2015年11月21日

2015年11月5日からの地震メモ

2015年11月5日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2015年11月5日 17時23分頃 八丈島東方沖 M5.0 深さ約20km 最大震度1
2015年11月5日 20時58分頃 茨城県南部 M3.1 深さ約90km 最大震度1
2015年11月6日 22時16分頃 父島近海 M4.0 深さ約10km 最大震度1
2015年11月7日 4時20分頃 千葉県東方沖 M3.2 深さ約10km 最大震度1
2015年11月7日 22時44分頃 茨城県南部 M4.9 深さ約110km 最大震度4 (当地 震度2)
2015年11月11日 0時28分頃 千葉県東方沖 M2.9 深さ約20km 最大震度1
2015年11月11日 2時44分頃 千葉県東方沖 M3.7 深さ約10km 最大震度1
2015年11月13日 0時57分頃 茨城県沖 M3.4 深さ約40km 最大震度1
2015年11月13日 3時52分頃 新島・神津島近海 M2.1 ごく浅い 最大震度1
2015年11月13日 6時22分頃 茨城県沖 M3.7 深さ約50km 最大震度1
2015年11月13日 21時17分頃 茨城県沖 M3.4 深さ約50km 最大震度1
2015年11月18日 7時46分頃 茨城県南部 M3.0 深さ約40km 最大震度1
2015年11月20日 8時15分頃 茨城県北部 M4.4 深さ約10km 最大震度3
2015年11月20日 10時8分頃 父島近海 M5.3 ごく浅い 最大震度1
2015年11月20日 12時37分頃 千葉県東方沖 M3.1 深さ約60km 最大震度1
2015年11月20日 14時31分頃 硫黄島近海 M6.0 深さ約10km 最大震度2
2015年11月20日 14時45分頃 茨城県沖 M2.8 深さ約10km 最大震度1
2015年11月20日 16時6分頃 父島近海 M4.9 深さ約10km 最大震度1

茨城県南部(M4.9)は、嫌なポイント。
地震額の権威であった故・溝上恵さんの説が頭に残っているからです。
溝上さんは、茨城県沖→茨城県南部→南関東直下地震という連鎖を指摘されていました。 
本来、関東大震災のような南関東の地震は、200年周期で繰り返されているようなので、この周期どおりだと考えれば、次回はまだまだ先の話になるわけですが、東日本大震災という想像を絶する規模の地震が起こった今、素人考えだとしても、それ以前の常識は崩れ去ったと考えるべきだと思います。
残念ながら、溝上さんは東日本大震災前にお亡くなりになっているため、今、お考えが伺えないのが残念でなりません。
東日本大震災直後に、茨城県沖ではM6以上で震度4以上の地震は7回発生しています。すでに、第一段階は発動していて、これで太平洋プレートが沈み込み、フィリピン海プレートを刺激して、次の段階の茨城県南部地震を起こします。そして、南関東直下地震へとつながるというシナリオ。
なので、茨城県南部を注視していますが、本当のところは誰にもわかりません。


この間のM5以上または震度4以上の地震は以下のとおり。
2015年11月5日 17時23分頃 八丈島東方沖 M5.0 深さ約20km 最大震度1
2015年11月7日 22時44分頃 茨城県南部 M4.9 深さ約110km 最大震度4 (当地 震度2)
2015年11月14日 5時51分頃 薩摩半島西方沖 M7.0 深さ約10km 最大震度4
2015年11月14日 6時17分頃 薩摩半島西方沖 M5.1 深さ約10km 最大震度2
2015年11月15日 4時20分頃 薩摩半島西方沖 M5.8 深さ約10km 最大震度3
2015年11月15日 5時34分頃 薩摩半島西方沖 M5.0 深さ約10km 最大震度2
2015年11月18日 13時38分頃 薩摩半島西方沖 M5.0 深さ約10km 最大震度1
2015年11月19日 18時33分頃 福島県沖 M4.8 深さ約50km 最大震度4
2015年11月20日 10時8分頃 父島近海 M5.3 ごく浅い 最大震度1
2015年11月20日 14時31分頃 硫黄島近海 M6.0 深さ約10km 最大震度2

薩摩半島西方沖(M7.0)は、唐突で驚きました。珍しい場所でいきなりのこの規模。
その後、薩摩半島西方沖では数多くの地震が発生し群発化しています。
一方、小笠原諸島や伊豆諸島方面でも、規模の大きい地震が多くなっています。


海外の主な地震。
2015年11月19日 3時31分頃 ソロモン諸島 M7.0
posted by nbm at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

お勤め

働き始めて2週目。
午後一で会社に着いていなければならないので、お昼を早めに摂らなければならないのがちょっと大変。
うちは朝が遅いので、あまりお腹が空いていない時間帯に無理に詰め込むことになってしまう。
でも、外で食べたり、お弁当を持って行ったりすることを考えれば、それよりは楽だと思う。
毎日ダンナさんがお昼を食べに帰ってくるので、お昼ごはんを早めに作っておいて、先に食べて出かける感じ。
最寄り駅まで自転車で出ようと考えていた私だが、ダンナさんに釘をさされてバスで通っている。
基礎体力がない自分にとっては、たとえ最寄り駅までの行き帰りだけだとしても、自転車とバスでは体へのダメージがかなり違うのは確かだ。少なくとも、この生活に慣れるまでは、自転車は自重しておこうと思う。
交通費がかかるのは痛いのだけれど、体の調子を壊してしまっては元も子もない。

バスに頻繁に乗ると、降車するときに「チケットが付きました」とか「チケットを使いました」とアナウンスされるのを耳にすることがある。この辺りのバスは、後ろから乗車して前から下車するタイプで、後払い。
「SUICA」や「pasmo」を使用すると、例えば1000円につき100円のチケットが付き、次回の乗車の際にその分が割引されるなどというシステムがあるのだ。大体、5回乗ったら、1回半額になるくらいな感じ。月ごとにリセットされるが、ポイント累計(1ポイント=1円)で割引金額が変わるらしい。例えば、3000円を超えるとチケットは160円付くようになる。
毎日乗車するわけではなく、定期券を買うほどではない私のような人間には、嬉しいサービスだ。ひと月に1000円ほど割り引かれる計算になる。ありがたい。

勤務先の最寄り駅が各駅停車の駅なので、意外と通勤に時間がかかるのが難点。そして、バスとの乗り継ぎが悪い。ゆえに、片道1時間ほどかかってしまうのだが、とはいえ、乗り換えがないのは楽ちん。大抵は、座れるし。
車で通うことができれば、一番早いし楽でもあるけれど、駐車場代がかかりそうだし、駐車場をいちいち探して停めるのも面倒だ。
体力がある人ならば、自転車通勤も可能だと思うが、時間的には電車・バス利用と変わらないと思われ。

仕事の方ば特に問題もなく。
私は、いわゆる会計ソフトというものを扱った経験がないので、そこが少々不安ではあったのだけれど、すぐに操作を把握して、数日で小難しい基本情報の修正をするなど込み入ったこともできた。
仕事を指示してくれる人は一人だけなので、その方との相性が重要だなと思っていたが、悪くはない。
毎日のようにおやつや飲み物をいただいたりしながら、和気あいあいとやっている。
説明が少なくて自力で解決を迫られることが多いので、客観的にはムチャぶりだと思われる仕事も多い気はするが、私にとっては放り投げたくなるようなレベルでもないので、なんとかこなしている。
冷静に考えると、この仕事内容だったら、自分で考えて動かないといけないから、経験の少ない人だと難しいかもしれないと思えるので、私のように薹が立った人間が抜擢されたのもうなずけるような気もする。

派遣社員という位置づけについて、自分自身が何分初めてなもので少々ぎこちない点はあるものの、社員さんたちも比較的感じのよい方が多く、社風は明るい感じ。
ただ、自分専用の机やロッカーなどはなく、間借りしている感じだし、筆記具などをいちいちお借りするのも面倒なので、自前で持って行き、その都度持って帰ってくることにした。文具にはこだわる方なので、その方が気持ちよく仕事ができるし。電卓も使い慣れた自前のものを持ち込み。

最初に「オフォスカジュアル」と指定された服装も、今のところは社外に出る仕事も与えられないので、「カジュアル」で構わないということで、初日こそジャケット着用で行ったが、あとはけっこうテキトーな格好で行っている。ただし、ジーンズやスニーカーは流石にいまのところは自重。

ダンナさんは、洗い物をしたり、洗濯物をたたんだりと積極的に家事を手伝ってくれている。
ありがたい限りである。
そんな中でも毎日1時間のウォーキングは続けていて、体力も徐々についてきたのを感じるし、体重も少しずつ減ってくれている。
8月から始めたウォーキング。あまり減らなかった体重が10月後半にやっとスイッチが入ったように徐々に減るようになってきてくれた。現在、最大値から考えると4kg以上は減った。内臓脂肪レベルはマイナス2。
ウォーキングの途中で体操はするのだけれど、それ以外に家でサーキットトレーニングをすることにしたのが痩せ始めたきっかけだったかもしれない。
ちなみに、摂取カロリーは1日平均1600kcalほど。極端に減らしてはいない。私の場合は、あまり炭水化物を抜くと便秘になったりするし、逆に体重が減らなくなったりしていいことがないので、たまに夕食のごはんを抜く程度。長期間のダイエットを考えているため、間食は少しずつなら摂っていて、「美味しいものが食べられない」といったストレスはない。
睡眠時無呼吸症候群(中等症)と診断されているが、最近は呼吸が止まることはなくなっている様子。(ダンナさん談)
月に2kgペースが目標なので、このまま続けて順調に減量できるとよいのだけれど、気の長い話。
タンスの肥やしになっている洋服が着られるようになるといいなぁ、などと思いつつ。
posted by nbm at 12:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

2015年10月13日からの地震メモ

2015年10月13日からの地震メモです。


千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2015年10月13日 0時3分頃 茨城県北部 M3.0 深さ約10km 最大震度1
2015年10月15日 5時35分頃 千葉県東方沖 M4.4 深さ約10km 最大震度2
2015年10月15日 10時6分頃 茨城県南部 M2.9 深さ約50km 最大震度1
2015年10月16日 5時36分頃 栃木県北部 M3.0 深さ約10km 最大震度1
2015年10月21日 6時42分頃 茨城県沖 M3.7 深さ約30km 最大震度1
2015年10月21日 12時53分頃 八丈島東方沖 M4.4 深さ約90km 最大震度1
2015年10月21日 14時59分頃 茨城県沖 M3.4 深さ約80km 最大震度1
2015年10月24日 13時13分頃 千葉県北西部 M3.9 深さ約80km 最大震度2 (当地 震度1)
2015年10月25日 0時42分頃 神奈川県西部 M2.2 深さ約10km 最大震度2
2015年10月27日 12時1分頃 茨城県沖 M3.4 深さ約40km 最大震度1
2015年10月27日 15時19分頃 千葉県東方沖 M3.2 深さ約20km 最大震度1
2015年10月27日 18時12分頃 千葉県東方沖 M3.5 深さ約50km 最大震度2
2015年10月27日 18時38分頃 茨城県沖 M3.3 深さ約50km 最大震度1
2015年10月28日 10時51分頃 千葉県東方沖 M3.3 深さ約10km 最大震度1
2015年10月28日 14時44分頃 千葉県東方沖 M3.4 深さ約10km 最大震度1
2015年10月29日 7時34分頃 茨城県北部 M2.8 深さ約10km 最大震度1
2015年10月30日 6時51分頃 群馬県北部 M2.6 深さ約10km 最大震度2
2015年10月31日 23時20分頃 茨城県南部 M4.5 深さ約50km 最大震度2
2015年11月1日 21時4分頃 茨城県北部 M3.2 深さ約10km 最大震度1
2015年11月1日 21時6分頃 茨城県北部 M3.3 深さ約10km 最大震度1
2015年11月3日 14時11分頃 茨城県北部 M3.0 深さ約10km 最大震度1
2015年11月4日 8時56分頃 茨城県沖 M4.3 深さ約10km 最大震度2
2015年11月4日 15時28分頃 茨城県北部 M3.2 深さ約10km 最大震度1
2015年11月4日 23時1分頃 千葉県東方沖 M3.6 深さ約20km 最大震度1

大体2週間毎の記録をこころがけていますが、今回は3週間分の記録となってしまいました。
それにしても、数が多く感じられます。
特に10月末辺りから千葉県東方沖が活発化しているような。


この間のM5以上または震度4以上の地震は以下のとおり。
2015年10月13日 9時17分頃 宮古島近海 M5.0 深さ約70km 最大震度3
2015年10月17日 17時53分頃 鳥取県中部 M3.9 深さ約10km 最大震度4
2015年10月18日 8時30分頃 鳥取県中部 M4.2 深さ約10km 最大震度4
2015年10月18日 8時36分頃 鳥取県中部 M4.3 深さ約10km 最大震度4
2015年10月20日 18時29分頃 小笠原諸島西方沖 M5.7 深さ約280km 最大震度3
2015年10月21日 15時4分頃 福島県沖 M5.5 深さ約30km 最大震度4 (当地 震度1)
2015年10月31日 16時56分頃 秋田県沖 M5.0 深さ約10km 最大震度2
2015年11月1日 12時48分頃 浦河沖 M5.1 深さ約70km 最大震度3

鳥取県中部での群発も珍しいですね。
秋田県沖震源も珍しい地震。有感地震に限れば、東日本大震災の翌日にM6.4が発生しているが2013年は一度も揺れていないし、2014年は1回のみ。そして、2015年は7月27日(M3.6)にあって、今回が2回目。
他も、日本全国活発な印象です。日本全体が地下から温められてそこここで沸騰している感じです。今年は各地の火山も活動が活発ですしね。

ちなみに、10月14日は、日本全国で有感地震がゼロの日でした。これも珍しい。


海外の主な地震。
2015年10月21日 6時52分頃 バヌアツ諸島 M7.3 深さ約120km
2015年10月26日 18時9分頃 アフガニスタン/ヒンドゥークシ M7.7 深さ約210km

10月25日、インドネシア中部のロンボク島にあるリンジャニ山が噴火したという話も。
南太平洋→インド付近という流れが嫌な感じです。
南太平洋の地下3000mから上昇してきたマグマが環太平洋の地下を巡っているというスーパープリューム説を参考にすると、この後、日本に到達したスーパープリュームは日本海沿岸・瀬戸内海・南海トラフ(太平洋沿岸)の3つのルートに流れるというのですが、時間は前後していますが、今回は日本海ラインが活発になっていますね。
恐ろしいのが南海トラフ(太平洋沿岸)で、このルートが一番流れが遅く、その分エネルギーを溜めやすいというのです。

東南海地震や、東日本大震災の巨大余震、関東沿岸・直下地震は、いつ起きても不思議ではないと言われて久しいので、油断しないよう気をつけたいものです。
posted by nbm at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

ニート脱出

唐突に、働くことになった。

大学を卒業してから10年以上勤めた会社を辞め、税理士試験に挑戦するも脱落。
その後は在宅でライターの仕事をしながら、税理士をしていた実家の父の手伝いをしていたけれど、それらの仕事も失くなって早5年。
それからは、短期のアルバイトを1回したのみ。
ダンナさんからは「ニート」と呼ばれていた(苦笑)

短期アルバイトをした年の暮れには、両親が相次いで倒れて、働くどころではなくなってしまった。
父が亡くなり、母が施設に入りようやく落ち着いた頃には、心身ともに疲弊して、働く気力もなかったし。
そんな体も癒えてそろそろ動き出そうかと思い始めた矢先に、スズメバチに襲われ階段から転落して肘を骨折。肩も痛めて、やっと良くなってきたのが今年の9月頃。
10月頃からは、本格的に就職活動するか、と思っていたが、重い腰は上がらぬまま。まだまだ受動的な感じだった。
ただ、忘れかけていた簿記を復習したりはしていた。狙いは経理事務なので。
スーパーなどに置いてある無料の求人誌には必ず目を通していたし、登録している派遣会社からは毎日のようにお仕事情報が届くのだけれど、コレというものがなく。そろそろハローワークにでも出向くべきだろうかと考えていた。
すると、いつものように届いた派遣会社からの情報で目を引くものがひとつ。
一晩考え、ダンナさんにも相談し、ダメ元でエントリーしてみた。

大体、この歳でブランクも長いのに、派遣で職を得ようなどと虫が良すぎると思っていたし、普通に求人に対して履歴書を送ったりしても、事務仕事じゃ何十通も無駄にすると思っていた。
それなのに……

エントリーした日、派遣会社から連絡があった。
詳しい会社情報や細かい条件を教えてもらったのだが、話を進めてよいかと訊かれる。
な、なんだってー!?
ぜひお願いしますと答えると、その日のうちに担当営業から連絡があり、職場見学が決まった。
つまり、1日目、情報を得て悩む。
2日目、エントリーして職場見学が決まる。
3日目、職場見学をして、その直後に採用の連絡をいただく。
と、エントリーした最初の会社で、3日で仕事が決まってしまった。
びっくりだよ。

働くといっても、最初から扶養控除内が条件だったので、週3回それも午後だけの仕事。
小さな会社での経理中心の事務だけど、それも私が元々希望していたスタイルだ。
同じ沿線なので通いやすいし。
実際のところは、働き出してからでないと実情はわからないけれど、これで3年働けるなら非常にありがたい。
そのうち、例えば扶養控除内で満足できないようになったりして状況が変われば、他に行きたいと思うかもだけど。
あとは、小規模な会社であるがゆえに、人間関係で悩まないことを祈るのみ。
オフィスで働くのは本当に久しぶりなので、イマドキのいろいろなことに適応していけるか不安な面もあるけれど、経験を積んだり勉強になったりすることも多いと思う。

ひとつ困ることは、着て行く服がないこと(笑)
長いことカジュアルな格好ばかりしてきたし、昔の服は取ってあっても入らない……
ここにきてやっと順調に痩せ始めたので、地道にサイズダウンしていくとは思うけれど、気の長い話で。
まず、職場見学(実質は面接)に着て行くジャケットがなくて、奔走した。手持ちはカジュアル過ぎたり、ボタンが閉まらなかったり。
ちゃんとしたスーツのジャケットだと既成サイズは合わないし、直したり作ったりするヒマがない。
あちこち探しまわったけれど、ストレッチが効いているジャケットでサイズが合うものをひとつだけ見つけた。ただ袖が余ってしまうので、それは間に合わせに自分で袖を折り込んで仮止めすることにした。
スカートは手持ちのポリエステルのプリーツでよいかと思ったが、ダンナさんが「寒そうに見える」というので、テキトーに見繕ってキチンとした感のあるものを買ってきた。最近は、ウエストゴムのスカートが多く売っていて助かる。
靴とバッグは手持ちでなんとかなるが、気づいたらコートがなかった。冬本番のコートはいくつもあるし、春っぽいものはあるが、今くらいの晩秋の時期に着るものはない。
そこは仕方がないので、大判ストールを引っ張り出してきた。
普段は下着のシャツを着ないので、アウターに響かないタイプがないのも困った。
冠婚葬祭以外は何年も履いていなかったストッキングを押入れの奥から引っ張りだしたりして。
まったく大騒ぎだよ。
標準体型の人なら、急な入り用でもそこそこ準備できるのかもしれないが、私のように既製サイズが合わない人は、事前の準備が大事だと思う。
つまり、私はそれだけ自分の予想外に急激に事が進んでしまったというわけ。
職場見学はなんとか乗り切ったけれど、もう少し通勤服を調達しないといけないな。カタい職場ではなさそうなので、様子を見つつ許される範囲のものを増やしていこうと思う。

今、就職を考えている方たちに、私のようなダメ人間でも雇ってくれるところがあるという希望と、私のように急な展開に慌てない準備をしておくことも大事だということをお伝えしたかったわけです。
posted by nbm at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする