2017年03月07日

回収の顛末

ニチガスの卓上コンロ用カセットボンベが自主回収されるというニュースを聞いた。
一部の製品の内部部品に不具合があり、使用中にガス漏れする恐れがあるとのことで。

うちにもあるじゃん、それ。
対象期間は2011年12月以降製造の製品とのことで、缶底を見ると製造年月日が書いてある。
対象製品かどうか確認したら、間違いなく自主回収対象だった……
面倒だな。
そんなもの、どうやって回収するんだよ。
とはいえ、放置しておいても仕方がない。イチかバチかで使うのも怖いし、そのまま捨てることもできないし。

と思っていたのだが、ニュースから数日経って、自主回収の具体策がどうなっているのか検索してみたら、Web回収受付をしていて、フォームに必要事項を入力すれば、佐川急便が自宅まで回収に来てくれることになっていることがわかった。
→ ニチガス卓上コンロ用カセットボンベの自主回収受付フォーム
ちなみに、使用途中のものも回収してくれる。
配送にはキャップが必要で、キャップのないものはその数を報告するようになっている。
引き換えに、製品代金相当のクオカードをくれるという。
ちなみに、1〜3本で500円。
うちは未使用が3本あり、500円だな。
回収の日付と時間帯が指定できるのだが、直近は混んでいて、自分の都合と合わせると申し込みから10日ほど先の日付になった。

回収までには日にちがあったので、その間にニチガスから詫び状が届く。

んで、回収当日。
指定した時間帯に佐川急便が回収箱を片手にやってきて、受取票みたいなものに押印してカセットボンベを渡し、引き換えにクオカードの入った封筒と集荷票を渡された。
回収箱には、回収に必要な伝票やクオカードや、おそらく必要ならキャップもセットになっているのだろう。空荷を持ってきて、伝票を張り替えてカセットボンベを入れるようになっているらしかった。
これで回収終了。
あー手間いらずでよかったわ。そしてクオカード500円GET。
たぶん300円くらいで買ったと思うので、差額がほんのお詫びの気持ちといったところか。1本の回収でも500円だから、その方がお得ね。

電話受付は混雑しているようなので、可能ならばWeb回収受付が簡単です。
回収対象製品をお持ちの方にはオススメ。

食品の異物混入などは経験があるけれど(→過去記事異物混入運ロシアケーキは美味い)、こういうケースは初体験で、面倒だけど終わってスッキリ!
posted by nbm at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする