2009年02月23日

近未来都市TACHIKAWA

妹が出産したので、お祝いに都下方面へ。予定日からかなり遅れていたので、内心ハラハラしていたのですが、無事に自然分娩することができたようで、とにかくよかった。
対面してみると、なぜか、くしゃみを連発する小さな生命体。私たちが、外から花粉でも運んできてしまったかい?そいつをだっこさせてもらい、その体温の高さにあらためて驚くのだけれども、胎内は少なくとも36度はあるわけで、外界はそりゃあ寒いわな。元気に育ってくれたまえよ。

さて、距離的にはバカみたいに遠いわけじゃないけど、ひどい渋滞の中、せっかく都下方面に来たので、ついでにウワサの立川の街を見物に。
立川の駅前は、近年にわかにアニメ作品などで取り上げられるようになったのですが、数年前、実際に友人の結婚式で立川を訪れたダンナさんが、その変わりぶりに驚嘆していて、いつか私にもその街を見せたいと思っていたようでして、その機会がめぐってきたというわけです。

車で向ったので、電車に乗ってきて駅から出た場合と比べたら、多少インパクトが弱まったかもしれませんが、いや、ホントに、びっくりしました。私が以前に立川を訪ねたのは、もう15年以上も前だと思いますが、やはり友人の結婚式でした。駅前は静かで、殺風景な道をとぼとぼ歩いて式場まで行った記憶しかありません。
ところがですよ。今や駅前にはLUMINE・ISETAN・TAKASHIMAYAとデカいデパート群があり、それをとりかこむように延々と2F部分にペデストリアンデッキが形成されていて、その上、頭上をモノレールが走ってます。個人的には、ここまで長いペデストリアンデッキを他に知りません。どこまでもデッキ上を歩いて行ける。横断歩道で信号待ちをする煩わしさがないのと、地下でなく地上なので、開放感があるのがいいですね。でも雨天のときは地下が羨ましくなるかな。

今クールで放送中の「とある魔術の禁書目録」というアニメ作品では、この立川駅前の風景がふんだんに使われています。コチラの「ねこにこばん」さんというサイトのお写真が、特に近未来感をとっても上手に表現されているので、参考にさせていただきましょう。作品中の場面と、同じアングルで撮られている実際の風景の写真が比較されています。このアニメ作品は、魔術と超能力が出てくるのですが、舞台となるのは超能力者を集めて教育・研究している学園都市。そのモデルとして使われているのが、現在の立川駅の主に北口周辺ということなのです。雰囲気がまさにピッタリです。
近年は、アニメの背景として使われた場所に実際に行く”聖地巡礼”という行為が、一般社会でも注目されるようになってきましたね。例えば、「らき☆すた」の鷲宮神社とか、町おこしにも貢献したりして…。我ら夫婦も、立川に聖地巡礼してきたというわけです。目に映る景色は、初めて見る景色なのに、「これか!」とか思っちゃうわけですね(笑)作中では、この街並みのそこここに、風力発電のデカい風車が立ってるんだよなぁなんて思いつつ…。こんな風に、ベースは実在するのだけれども、細部が実際と違っているなんてところも面白いのですよね。

ついでに、第一デパートにも行ってみました。
ここは古くからある、小さな店舗が集まっているタイプのデパートのようなのですが、フィギュアを扱うお店や、レアなコミックを中心に扱う書店などマニアックなお店が1つのフロアにかたまっていることから、そのスジでは有名な場所。時間がなくて、あまりゆっくり見ることができなかったが残念でした。
ところが、今あらためて調べてみて知ったのですが、老朽化により近く解体される予定なのだとか。ビル全体がかもし出す古めかしい雰囲気がなんともいえない空間なのに、残念ですね。各店舗もその後が決まっていないようで、新しく建設されるビルには、入れないのでしょうか。たしかに立川駅北口周辺では、昔の面影を唯一残している部分にあたるようです。ビルの老朽化は仕方のないことなので、安全性を考えると建て替えた方がよいのはわかるのですが、周辺の今昔の比較写真などを見てしまうと、昔の街の景色が全く消えてなくなってしまうのは、ちょっと寂しいですね。あそこまで近未来都市的な街並みになってしまうと、全部小奇麗にしないと気が済まないのもわかるけどね。ああいったキッチュな空間がなくなってしまうのは、つまらない気もします。

しかし、立川にこんなに商業施設を作って、イマドキ採算が取れるのだろうかと、おせっかいにもちょっと心配してみたりして…。でも、立川駅って、乗降客がとても多い駅だそうで、都内でも23区外では一番多いんだそうです。JR東日本管内では15位。相当な人が使ってるんですね。立川近辺の人にしてみると、新宿など23区内に出なくても、買い物は充分用が足りてしまう感じ。とっても便利な街になったと思います。
posted by nbm at 12:11| Comment(5) | TrackBack(0) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遥か昔、映画を観に立川に二度ほど行った事があります。
THXシアターが都内になかった時代で、「オネアミスの翼」と「コン・エアー」を観て、
その音質と音量に感動したのを覚えています。

映画の帰りに、そのたたずまいが素晴らしい第一デパートに入りました。
その時代からマニアック空間が存在し、ニンマリして店を探訪したのを思い出しました。
いまだ健在なのも驚きですが、そうですか、やはり取り壊されますか。
いい雰囲気をかもし出してる空間なんですけどね。
残念です。
Posted by 巨匠 at 2009年02月23日 20:24
巨匠 様

シネマシティの外壁にポスターがたっくさん飾ってあったので
いったいいくつスクリーンがあるのかと思ったら
6つと思ったより少なくて逆にびっくりしました(笑)
THXって、東京だと立川が最初だったんですね。
当然ながら劇場に行かなくなった私は未経験なわけですが(笑)

第一デパート、えぇ健在でした。
けれども平成24年にはもう新しいビルが完成予定だとか。
仕方のないことなのですが
アヤシゲな空間がなくなっていくのは、残念なことですね。
Posted by nbm at 2009年02月24日 08:58
 まずは、妹さんのご出産、御目出度うございます。
 
---------

 実際の風景と、アニメに描かれた風景との比較、面白く思いました。

 聖地巡礼というと、最近の大分では、デトロイト・メタル・シティでしょうけど、舞台となった町役場では、聖地巡礼ガイド( 紙媒体 )まで作ったそうです。
 ここでも立派に町おこしに貢献してます。
Posted by redpill at 2009年02月25日 23:01
コメントありがとうございました.
生まれてこの方30年ずっと立川近辺に住んできたので,街の推移をずっと見てきました.
ちょうど10年前に多摩都市モノレールが開通したころからですね,デパートの移転や改装があって,一気に街が変わりました.北口はブログの写真で写した通りですが,南口の方は,プチ歌舞伎町みたいな雰囲気になってきているところがあります.

第一デパートは,私が小学生のころから通っていたところで,フィギュアのコトブキヤとかマニアな本しか置いてないオリオン書房とか長らく(いまだに)常連であってきただけに,なくなるというのは寂しい気持ちもあります.店員のほうが,客よりも多いんじゃないかという閑散具合でもあるんですけれどね.それはフロム中部も似たようなものか…
Posted by ねこにこばん at 2009年02月26日 01:58
ptd様

お祝いのお言葉をありがとうございます!

ね。ねこにこばんさんのお写真、面白いですよね。
地元の方ならではのレポートが楽しいですね。

聖地巡礼にはPSPが重宝するみたいですよ。
メモリースティックにアニメ番組そのものや
GoogleEarthの地図をぶっこんだりして
PSP片手に該当する風景を探すという。

この不景気に町おこしができるんですから
アニメの舞台となったところはホクホクですね。
DMCや松山ケンイチくんのファンだったら
作品の舞台となった大分を訪ねてみたいって思うでしょうからね。
これからは、「おくりびと」の舞台となった山形が盛り上がりそうですね。


ねこにこばん 様

拙ブログにご訪問&コメントをありがとうございます!

立川の変貌、地元で目の当たりにされたのですね。
それは感慨深いものがおありでしょう。
今回は南口まで行けなかったのですが、南口も変わっているのですよね。
あんなに近未来感をかもし出している街は
今のところ他にないのではないでしょうか。
そんな景色を味わうだけでも、また訪ねたい街だと思いました。

第一デパートは、時間の蓄積を感じさせる場所ですね。
今回、コトブキヤもオリオン書房も訪ねてきました。
コトブキヤの近くにロックTシャツを山積みしてあるお店があって
もっとじっくり見たかったのですが、閉店間際だったので
ゆっくり見られなかったのが残念です。
第一デパートに入って「カーキ(色)率が高いな」と思ったのですが
なんのことはない、自分もダンナさんもカーキ色を着てました(爆)
カーキな人が集まる場所?
時間切れで、フロム中武までは行けませんでした。

またいつか立川に遊びに行きたいです。
多摩モノレールにも乗ってみたいなぁ。






Posted by nbm at 2009年02月26日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック