2015年02月27日

1週間チャレンジ

唐突に、食費についてのチャレンジをしてみた。
恥ずかしながら、月々の食費について予算を決めて使うようなやり方はしていない。ただ、家計簿はつけているので、どのくらいのお金を使っているか感覚はあり、月々の食費はほぼ安定していて、大体4万円くらい。
献立を決めてから食材を買うことは珍しく、スーパーでその日にお安くなっているものを買い、そこから献立を組み立てるのが常だ。
うちでの献立は一汁二菜が基本。メインのおかずと副菜、それに汁物がつく感じ。メインがボリュームのある献立なら、メインと汁物だけのときもあるくらい。2人で3食すべてを家で食べる。カロリーや栄養バランスを考え、野菜は1日300g以上は摂るように心がけている。カロリーは1食500kcalほど。質素な方だとは思うが、体のことを考えてのことなので。ちなみに、ダンナさんのカロリーはもう少し多くて、これは炭水化物の量で調整している。
外食をしたり惣菜やお弁当を買うことは稀で、あっても月に数回程度。ちなみに、夫婦ともに家でお酒は飲まない。ただ、お菓子は大好き(笑)果物などのデザートは夕食後に摂っている。

給料日まであと1週間となったところで、ふと考えた。
これからの1週間を一体いくらで乗り越えられるだろうか、と。
上に書いたように、予算を決めて食費を節約してこなかった私には、新鮮なひらめきだった。はい、ただのアホな子です。
とはいえ、家にはすでにかなりの食材ストックがある。出発点はズルしていることになるが、これから最低限の買い物だけするとして、どのくらいのことができるだろうかと思ったわけだ。
単純に考えると、今までのうちの感覚からすれば、1週間の食費は1万円ほどとなる。今回は外食や嗜好品を除き、純粋に食事にかかる食費のみで考えることにする。
さてさて……

まず、すでに家にあった食材はというと、
メインになるたんぱく質は、卵・豚ロース・豚赤身ひき肉・豚ひき肉・豚肩肉・牛肉・カジキマグロ。
野菜は、大根・トマト・きゅうり・にんじん・まいたけ・ブロッコリー・白菜・ほうれん草・もやし・ねぎ・ごぼう・冷凍いんげん・冷凍揚げなす・しょうが・にんにく。
主食としては、米・食パン・マカロニ・スパゲティ・生ラーメン・そばなど。
他に、冷凍かきあげ・ツナ缶・油揚げ・豆腐・かにかま・生わかめ・ゆで大豆・しらたき・トマト缶・高野豆腐・マロニー・カップスープ・梅干し・ベーコン・ハムなど。

それをふまえて残り1週間で買い足したものはというと、
じゃがいも・キャベツ・玉ねぎの3品で480円。
卵・食パン・牛乳の3品で508円。
豚レバー・ピーマンの2品で362円。
以上で1,350円なり。でも、野菜類は全部使ったわけではないので、実質1,000円程度になるかな。
事前のストック食材が多かったとはいえ、2人分1日3食1週間を追加1,000円でなんとか乗り切れた。

朝食は、大体がパンと卵とサラダか、納豆とお味噌汁とサラダという感じで、朝食のために買い足したものはほぼないので、特に記述しない。
大まかには、たんぱく質は一人分で1食40g〜120g程度を使う。野菜は、一人分1食100g以上使うのが基本。あとは1日のうちでバランスを取るように計算している。
昼食と夕食の献立を挙げてみる。()内は、使用した主な食材。
<1日目>
昼食
偽かに玉丼(卵・かにかま・たけのこ・まいたけ)
スープ(もやし)
夕食
カジキマグロのパン粉焼き(カジキマグロ・にんにく)
マカロニサラダ(マカロニ・玉ねぎ・にんじん・きゅうり・ハム)
スープ(玉ねぎ・ベーコン)
<2日目>
昼食
ポークチャップ(豚ロース・玉ねぎ・まいたけ)
ブロッコリー
カップスープ
夕食
高野豆腐の煮物(高野豆腐・豚赤身ひき肉・玉ねぎ・にんじん・冷凍いんげん)
大根サラダ(大根・ハム・梅干し)
味噌汁(キャベツ・油揚げ)
<3日目>
昼食
ラーメン(豚肩肉・玉ねぎ・にんじん・白菜)
夕食
肉じゃが(牛肉・じゃがいも・玉ねぎ・にんじん・しらたき)
味噌汁(大根・油揚げ)
<4日目>
昼食
かきあげそば(冷凍かきあげ・卵・ねぎ)
ごまあえ(ほうれん草)
夕食
豚肉と玉ねぎの酢豚風炒めもの(豚肩肉・玉ねぎ・にんじん)
サラダ(きゅうり・ツナ缶)
スープ(カップわかめスープ・ハム・しょうが)
<5日目>
昼食
いなりずし(油揚げ)
玉子焼き(卵)
即席つけもの(キャベツ)
味噌汁(豆腐・わかめ)
夕食
チャプチェ(牛肉・玉ねぎ・にんじん・マロニー)
味噌汁(大根・油揚げ)
<6日目>
昼食
トマトソーススパゲティ(玉ねぎ・ベーコン・冷凍なす・トマト缶・にんにく)
ブロッコリー
夕食
レバー炒め(豚レバー・キャベツ・ねぎ・しょうが)ニラを買い忘れたのでニラ抜き。
味噌汁(大根・油揚げ)
<7日目>
昼食
キャベツチャーハン(キャベツ・ハム)
クリームスープ(玉ねぎ・まいたけ・ベーコン)
夕食
豚ひき肉と大豆のハンバーグ(豚ひき肉・ゆで大豆・玉ねぎ・しょうが)
きんぴら(にんじん・ごぼう)
味噌汁(じゃがいも・玉ねぎ)

買い足したものの中で、ピーマンは7日目の朝食に使った。
前日の昼食で作ったトマトソースを少しとっておいて、食パンに乗せてピーマンとチーズを使ってピザトーストに。

以前から思っていたことだけれど、玉ねぎ・にんじん・じゃがいもの3つがあれば、いろんな献立のバリエーションができるので便利。あとは大根とキャベツか白菜あたりがあればなんとかなる。栄養面を考えると、できればほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜を加えたいところ。
それと、やっぱりにんにくとしょうがは常備しておくべき。チューブでもいいけど。
詳しくは書いていないが、調味料系はいろんなものが揃っているので、一度揃えてしまえば便利。コチュジャンは意外と使う頻度が高いし、ピクルスもポテトサラダやパン粉焼きのアクセントに欠かせない。ごまもそのまま使ったり、すって使ったりと多用。
今回、収穫だったのは、冷凍揚げなす。初めて使ってみたのだけれど、便利だった。元はといえば、この季節になすは高くて買う気にならず、冷凍ものの方が安かったのだが、思ったほど油っこくなくて、色々と使えて便利。
反省点は、魚が少なかったこと。元々のストックに魚がほとんどなかったのが原因とはいえ、いただけない。実際、当地では魚は肉より割高なので、頻度としては少なくなりがち。たんぱく質は、1日のうちなるべく同じものが重ならないように努力しているのだが、食材が限られてくると難しい。たんぱく質だけでなく、品目を多く摂ることも心がけているのだが、当然のことながら素材をケチればケチるほど難しくなってくる。
当地は、畑がそこここにあるので地場野菜が新鮮だし安く手に入る。加えて、いただきものの野菜も多い。今回のにんじんとほうれん草は大量にいただいたもの。おまけに、スーパーが競合しているので、物価は安いと思われる。ただし、海無し県なので新鮮なお魚がないのが玉に瑕。

さて、最終的に今月の食費は……30,728円!
2月ということで日数が少ないこともあるけれど、いつもより1万円くらい少なく済んでいる。
正直なところ、今月はお米を買っていないので、買っていればあと3000円ほどかかっていたことになる。うちでは、10kgのお米が1ヶ月半くらいでなくなるくらいのペース。月平均だと米代がひと月1800円ほどの計算。
贅沢はしないけれど、食費をケチり過ぎて栄養バランスを崩すことはしたくないので、たまにこういったチャレンジをやってみるのはよいのだけれど、やはり使う品目が限定されてきて栄養が偏りがちになるのでは本末転倒。
ただ、やればできるもんだなという自信にはなった。例えば、災害時に家にあるものでなんとかしのごうと思えばしのげるかも、とか。
私は特に料理上手というわけでなく、しいて言えばあまり苦にならないという感覚。主婦歴もなかなかのものになってきたので、結婚してから料理をやり始めたといっても、ひと通りのものは作れるようになっている。
カロリーや栄養バランスを考えて作るため、毎日毎食の献立はノートで計算しながら記録しつつ作る。1日のうちに辻褄を合わせるのにも便利。健康状態などもメモしているため、後から何かと見返すことも多い。
こうした計算した食生活を初めて10年目になる。ノートは半年で1冊使うから、もう20冊くらいになっているはず。
この生活を初めて、つくづく食べたものが自分の体を作っていることを痛感する。我々夫婦は、いい歳になるまで食生活にあまり気を配ってこなかったためツケが回ってきた。だからこそ、子どもたちや若い人たちにも食生活が体を作ることをもっと意識することを勧めたい。若い頃は多少は無理もきくのだけれど、年齢を重ねると同じような食生活では体が破綻してしまうからだ。
食費を節約することも大事なのだけれど、体のことも考えて無理をしないのも大切。節約には手間も時間もかかるから、思い切りそれらをお金で買った方がよいこともあるし。どちらにしろ、バランスを考えて食べることが一番大事だと思う。
posted by nbm at 10:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

2015年2月7日からの地震メモ

2015年2月7日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2015年2月7日15時19分頃 千葉県北西部 M3.9 深さ約80km 最大震度2 (当地 震度1)
2015年2月7日21時55分頃 茨城県沖 M3.6 深さ約50km 最大震度1
2015年2月9日8時10分頃 茨城県南部 M2.8 深さ約50km 最大震度1
2015年2月9日19時48分頃 千葉県東方沖 M3.9 深さ約10km 最大震度2
2015年2月9日22時36分頃 茨城県南部 M3.2 深さ約50km 最大震度2
2015年2月10日1時29分頃 茨城県北部 M2.6 深さ約10km 最大震度1
2015年2月11日15時22分頃 茨城県南部 M2.8 深さ約50km 最大震度1
2015年2月11日19時9分頃 茨城県南部 M3.0 深さ約50km 最大震度1
2015年2月12日5時49分頃 千葉県東方沖 M3.5 深さ約50km 最大震度1
2015年2月13日19時48分頃 茨城県北部 M3.1 深さ約10km 最大震度2
2015年2月14日2時36分頃 千葉県東方沖 M3.0 深さ約10km 最大震度1
2015年2月15日9時14分頃 茨城県沖 M4.6 深さ約20km 最大震度2
2015年2月17日2時47分頃 千葉県北西部 M3.7 深さ約80km 最大震度1
2015年2月17日16時20分頃 茨城県沖 M4.2 深さ約40km 最大震度2
2015年2月20日0時22分頃 茨城県南部 M2.8 深さ約50km 最大震度1
2015年2月20日21時48分頃 栃木県北部 M2.6 深さ約10km 最大震度1
2015年2月21日2時12分頃 茨城県沖 M3.9 深さ約40km 最大震度1
2015年2月22日6時56分頃 東京湾 M2.7 深さ約20km 最大震度1
2015年2月22日20時55分頃 茨城県沖 M3.7 深さ約40km 最大震度1
2015年2月23日17時0分頃 千葉県北西部 M4.5 深さ約80km 最大震度3 (当地 震度1)

引き続き、千葉県北部から茨城県南部にかけての内陸側が活発な印象。
千葉県から茨城県の沖も微妙に活発。
そして、有感地震が間欠的というか、活発化したかと思ったら沈黙……みたいなパターンを数日単位で繰り返しているのが気になるところ。
いつもどおりといえばそのはずなのだけれど、なぜか気になる。


この間のM5以上または震度4以上の地震は以下のとおり。
2015年2月17日8時6分頃 三陸沖 M6.9 深さ約10km 最大震度4 (当地 震度1)
2015年2月17日13時46分頃 岩手県沖 M5.7 深さ約50km 最大震度5強
2015年2月18日1時33分頃 三陸沖 M5.7 深さ約10km 最大震度2
2015年2月20日13時25分頃 三陸沖 M6.1 深さ約10km 最大震度3
2015年2月21日4時28分頃 浦河沖 M5.1 深さ約60km 最大震度3
2015年2月21日19時13分頃 三陸沖 M5.9 深さ約10km 最大震度2
2015年2月23日4時43分頃 三陸沖 M5.0 深さ約10km 最大震度2

17日の三陸沖と岩手県沖は、東日本大震災の巨大な震源域の北端側。南北の両端が揺れ残っているというのは当初から言われていることで、今回北端側が少し大きな規模で揺れたことになる。
さて、南端側の茨城・千葉はいまだにさほど揺れずにいるが、次に大きく揺れる場所を考えると可能性は高くなった。

ただのメモだが、リビングと寝室と両方の蛍光灯が同時に切れかかっている。「チッカ、チッカ」という切れ方でなく「シュババババッ」となる感じ(笑)
昨日の関東地方は、2月としては異例の暖かさ。中には20度を超えたところもあったとか。春が近づいているわけだから、こんな日があってもいいはずなのだが、極度の気温差があるときに大きめの地震が発生する確率が高いような気がするのでイヤな感じ。
posted by nbm at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

2015年1月24日からの地震メモ

2015年1月24日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2015年1月24日18時24分頃 八丈島東方沖 M4.6 深さ約40km 最大震度1
2015年1月25日19時41分頃 鳥島近海 M5.7 深さ約430km 最大震度1
2015年1月26日7時20分頃 千葉県北東部 M4.9 深さ約40km 最大震度4 (当地 震度1)
2015年1月26日7時34分頃 千葉県北東部 M3.8 深さ約40km 最大震度2
2015年1月26日23時11分頃 栃木県北部 M2.7 深さ約10km 最大震度2
2015年1月28日21時21分頃 千葉県東方沖 M3.3 深さ約10km 最大震度1
2015年1月28日23時30分頃 栃木県北部 M2.8 深さ約10km 最大震度1
2015年1月29日10時34分頃 茨城県南部 M2.9 深さ約50km 最大震度1
2015年1月30日20時31分頃 茨城県南部 M4.7 深さ約50km 最大震度3 (当地 震度1)
2015年1月31日15時52分頃 千葉県北西部 M2.9 深さ約20km 最大震度2
2015年2月2日18時6分頃 千葉県東方沖 M4.1 深さ約10km 最大震度2
2015年2月3日19時37分頃 千葉県南東沖 M3.2 深さ約70km 最大震度1
2015年2月4日14時54分頃 伊豆大島近海 M2.2 ごく浅い 最大震度1
2015年2月4日15時0分頃 群馬県南部 M3.3 深さ約80km 最大震度1
2015年2月4日15時8分頃 伊豆大島近海 M3.1 ごく浅い 最大震度2
2015年2月4日16時5分頃 茨城県沖 M3.8 深さ約30km 最大震度1
2015年2月6日18時6分頃 茨城県南部 M3.3 深さ約50km 最大震度1

やはり、千葉県北部から茨城県南部にかけての内陸側が活発な印象。
前回、前々回の地震メモで気になっていた地域だったのですが、1月26日千葉県北東部(M4.9)と1月30日茨城県南部(M4.7)が発生していて、尚更気になってきました。
内陸だけでなく、千葉県から茨城県の沖も相変わらず活発。


この間のM5以上または震度4以上の地震は以下のとおり。
2015年1月23日18時11分頃 福島県沖 M4.2 深さ約40km 最大震度3
2015年1月26日7時20分頃 千葉県北東部 M4.9 深さ約40km 最大震度4 (当地 震度1)
2015年2月1日0時42分頃 石川県能登地方 M4.4 深さ約20km 最大震度4
2015年2月6日10時25分頃 徳島県南部 M5.0 深さ約10km 最大震度5強

徳島県南部(M5.0)は、いきなりでしたね。何の前触れもなく揺れました。
ちなみに、徳島県南部で前回有感地震があったのは、2014年4月3日(M3.6・最大震度2)。
1月25日のこと。愛媛県今治市沖の瀬戸内海で、ザトウクジラや100頭近いイルカの群れが目撃されたとか。特にザトウクジラがこの地域で目撃されることは極めて珍しいとのことで、イルカの大群がその近くの海域で目撃されたのはそれから約1時間後。
愛媛県沖と徳島県じゃ関係ないと思うのが普通かもしれませんが、普段いない瀬戸内海に入ってきたということは、普段は太平洋側にいるはずのザトウクジラが迷い込んだということで。クジラ単体でなくイルカの大群もということになると、勘ぐりたくもなります。
昨年10月下旬頃には、同じく瀬戸内海の兵庫県姫路市沿岸部でザトウクジラやイルカが目撃され、珍しい現象とのことでした。
太平洋側の沿岸部を通っているときに、何事か起こって、瀬戸内海方面に逃れてきたのではと想像してしまいます。
南海トラフは大丈夫か、ちょっと心配。
これが前震だったり、大規模な南海地震の予兆でなければよいのですが……
posted by nbm at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする