2016年03月24日

10万+10万+10万=30万

加門七海さんの『墨東地霊散歩』を読んだ。
この手の「地霊もの」は、読書の中で、おそらくこの先もライフワーク的に追い求めるジャンルのひとつになると思っている。
私の中で、中沢新一さんの『アースダイバー』を読んだことをきっかけに、土地の記憶というものを意識するようになった。
土地土地の単なる歴史・民俗みたいなものは数多く記されてきたことと思うが、その土地に染みこんできた記憶という観点から書かれているものは以外に少ないように思う。
単なる歴史と「地霊もの」との違いは何かと問われると、うまく説明できないのだが、時代ごとに層化して埋没している一区画の土地の記憶を層ごと縦に掘り起こしているというか、ピンポイントで時代を遡るというか、そういう着眼点が興味深く思えるのだと思う。
『ブラタモリ』という番組で、タモリさんが現代の土地を歩きつつ、川だったところが暗渠になっているとか海岸線はここだったとか昔の名残を見つけているが、あの感覚が楽しいのだ。
そう、現代の地図と古地図とを重ねて見るような感じ。かつての地形や町並みなどの地図ありきという部分が大事。
私は昔から日本史や世界史などの歴史というものに興味が持てなくて、教科としては一番苦手としていた。歴史は暗記科目という印象が強く、暗記が苦手だからというのが大きいのだけれど、習ったはずなのに本当に憶えていない。
けれども、「地霊」という感覚は、興味を覚えるのだ。
近隣でも、暗渠とか、旧街道とかを認識すると、それだけで楽しい。瞬時に時空を飛び越えているような感覚が魅力なのかもしれない。
歴史的な史実など眼中にない。ただ、歴史にかこつけたファンタジーが、ロマンが欲しいだけなのだ。

さて、『墨東地霊散歩』は、墨田区と江東区を中心とした地域のかつての姿が描かれている。
この地域は著者の加門さんが生まれ育った地域であるので、思い入れが強いだろうことが伝わってくる。
私には縁のない土地で、行くことも少ないし、何も知らない。
そうだな、例えば、2012年の夏、木場公園や大島小松川公園を中心にうろうろしたときのこと。(→過去記事「ズガーン!」で始まり、「モフモフ」で締める
木場公園一帯はお祭りの準備中で、東京都現代美術館前に立派なお神輿が飾ってあった。これが、富岡八幡宮の祭礼「深川祭」で江戸三大祭の1つであったのだ。
「わっしょい!」と掛け声がかかるお祭りだということだが、同じく神輿を担ぐときの「せいや!」という掛け声は江戸では後発で、元々は「わっしょい!」だということをこの本で知った。

恥ずかしながら、相撲の起源も知らなかった私は、回向院の存在も知らず。
明暦の大火の犠牲者10万余の魂を鎮めるために建造された回向院で、勧進相撲が開かれたのが今の大相撲の起源だとこの本に教えられた。
回向院の境内に建てられたのが旧両国国技館だ。
舞踊では、大地を踏みしめる動作は鎮魂の意があると聞いたことがあるが、相撲もそういう意味が込められていたんだろう。
現在、刀剣博物館が安田庭園内の両国公会堂跡地に建設される予定だということだが、加門さんも書かれているけれど、この地にこういったものが集まってくることになったのが面白い。

この辺りは、明暦の大火で10万人、関東大震災で10万人、東京大空襲で10万人と、ざっと合わせて30万人の人々が亡くなっている土地だということ。
2012年の夏、大島小松川公園内のはずれで、神社を移した跡地として石碑が残っていたのを見て、帰ってきてから東京大空襲により南本所牛島神社が焼けてしまった跡だということを知ったのだが、こんな風に場所を移した神社仏閣の話がたくさん出てくる。
江戸時代からこっち、大火・大震災・空襲と、何度も焼け野原になった地域なのだから。

東京都慰霊堂の存在は、かつて加門さんの他の著書の実話怪談で知ったのだけれど、具体的な場所を知らなかった。というか、怖くて調べられなかった。
今回、調べてみたら、両国近くの横網町公園内にあるとわかった。横網町公園のサイトによると
関東大震災による遭難者(約58,000人)の御遺骨を納めるための霊堂として、東京市内で最も被害の大きかった被服廠跡(現在東京都横網町公園)に昭和5年に建てられました。

とある。
後に、東京大空襲などによる犠牲者(約105,000人)の御遺骨も併せて安置されたということだ。
つまりここが、あの恐ろしい火災旋風でたくさんの方が亡くなった地域であり、また大空襲でも多くの犠牲者が出た地域でもあるということになる。
ちなみに、慰霊堂の設計は、築地本願寺や湯島聖堂を手がけたことで知られる伊東忠太。
行ってみたいような、行きたくないような……

他に、「四谷怪談」の「四谷」は、今のスカイツリーの真下辺りに当たるのではないかという説も面白かった。
伊右衛門の住まいは本所、お岩さんのご遺体が流れ着いたのは隅田川と荒川とをつなぐ小名木川の万年橋。という風に、主に墨東界隈が舞台となっているのに、新宿区の四谷は遠すぎるという。
スカイツリーの真下辺りが、かつて「中之郷四ツ谷」と言われていたそうで、基本的には徒歩移動する江戸時代の距離感なら、この「中之郷四ツ谷」の方が妥当なのではないかというわけ。

向島百花園などの風流な花々や昭和の下町らしい話、粋な花柳界の話なども出てくるのだが、陰惨な出来事の方が印象に強く残ってしまった。
行ってみたいスポットもいくつかあるので、それはおいおい。
posted by nbm at 16:48| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

2016年2月23日からの地震メモ

2016年2月23日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2016年2月23日 21時13分頃 千葉県東方沖 M2.4 深さ約30km 震度1
2016年2月24日 4時2分頃 茨城県沖 M4.1 深さ約10km 震度2
2016年2月24日 12時15分頃 茨城県北部 M3.6 深さ約10km 震度3
2016年2月24日 17時1分頃 茨城県沖 M3.4 深さ約50km 震度1
2016年2月25日 6時24分頃 茨城県北部 M2.5 深さ約10km 震度1
2016年2月28日 2時42分頃 茨城県北部 M3.6 深さ約10km 震度2
2016年2月29日 16時18分頃 茨城県北部 M3.1 深さ約10km 震度1
2016年3月1日 7時29分頃 千葉県東方沖 M3.3 深さ約10km 震度1
2016年3月1日 19時41分頃 茨城県沖 M3.5 深さ約60km 震度1
2016年3月3日 7時56分頃 新島・神津島近海 M2.0 ごく浅い 震度1
2016年3月3日 20時9分頃 千葉県東方沖 M3.8 深さ約40km 震度1
2016年3月5日 0時14分頃 茨城県北部 M2.9 深さ約70km 震度1
2016年3月10日 22時46分頃 千葉県東方沖 M4.1 深さ約60km 震度2
2016年3月15日 20時14分頃 千葉県東方沖 M3.7 深さ約30km 震度1

通常どおりといえばそんな感じなのですが、千葉県沖・茨城県沖が気になります。


この間のM5以上または震度4以上の地震は以下のとおり。
2016年3月3日 16時11分頃 宮崎県南部平野部 M4.9 深さ約50km 震度4
2016年3月14日 16時3分頃 トカラ列島近海 M5.3 深さ約230km 震度3

ここには挙げていませんが、三陸沖で15日14時5分頃(M4.8)・16日9時24分頃(M4.7)と立て続けにけっこうな規模で発生しているのは嫌ですね。
上記の千葉県沖・茨城県沖と合わせて、なんだか東日本の太平洋側がザワザワしている感じがします。


日本付近の海外の主な地震。
2016年3月2日 21時49分頃 インドネシア・スマトラ南西方 M7.9

3.11の映像を繰り返し観たりしたためなのか、ここ数日は地震の夢を観ることが多く、自分の中で不安感が増大してきているのが嫌です。
別に予知能力とかは無いし、勝手に不安がっているだけなのですが、東日本大震災直後にしばらく取れなかった不安感に似ているのです。映像に触れたせいでぶり返してしまったのかもしれません。
今日も、録り溜めたアニメを観ていたら、作品中に緊急地震速報が流れて、アニメの中のことなので警告音も実際のものとは違うし、それでも、何もこんな時期にそんなネタを放送しなくてもいいのにと思ってしまいます。
スマトラ沖で、いまだに大規模な余震が繰り返し発生していることを見ても、東日本大震災の余震はいつか発生するでしょう。地球の地軸を歪めたほどのあの地震が、日本の地盤に与えた影響は計り知れませんしね。
もう半年ほど、当地が震度4程度以上の揺れを感じる地震はありません。
そのことが逆に、「今度はいつ来るのか?」「そろそろ来る頃なのでは?」という不安につながっているのかも……
posted by nbm at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

始まりの物語

円城塔『プロローグ』を読んだ。
円城塔作品はいくつか読んでいるのだが、割りと好き。私の中の中二男子心をくすぐるワードが散りばめられている。
予備知識なしに読み始めたものだから、どう捉えて良いのかわからず、「なんじゃこりゃ……」と悩みながら読み進んだ。
と言っても、たとえ予備知識があったところで、それは同じだったのかもしれないけれど。

作中で、何度も「これは私小説である」と主張されるのだが、何と言ったらよいのか。
言語の選択という根本的なことから始まり、つまりは、ある物語を書くための設定を作りあげていく過程が描かれているわけだ。
そしてその過程では、コンピュータ上の各種プログラムが駆使されるのだが、思わぬものが生じたりして一筋縄ではいかない。
最初に定められた13の氏を持つエージェントたちが、「川南」もしくは「河南」と表記されるカナンの地で、12支族よろしく奔走し、物語を紡ごうとする。作中ではメタ構造は否定されているが、エージェントたちはメタ世界を行き来する。
仮想空間にカナンという世界が構築されて、何万という人間が住まい、その個々に名前が与えられ、生活が生まれ、という風に世界が広がっていく。創造神の視点だ。
世界がうまくいかなければ壊され、再構築されていく。

非常に実験的な内容で、筋が在って無いようなもので、漢字やかな文字を使用頻度で分析してみたり、単語を細かく区切ってコンピュータに再編成させたり、日本語の構成を一から教えられているような気分になる。
コンピュータのプログラムによって切り貼りされた日本語は、もちろん文章にはなっていないのだが、どこかしら意味が汲み取れたりして気味が悪い。
言語に特化したAIは、こういった研究から生まれているのだろうなと想像できる。

自分が今どこの次元に招かれているのか、よくわからなくなる。現実に踏みしめているはずの地面の底が抜けるような不安に襲われる。
果たして、自分は本当に実在しているのだっけ? などという考えが頭をよぎったりする。
良いとか悪いとか、面白いとかつまらないとか、そういったことを超越して、不思議な感覚が味わえる本だ。

この物語の本質的な部分は、とても伝えられそうにないし、今回はここで起きた小さな出来事を取り上げてみる。

シンクロニシティと言ってしまうと少々強引な気もするのだけれど、そんなこと。
最初に驚いたのは、「ピラネージ」だった。とはいえ、これはシンクロニシティと呼べるほどのことでもない。
先に説明した、物語の設定を創りだすコンピュタ上のシステムに「ピラネージ」と名付けられていた。なるほど、言い得て妙。
私がピラネージの絵を観たのは、2013年6月のこと。(→過去記事 空想の建築
ピラネージの脳内のローマの街道筋は、これでもかと過剰に装飾されていて、ヴァーチャルなようでありながら、どこか現実味を欠いていて空虚だ。けれども鑑賞するものを楽しませるのも確かで。
私がピラネージに感銘を受けていたのは、数年前の話だから、シンクロニシティと呼ぶべきような事柄でないのはわかっているのだけれど、では、「ピラネージ」と聞いて、あの絵をすぐに創造できる人が世の中にどのくらいの割合でいるかといえば、きっと少ないのではないかと想像すると、私とこの物語の間にはやはりどこか通いあう物があるのは事実で。

なんて考えながら読み進んでいたら、もっとジャストミートなシンクロニシティに遭遇。
それが、「ヴィリエ・ド・リラダン」だった。物語の中で『未来のイヴ』の話が出てきたのだ。
何度かブログの記事中に書いていたと思うが、昨年から読もうと挑戦しつつ、まったく読み勧められない古典SF小説があり、図書館で他に誰も借りないのをよいことに、延々と私が借り続けている。最初に貸し出していただくときに、書庫からひっぱり出してもらった書籍なので、返却してからまた借りようと思えば、係の方の手を煩わせることにもなるし、毎回確認の上で貸出延長を繰り返しているというわけで。
旧仮名使いで書かれているし、注釈が多いので、ただでさえ読むのに時間がかかる。ところがこれ、収められている全集を借りているので、重い本で、試しに通勤に持ち歩いてみたが、外ではあまりに重くて読むのが困難だった。腕が上がらなくなり、ふるふると震える……
この本こそ、ヴィリエ・ド・リラダンの『未来のイヴ』である。
図書館から2冊の本を借りていて、片方の本を呼んでいたら、もう片方の本についての記述があったということになる。これは立派なシンクロニシティだ。
まぁ、円城塔といえばSF作家であり、『未来のイヴ』はアンドロイドを最初に扱ったと言われている有名な古典SFなわけだから、どこかで取り上げられても不思議はないのだけれど。
そういえば、『未来のイヴ』を読もうと思ったのは、伊藤計劃の遺構を円城塔が書き上げた『屍者の帝国』(→過去記事 生と死をめぐる物語)の中にも出てくる「ハダリー」という存在が気になって、その大元が『未来のイヴ』に描かれているというのを知ったからだった。なんだ、やはり繋がっていたのか。

同時期に別の雑誌に連載されていたという『エピローグ』というのもある。
どうやら関連しているようなので、『プロローグ』を忘れないうちに『エピローグ』も読んでみようと思っている。

本の話のついでに、もう1冊。
原田マハ『ロマンシエ』も読んだ。
思っていたよりもかなりくだけた小説で、肩透かし。面白いといえば、面白かった。
パリのリトグラフ工房が舞台と聞いていたので、もっと硬派なタッチで芸術を前面に描いているのかと思い込んでいたが、平たく言えば恋愛小説のようなものだった。
関連して開かれていたリトグラフの展覧会に必ず行こうと思っていたのに、油断していたら終了していた……残念。

普段あまり小説を読まない自分にしては、小説を続けて読み過ぎた。通勤時に読むにはよいのだが、ちょっと食傷気味。
次は何か小説以外の本が読みたいなぁ。
posted by nbm at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする