内にある学校・会社とを行き来するだけなので、鉄道の路線ごとに文化圏が分かれていて、それぞれ出るターミナルが違います。そして、互いに横に行き来することがありません。なので、地元の路線以外の場所は、まったく縁がないのです。
西武池袋線・新宿線、東武東上線、JR埼京線、JR京浜東北線、東武伊勢崎線。埼玉県内の路線は主にこんな路線で、西武池袋線・東武東上線・埼京線が池袋へ。西武新宿線も実質は高田馬場がターミナルなので似たようなもの。一方、京浜東北線は、大宮以北の宇都宮線・高崎線も含めて、上野・東京方面へ。で、東武伊勢崎線は北千住を経由して浅草へと。これらの沿線で暮らす人は、沿線から離れて県内を自由移動することがほとんどないのです。
ということで、私が暮らす県南西部地域から越谷の含まれる東部地域へはJR武蔵野線という手があることはありますが、何か目的がない限りは使わない路線です。
また、単純に越谷までの距離を考えても、例えば普段使っているターミナルである池袋までの距離の1.5倍はあります。同じ県内なのに、とても離れている感覚です。距離でいうと、渋谷も上野も六本木も越谷より手前にあります。
以前に、赤羽にあった美容室でアシスタントさんに、「埼玉から来た」と言うと、「じゃあ越谷レイクタウンとか行かれましたか?」と問われ、「まだです」と答えながらも、「赤羽より全然遠いんだけど……」と思ったことを思い出しました。

そんなことはさておき、今回の被害はひどいもので、被災された方はお気の毒としか言い様がありません。お見舞い申し上げます。
開けた農地の中にまとまった住宅が点在しているような所。あるリポーターが、今まで竜巻被害に遭った地域を訪ね、共通点としてそんなことを語ってました。埼玉県内には、そういう所がたくさんあると思われ……うちの周りだってそうだし。
どうにも避けられない災害ですから、正直手の打ちようがありませんよね。
将来、竜巻や突風の被害は増えていくことが予想されますから、せめて、自分の身体を守るにはどうしたらよいか知っておくことが必要ですね。
窓やカーテンを閉める。シャッターや雨戸があればそれも閉める。室内では、1階の窓のない部屋へ。できるだけ窓から離れるということですね。地下室があればそれもよいのでしょうが、もし水害も同時に起きたら浸水する可能性がありますね。屋外では頑丈な建造物の物陰へ避難。もしくは、水路などのくぼみに身を伏せる。
カーテンや雨戸を閉めてしまうと、外の様子が見られないと思ってしまうのですが、身を守るためにはそうするべきなのでしょう。
今まであまり意識していなかったことですが、竜巻注意情報が発令されたとしたら、まず屋外に出ないことが大事なのかも。そして、上記のように避難する。竜巻が発生したと思ったら、あっという間に襲ってくるわけですから。

つらつらくだらないことを書きました。でも、ちょっとスッキリ。
もう少し書く元気が出たら、江戸東京たてもの園に行ってきたことや、読みためているゾンビ本のことなど書けるかと思います。
ここにきて、バイト仲間や高校時代の友人たちからお誘いが重なって、少しまた外に出る機会が得られました。ありがたいことであります。
posted by nbm at 11:11| Comment(5) | TrackBack(0) | どうでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

2013年8月27日からの地震メモ

2013年8月27日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2013年8月27日2時50分頃  茨城県沖   M3.8 深さ約40km 最大震度1
2013年8月28日6時40分頃  茨城県沖   M4.3 深さ約30km 最大震度2
2013年8月29日12時26分頃 茨城県北部  M3.9 ごく浅い  最大震度2
2013年8月29日22時43分頃 神奈川県東部 M3.5 深さ約50km 最大震度1
2013年8月30日19時0分頃  茨城県北部  M2.9 深さ約10km 最大震度1
2013年8月30日20時2分頃  茨城県北部  M3.1 ごく浅い  最大震度2
2013年8月31日1時56分頃  茨城県沖   M3.7 深さ約50km 最大震度2
2013年8月31日17時59分頃 茨城県沖   M3.7 深さ約90km 最大震度2
2013年9月1日3時46分頃  千葉県東方沖 M3.7 深さ約20km 最大震度1
2013年9月1日20時46分頃  茨城県南部  M3.4 深さ約50km 最大震度1
2013年9月1日23時32分頃  茨城県沖   M3.8 深さ約20km 最大震度1
2013年9月2日4時39分頃  茨城県南部  M3.3 深さ約50km 最大震度1
2013年9月2日4時57分頃  茨城県北部  M2.7 深さ約10km 最大震度1
2013年9月3日3時26分頃  茨城県沖   M3.1 深さ約20km 最大震度1

茨城県が活発。
この記録を始めてから、あまりないくらいに茨城ばかりが揺れている。
もちろん、ここに挙げているのは千葉・茨城を中心に、埼玉から見て近県を震源とする有感地震だけなのだけれど、それでもこんなに茨城県内ばかりが揺れることは珍しい。
東日本大震災から震源の分布が徐々に南下しているようには感じているが、それが福島を経てようやく茨城へと到達したのか。
そもそも、千葉・茨城の地震を記録しようと思ったのは、東日本大震災の巨大な震源域の北端と南端に負荷がかかっているということを意識してのことだった。千葉・茨城沖が震源域の南端にあたるからだ。2年半経って、ようやくここまで南下してきたのかも。


この間の震度4以上またはM5以上の地震は以下のとおり。
2013年8月27日23時25分頃 択捉島南東沖   M5.1 深さ約10km  最大震度1
2013年8月30日16時36分頃 福島県会津    M4.0 ごく浅い   最大震度4
2013年8月30日17時32分頃 和歌山県南方沖  M4.4 深さ約10km  最大震度4
2013年9月1日8時52分頃  オホーツク海南部 M5.5 深さ約410km 最大震度1
2013年9月2日11時51分頃  日本海北部    M5.8 深さ約500km 最大震度1
2013年9月4日9時18分頃  鳥島近海     M6.9 深さ約400km 最大震度4(当地 震度2)

今朝(4日)の地震は、最初は小刻みな揺れで、その後段々と振幅が大きい揺れとなり、かなり長い間揺れていた。当地は震度2とのことだけれど震度3くらいはあったように思う。地域的に大きなくくりだと、埼玉県南部は震度4となっていた。
緊急地震速報に慣れてしまっているせいか、何も知らせがないのにいきなり揺れるのが当たり前なのに、先に知らせてほしかったと思ってしまう。
それにしても、珍しい震源が続けて揺れている。
鳥島近海で大きなものだと、2012年1月1日(M7.0)が思い出される。このとき、当地は震度3。たまたま車で移動中だったため、揺れを感じることはなかったけれど、かなりの揺れだったという話。
その後、鳥島近海震源は、2012年に3回、2013年はすでに3回起きていて、今回が4回目。すべてがM5クラスで、深さ400〜500kmほどの深発。
日本海北部震源は、極端に少なくて、2009年12月24日(M6.2)に1回、2012年7月29日に1回(M5.7)。年1回も揺れてない。こちらもすべて深さ400〜500kmほどの深発。

個人的に気になっているのは、近畿地方。
理由は二つ。
ひとつは、スーパープリューム説によるもの。南太平洋の地下3000mで生まれたスーパープリュームは、北上しながら3つのルートに分かれるのだというのだけど、「スマトラ→中国ルート」というのがそのひとつ。今回、8月16日ニュージーランドでM6.5が発生、そしてその後31日に中国でM5.9が発生。
これが日本に到達するとまた3つのルートがあるというのだけど、九州の火山帯が活発化すると、その流れは瀬戸内海を通って関西へとつながるという。8月18日には桜島が大規模な噴火をしたというし、スーパープリューム説にしてはちと速い流れだけれど。
もうひとつは、今年の猛暑の中心が西日本に思えること。全国的に軒並み高温地点が多くなった今夏だったけれど、35度以上の猛暑日の日数を見ていくと、上から50地点ののべ日数で一番多いのは岐阜県、次いで大阪府と福岡県。気温については様々な見方があるのでなんともいえないが、岐阜県は常連として、大阪府がここに位置しているのには少々違和感がある。
いずれにせよ、漠然とでも、東海から九州にかけてが暑かったとはいえると思う。

国外での地震。
2013年8月31日1時25分頃 アリューシャン列島 M7.0

ただの偶然だとは思うのだけど、昨日・一昨日と軽いめまいを感じる日だった。
かなり遠くて深い震源だった鳥島近海の前兆を捉えていたとは思えない。

台風も発生している中、越谷では竜巻で大きな被害が出てしまった。
地震や津波なら少しは何かできても、竜巻となると普段からは備えようがない。
今年は各地でのゲリラ豪雨も深刻な被害を出しているし、災害の恐ろしさを改めて感じる。
防災の日も過ぎてしまったけれど、またここで日頃の備えの点検をしないといけないなと思う。
posted by nbm at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする