2016年11月25日

暇つぶしの成果

すでに昨日のこととなったが
朝起きてすぐに外を確認すると、すでに家々の屋根は白かった……
54年ぶりの珍事というが、11月に雪が降ったというだけでなく、埼玉県南中部ではしっかり積もっていた。4cm程か。ただ、車道にまでは積もっていない。都心でも積雪し、140年間の観測史上で初のことだとか。
当地は高台に位置するせいか、雪が積もりやすい。感覚的には、平地と山間部の中間という感じ。
外では雪が降っているというのに、マンションの室内は15度を超えていた。
一応、寒さを見越してストーブを準備してあったのだが、雪が降っている間は使わずに済んだ。
このギャップは、11月の雪ならではなのかもしれない。
紅葉に雪というのも乙だろうなと想像する。寒いから、観には行かなかったけれど。
さすがに夜になると冷え込んできたため、今シーズン初の灯油ストーブの出番となった。
部屋は暖まるし、お湯を沸かしたりお鍋をかけたりできる優れもの。
夕飯には、おでんを作りましたとさ。


さて、夏からこっち、ずいぶんとブログを書いていないので、どうにもサボりぐせがついてしまったようだ。
ここらで、溜めてあるネタを放出しておかないと、どんどん溜まっていくばかり。
今日は、簡単に読書メモを残しておきたいと思う。


『たてもの怪談』 加門七海
東日本大震災直後にしばらく怪異現象が止んだというのが面白かった。
お化けもびっくりするんだね。
引っ越しでダンボール250箱もの本が移動するなんて、作家さんも大変だな。
大学教授夫人の友人は、やはり本の重さに耐えられる一戸建てに越したと言っていたっけ。
「魔の道」の話は、小野不由美さんの『残穢』に通じるものがあり、恐ろしい。


『翔んで埼玉』 魔夜峰央
埼玉県民としては、読んでおかなくてはと思い、読んでみた。
魔夜先生の埼玉愛を感じる1冊。
作中に登場する魔夜先生が『マカロニほうれん荘』のトシちゃんに見えるのだが、意識していたかどうか真相はわからない。


『「24のキーワードでまるわかり!最速で身につく世界史』 角田陽一郎
テレビのバラエティ番組を制作してきた著者が、わかりやすく世界史の概要を教えてくれる。
昔から歴史の授業が大嫌いだった私は、日本史とも世界史とも最低限の付き合いしかしてこなかった。まるで身についていないというわけだ。
そんな私にもお手軽に世界史の知識が少しでも身につけばと読んでみた。
キーワードごとに解説してくれるのもよい。全体像が見渡せるような感覚。
複雑になりがちな例えば宗教というテーマでも、簡潔にまとめられていてわかりやすい。もちろん、それだけで語れない部分はたくさんあるのもわかっているが、アウトラインを理解するのには充分だ。
文明や宗教や国家や民族といったものが根っこにあって、お互いが関連しながら世界が動いていく様子が見えてくる。
そんな中での日本という稀有な国。日本が”極東”と呼ばれてきたことに納得できた。と同時に、世界の果てに位置する日本だからこそ、ユニークな技術や文明が生まれてきたのも頷ける。
世界史ではあまり語られることのない植民地支配以前のアフリカ文明についてとか、中国の王朝にはそれぞれテーマカラーがあるとか、人も動物も縦(南北)移動よりも横(東西)移動のほうが容易だとか、興味深い話が満載。


『くらべる東西』 おかべたかし・文/山出高士・写真
このコンピの本を読むのは2冊め。
大部分は知っていたことだったけれど、細かい違いがあるものを教えてもらった。
やはり、一番衝撃的だったのは、表紙にもなっている銭湯。西の銭湯は湯船が中心にあり、周りから入る形。壁に富士山もないし。商人文化の西では、身体を温めてから洗うそうで。
魚の骨抜きは、西はくの字に曲がっている。消防紋章は中心の輪が西の方が大きい。座布団の綴じ糸が西はY字で東が十字。猫のしっぽに東ではカギ型が多いというのは聞いたことがあるが、狛犬のしっぽの形も東西で違い、東では下向きに左右に流れていて、西では上を向いているのだそうで。
中には、謂われが判然としないものもあるけれど、大体それぞれに理由があり、文化的な違いがあって興味深い。


『たとえる技術』 せきしろ
2ヶ月ほど前に『偶然短歌』を読んだばかりだが、またも図書館の新刊の棚にせきしろさんの本を発見。
いろんな「たとえ方」を教えてくれるのだが、そこはせきしろ流なので、遊び心が強く反映されており、役に立つとは思えない。
ただ、たとえる際のアプローチの仕方を教えてくれるので、表現の幅を広げたい人にとっては有益だし、恰好の暇つぶしの教科書となるかもしれない。
「樽の中の黒ひげの男のような孤独」
「日曜の午後のテレビのようにつまらない」
「最近のラルフローレンのマークのように大きい」
「慣れ親しんだタオルケットのように優しい」

こんなオリジナリティ溢れるたとえ方ができたら、楽しいだろうな。


『叫びの館』
 ジェイムズ・F・デイヴィッド
書店で文庫本を見かけて、図書館で探してみるも、なし。
リクエストすれば、どこかから見つけてくれて貸してくれるとは思うが、それもちょっと憚られるような。
こういう時にこそ購入して本を読む。これは、自分にとっては「当たり」の本だと確信があった。
ある心理学者が、サヴァン症候群の人たちを集めて、それぞれの特殊な能力を統合した人格を創りだす実験にチャレンジする。ところが、実験を行った場所が悪かった。かつて、殺人鬼が人知れず地下室に閉じ込められた館だったのだ。悪いことは重なり、実験に邪悪な人物が紛れ込んでもいた……
ジャンル分けするのが難しい。オカルトSFスリラー的な?
久しぶりに、読んでいる時に物語に入り込んで、外の世界の音が聞こえなくなるくらい集中する読書を楽しんだ。面白かったぁ!
ジャンル分けが難しいような物語を得意とする作者のようなのだが、残念ながら翻訳されている作品があとひとつしかないらしい。


他にも読んだ本はいくつもあるのだが記事にするに値しないので、これくらいで。
今は、梨木香歩さんの『家守綺譚』を読み始めたところだ。
その次には、フリオ・コルタサル『対岸』を読もうと思っている。
通勤中に読んでいると、すぐに読み終わってしまい消化が速いのだけれど、分厚い本は重くて持ち歩けないのが難点。そういうものこそ電子書籍の出番なのかもしれないが、今のところまだ手を出すつもりはない。
通勤の暇つぶしに読もうと思うと、なぜか小説が多くなる。傾向としてはあまり小説を多く読まない私には珍しい。
posted by nbm at 00:46| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

2016年10月9日からの地震メモ

2016年10月9日からの地震メモです。


千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2016年10月9日 16時13分頃 茨城県北部 M3.7 深さ約60km 最大震度2
2016年10月10日 7時15分頃 茨城県沖 M4.1 深さ約40km 最大震度2
2016年10月10日 15時28分頃 埼玉県南部 M3.5 深さ約80km 最大震度1
2016年10月10日 20時49分頃 栃木県北部 M2.4 深さ約10km 最大震度1
2016年10月11日 12時37分頃 茨城県南部 M3.1 深さ約50km 最大震度1
2016年10月12日 8時5分頃 房総半島南方沖 M4.5 深さ約70km 最大震度2
2016年10月13日 1時18分頃 茨城県沖 M3.6 深さ約20km 最大震度2
2016年10月17日 14時59分頃 茨城県沖 M3.6 深さ約50km 最大震度1
2016年10月19日 12時23分頃 父島近海 M4.7 深さ約10km 最大震度1
2016年10月19日 23時40分頃 茨城県南部 M3.8 深さ約50km 最大震度2
2016年10月20日 11時49分頃 千葉県北東部 M5.3 深さ約40km 最大震度4 (当地 震度1)
2016年10月20日 20時12分頃 群馬県北部 M3.8 深さ約10km 最大震度3
2016年10月22日 7時26分頃 千葉県東方沖 M3.1 深さ約20km 最大震度1
2016年10月22日 7時33分頃 千葉県東方沖 M3.0 深さ約20km 最大震度1
2016年10月22日 21時6分頃 茨城県南部 M3.2 深さ約50km 最大震度1
2016年10月24日 10時54分頃 千葉県東方沖 M4.2 深さ約20km 最大震度2
2016年10月25日 20時12分頃 千葉県南東沖 M4.5 深さ約70km 最大震度3
2016年10月26日 3時40分頃 茨城県南部 M2.7 深さ約50km 最大震度1
2016年10月26日 19時12分頃 千葉県北西部 M4.1 深さ約70km 最大震度2 (当地 震度1)
2016年10月28日 22時55分頃 千葉県北東部 M3.5 深さ約40km 最大震度1
2016年11月1日 4時2分頃 千葉県東方沖 M4.4 深さ約30km 最大震度1

沿岸も内陸も千葉が活発化しているような。


この間のM5以上または震度4以上の地震は以下のとおり。
2016年10月9日 8時24分頃 父島近海 M4.2 深さ約20km 最大震度1
2016年10月12日 4時2分頃 十勝地方南部 M5.0 深さ約50km 最大震度3
2016年10月16日 16時37分頃 宮城県沖 M5.3 深さ約20km 最大震度4
2016年10月20日 11時49分頃 千葉県北東部 M5.3 深さ約40km 最大震度4 (当地 震度1)
2016年10月20日 15時25分頃 硫黄島近海 M6.0 深さ約10km 最大震度1
2016年10月21日 12時12分頃 鳥取県中部 M4.2 深さ約10km 最大震度4
2016年10月21日 14時7分頃 鳥取県中部 M6.6 深さ約10km 最大震度6弱
2016年10月21日 14時33分頃 鳥取県中部 M4.3 ごく浅い 最大震度4
2016年10月21日 14時53分頃 鳥取県中部 M5.0 深さ約10km 最大震度4
2016年10月21日 16時52分頃 鳥取県中部 M4.2 ごく浅い 最大震度4
2016年10月21日 17時59分頃 鳥取県中部 M4.3 深さ約10km 最大震度4
2016年10月22日 3時33分頃 日向灘 M4.4 深さ約60km 最大震度4
2016年10月24日 5時25分頃 北海道東方沖 M5.8 深さ約10km 最大震度2
2016年10月29日 6時57分頃 宮古島北西沖 M5.1 深さ約20km 最大震度2
2016年10月29日 13時43分頃 鳥取県中部 M4.4 深さ約10km 最大震度4

鳥取県中部に関しては、2008年11月2日以降、9年間も有感地震がなかったのに、2015年10月15日から揺れはじめ、1年間断続的に揺れた後に今回の地震となった。
未知の断層が動いたのが原因だとされているが、「未知の断層」なんて、日本の地下にまだまだいくらでも隠されていることだろう。


海外の主な地震。
2016年10月30日 15時40分頃 イタリア中央部 M6.6

ここにきて、電子機器の異常などなんだか不穏な宏観現象の報告が増えているような気がします。
報告が多いのは、東京や千葉などの関東。
それとは別で、熊本・鳥取と来て、日本海側を北上するか、太平洋側に移って南海トラフとか、そんな流れがあってもおかしくないような。
posted by nbm at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする