2007年12月29日

マジ、フリーダムすぎる!

短い記事を連発で書こう!そうだ!そうだ!

「空の境界」というアニメ作品が気になり、世界観が共通していると言われる「真月譚 月姫」「Fate/stay night」を観てみました。奈須きのこさんという方が原作者なのですが、きのこ、マジ、フリーダムすぎる…。

まず「真月譚 月姫」は、真祖(吸血鬼)の姫と”直死の魔眼”を持つ少年とが、邪悪な吸血鬼を倒していくストーリー。こちらは、わりとフツーでした。
で、「Fate/stay night」。これが、マジ、フリーダムすぎる。今日は完全ネタバレでいきますよ。基本ストーリーはですね。聖杯を得るために、7人の魔術師とその魔術師が召喚した戦士であるサーヴァントが一組になって、7組が戦うというものです。サーヴァントは、過去の英霊ということになっていて、ヘラクレスだったりアーサー王だったりするのですが、佐々木小次郎が出てきて「俺は架空の人物だ」なんて自分で言ってたり。7人のはずが、8人目のサーヴァントが現れたり、サーヴァントがサーヴァントを召喚しちゃったり、過去からだけでなく未来からも呼んじゃったり、で実はそれが主人公である魔術師の未来の姿だったり。普通の人間が甲野善紀さんみたいな感じで魔術師でもないのにマスターになって、その上サーヴァントと同等に強かったり、ほんと、マジ、フリーダムすぎる。元々は、アダルトゲームなのですがね。

アニメやゲームの世界の設定というのは、えてして複雑なものですが、ここまで広げていいんかいというほど、広がりすぎて収拾がつかない状態になるのも考え物だ、と初めて思いました。作ったはずのルールを掟破りで破ってばかりという印象でしたね。観てて疲れた。
これね。こうなると「空の境界」はどうなんだろうな。ちょっと、不安が…。手を出さない方が無難かも。
posted by nbm at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック