2012年07月10日

2012年第1クール アニメまとめ

アニメを観るのに、ちょっと息切れしてきた今日この頃。なんでこんな苦行に耐えているのかわからなくなってきました。いや、楽しいんですよ。基本は楽しいんですけど、数が……手に負えなくてですね。もういい加減、縮小しなければいけないかと考え始めているところです。
今年の第1クール(1〜3月期)でも30作品を超えるアニメを視聴していたものの、途中で投げ出したもの多数。4月以降、ルーティン作品の間隙を縫って、後から少しずつ少しずつ観て、ようやく19作品を観終わったのですが、まだあといくつか残ってます。いや、正直、観たいのはもうあと1作品の数回分だけです。
実はもう第2クール(4〜6月期)が終了しているわけで、そちらの感想を書きたいところなのですが、その前に順番からいって第1クールをまとめておかないと気持ち悪いので、簡単にやっつけておきたいと思います。

まず、なかなか秀逸だったものをいくつか。

『Another』番組公式サイト
綾辻行人原作のホラー・ミステリー小説をアニメ化。主人公が療養で転校した先の中学校では、数年ごとに3年3組の関係者が次々と災厄に見舞われ死んでいく現象があった。クラスに紛れ込んだ「いないもの」と呼ばれる死者を見極め、その「いないもの」を殺せば、その年の災厄が止まると知った生徒たちが、互いに疑心暗鬼になる中、死者はどんどん増えていく……。
原作がよくできているお話。いとうのいぢキャラクター原案のかわいらしいキャラと陰惨な殺戮シーンの対比が良くて、それにミステリーの謎解き要素やホラー・テイストが加味され、なかなかに完成度の高い作品だったのではないかと思う。
ちなみに、実写版映画はこの8月に公開される予定。

『妖狐×僕SS』
(いぬぼくシークレットサービス)→番組公式サイト
メゾン・ド・章樫(あやかし)と呼ばれる高級マンションに住んでいるのは、妖怪の「先祖返り」である人間。彼らは、純血の妖怪から身を守るために、万全なセキュリティの上に一部屋に一人シークレットサービスが付いているこのマンションで暮らしている。
鬼の先祖返りである主人公・凜々蝶(りりちよ)に付いているのは、九尾の妖狐の先祖返りである御狐神(みけつかみ)くん。心とは裏腹に悪態をついてしまう凜々蝶とSS御狐神のラブストーリーといっていいのだと思う。
凜々蝶とは幼馴染で、同じマンションの住人である一反木綿の先祖返り・反ノ塚がナイスなキャラで、演じていた細谷佳正ともどもお気に入りとなった。
先の話は非道い展開になりそうなので、2期以降は正直作って欲しくない。

『ラストエグザイル 銀翼のファム』公式サイト
2003年に放送された『LAST EXILE』の続編。『LAST EXILE』は、GONZOの10周年記念作品で、二次元アニメと三次元CGとのよりなめらかな融合を試みた作品だった。本作は、その続編となる作品で、その融合技術も格段に進歩しているはずなんだけど、なぜか前作の方が印象が強い。オリジナリティ溢れる世界観を舞台にした壮大なファンタジーではあるけれど、戦争がテーマだし、人間の手に負えない巨大兵器が出てきたり、政治的な駆け引きがあったり、お気楽な話ではない。
村田蓮爾の作るキャラクターは相変わらず美麗だし、戦艦などのメカデザインもこの世界観ならではで楽しい。
前作から引き続き出てくるキャラクターは何人もいるが、特にディーオが印象深い。演じている野田順子さんがすばらしい。


では、とてもよかった作品を3つご紹介。

『Persona4 the ANIMATION』
公式サイト
大人気ゲーム「ペルソナ」シリーズの4作目をアニメ化した作品。
ゲーム原作としては、とてもよくできていた。原作ゲームの持つポップな色使いや洒落た音楽をそのままに、ミステリー要素はもちろん、コメディ要素もあって、楽しめた作品。
このブログでは紹介しなかったけれど、近かったこともあり聖地巡礼には散々行った。主人公たちが通う通学路やら、事件現場やら、神社やら。
「ペルソナ」というと、アニメでは2008年に放映された『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』があるが、こちらはもっとシリアスで暗い話だったため、『Persona4 the ANIMATION』の突き抜けた感じが、余計楽しく感じられたのかも。

『ちはやふる』公式サイト
原作漫画は以前から高い評価を受けているのを知っていたので、楽しみにしていた作品だったけど、ここまで引き込まれるとは。競技かるたに挑戦する高校生たちのお話。
何回泣いたことか。観ていてこんなに気持ちのいい作品は、なかなか珍しい。
第2期の制作が決まっているとのことで、楽しみ。
主人公・ちはや役の瀬戸麻沙美ちゃんは、今後の注目株。そして、ここにも細谷佳正が!今年は大活躍しているね。

『男子高校生の日常』公式サイト
男子高校生たちの日常を描くギャグ漫画が原作。この作品以前は、女子高生の日常を描いた作品は多くあっても、男子高校生のそれはなかったといっていい。確かに、男子高校生の日常を描いたギャグ作品なのだけれども、そこに見え隠れするのは実は”気遣い”。この”気の遣い方”がいい。男の子って、基本、優しいよね。
とはいえ、漫画で巻末に付いているという「女子高生は異常」が、アニメ版でも最後にくっついていて、作品中に出演する女子高生にスポットを当てたコーナーになっている。これがまた秀逸。
ヒーヒー息が苦しくなるほど笑わせてもらった。

『未来日記』だけはまだ数話残していて視聴中。なかなか面白いんだけど、長い。
その他、主な視聴作品に一言ずつ。
『べるぜバブ』常に沢城みゆきの喉を心配してた作品。
『偽物語』2期作品的なものなので、感想は特になし。妹歯磨きに萎えた。
『バクマン。』(第2期)2期作品なので、特になし。
『夏目友人帳 肆』4期目だけど、安定の作品。
『ギルティクラウン』可もなく不可もなく。
『テルマエ・ロマエ』FLASHアニメだし、FROGMANだし。もうちょっとどうにかならんか。
『キルミー・ベイベー』だんだん面白くなった。赤崎千夏は○。
『アマガミSS+ plus』1期に比べれば観られたかな。
『あの夏で待ってる』狙いすぎたか。
『ハイスクールD×D』どっかで観たような作品。
『輪廻のラグランジェ』悪くないと思うんだけど、何かが弱い。2期必要?石原夏織は○!
『パパのいうことを聞きなさい!』主役がなぁ。上坂すみれには要注目。

途中で諦めた作品。
『BRAVE10』女子向けの作品は観られない傾向があります。
『ゼロの使い魔F』シャナよりはマシだったけど。
『灼眼のシャナIII -Final-』もうなんやわからん。怪獣大決戦。
『戦姫絶唱シンフォギア』とっちらかり過ぎ。
『ブラック★ロックシューター』なんだろう、暗すぎたかな。
『探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕』1期よりも突き抜けてて断然よかったんだけどね。

言及してない作品もいくつかありますが、こんなところで。
posted by nbm at 17:08| Comment(4) | TrackBack(0) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただいま全国制覇の記事を読んできました。
かなり昔の記事なので、こちらに返信。

そうです。何も用もないのにわざわざ。愚輩は仕事柄そうなっただけですよ。
永六輔センセーも言ってます。「棲んでいる町だって、知らない曲がり角を曲がればそれが旅といふものだ」と。
要は心の持ち方ですね。
でも、北海道は行くと良いと思います。ここだけはお奨めします。

それと、本質的に出不精といふ人もいらっしゃいます。これはこれでひとつの生き方。生活の場にどっかりと根を下ろす‥、うーん煙霞癖のある自分には到底できそうにない。
Posted by オスカーさん at 2012年07月10日 19:34
オスカーさん 様

そうですね。北海道は良さそうです。
ちなみに、私が国内で一番行きたい所は、遠野です。

うちは積極的に旅行に行ったりしないので、出不精の部類でしょう。
特にそれで不自由は感じないので、性質的にそうなんでしょうね。
私がちょっとした遠出をするときは
大抵、美術展に行くときです。
観たい展覧会があれば、関東圏内くらいなら
ふらっと一人でどこへでも行きます。

このコメントがナゾな方のためにリンクしておきます。
過去記事「全国制覇なんてできゃしない」↓
http://blogs.dion.ne.jp/122/archives/7201857.html?1341965838
Posted by nbm at 2012年07月11日 09:20
anotherってやっぱ相当怖そうだな。
もうその粗筋だけで怖いもん。

アニメっていろいろあるんだなー。
数多すぎですよね!

オレは今「ぼくらの」を見直してます。
面倒くさいけどガンバりますw
Posted by shit_head at 2012年07月18日 22:16
親愛なるshitちゃんへ

実写版はどうなるかわからんけど
アニメ版『Another』はshitちゃんには超オススメよん。
アニメ作品の中では、殺戮シーンは一級品だと思われ。
私が知ってる範囲で映画に例えると
『ファイナル・デスティネーション』+『ラストサマー』的な感じかな。

『ぼくらの』は名作だよね。半端なく残酷な話だけど。
ジアースの中に各自の椅子が丸く並んでる画が好きだわ。
ちょっと長いけど、がんばってね!

私も今期もできるだけ視聴しています。
がんばります!(笑)
Posted by nbm at 2012年07月18日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック