2012年07月21日

アニメ調査室(仮)アンケート 2012年4−6月期

前回(2012年1-3月)は不参加でしたが、今回はアニメ調査室(仮)さんのアンケートに参加です。

2012夏調査(2012/4-6月期、終了アニメ、26作品)

01,オズマ,x
02,つり球,B
03,ZETMAN,C
04,君と僕。2,C
05,謎の彼女X,A

06,うぽって!!,S
07,さんかれあ,C
08,夏色キセキ,D
09,緋色の欠片,F
10,あっちこっち,C

11,めだかボックス,D
12,ヨルムンガンド,A
13,坂道のアポロン,A
14,ゆるめいつ3でぃ,A
15,アクエリオンEVOL,S

16,モーレツ宇宙海賊,A
17,黄昏乙女×アムネジア,B
18,Fate/Zero 2ndシーズン,x
19,這いよれ! ニャル子さん,B
20,リコーダーとランドセル レ,B

21,クイーンズブレイド リベリオン,x
22,シャイニング・ハーツ 幸せのパン,B
23,これはゾンビですか? OF THE DEAD,C
24,LUPIN the Third 峰不二子という女,x
25,咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A,C

26,ポケットモンスター ベストウイッシュ,x

{総評、寸評など}
敬称略でまいります。

『クイーンズブレイド リベリオン』と『Fate/Zero 2ndシーズン』については、いずれ視聴する予定。
このクールで一番人気の作品は、もしかしたら『Fate/Zero 2ndシーズン』かもしれないけれども、なんか後回しになってしまった。個人的に、1期でお腹いっぱいになっちゃったのかも。

では、評価の低いものから。まずD評価。
08,夏色キセキ,D
ただのスフィア押しの作品になってしまったか。この作品を深夜にやる意味がよくわからない。中学生向けじゃないのかと思うくらいにかわいい内容。舞台となった下田市は、積極的に作品を利用して地域活性化しようとは考えてないみたいだけど、段々とアニメの舞台というものの位置づけが難しくなってきている気がする。
11,めだかボックス,D
イマイチ盛り上がらなかった原因は、主役の選定にあったのでは?「新しい役柄にチャレンジする、もしくはチャレンジさせる」ということと、「その役にハマるorハマらない」ということとは、別問題なのだなと痛感する作品となった。

お次は、「普通」のC評価。
03,ZETMAN,C
なぜに今アニメ化?という感じだったけど、悪くはなかった。原作とはちょっと違ったみたいだったので、これ以降は作らないことが前提になっているのかな。
04,君と僕。2,C
2期なので控えめな評価かも。だんだんと、”子猿”こと千鶴がウザかわいくなってきた。普通に3期とか作ってもいいかもと思えるほどに。
07,さんかれあ,C
”ゾンビ萌え”って何だよ。と思いながら観始め、最終的には石塚運昇演じるキモい父親像が一番頭に残ってしまった。これほど主人公とヒロインの印象が薄くなるとは。
10,あっちこっち,C
新しい感覚の作品だなとは思う。なかなか発展せずにもどかしい二人の恋を、周囲の友人たちが生暖かく見守るという感じで。その見守り方が、鼻血を吹くなど新しい。4コマ漫画をアニメ化するのは、もう普通になってしまったけど、この傾向はどこまで続くんですかね。
23,これはゾンビですか? OF THE DEAD,C
2期目なので、安定している雰囲気はありつつ、別に真新しいこともなく。
25,咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A,C
えっと、これは「阿知賀編」ではなく、「千里山編」だったんですよね?と誰もがツッコミを入れたくなる構成。主人公であるはずの阿知賀女子よりも千里山女子にスポットが当たってしまった。そして、予定話数では収まりきれなくて、追加話数が発生ということに。麻雀をまったく知らなくてもそれなりに楽しめる作品ではあるものの、外伝はオリジナルほどには楽しめず。

そして、なかなかよかったB評価。
02,つり球,B
『センコロール』の宇木敦哉のキャラクターデザインと、独特の背景が織り成す画が面白かった。古い話だけど、なんだか『ハートカクテル』のわたせせいぞうみたいな背景で、それが江ノ島という舞台とマッチしていた気もする。アニメ自体の評価というよりも、そのチャレンジを買うといった感じ。成功しているのかどうかは疑問だけど。
17,黄昏乙女×アムネジア,B
主人公が幽霊という設定は、なかなかに斬新。最初の方は、裏表構成など実験的な回があったけど、夕子さんがなぜに幽霊となり、また人格が分離したのかというあたりは面白い。 夕子役の原由実がまた良い声。
19,這いよれ! ニャル子さん,B
ドタバタのラヴコメ(ラヴクラフト・コメディ)。フラッシュアニメだったOVAを観ていて、あまり期待していなかった割に、ちゃんとした作品になっていてよかった。パロディだらけで、それが売りでもあるんだろうけど、置いてきぼりを喰らうことも多々あり。クトゥルフ神話の入口としてはよかったかも(笑)
20,リコーダーとランドセル レ,B
主人公あつしが不憫で不憫で(笑)小5なのに大人の男性ほどの体格を持つあつしくんが、同級生の女の子と仲良くしていたりすると、すぐに警察に通報されちゃうんですよ。短い作品の中では出来がよかったと思う。
22,シャイニング・ハーツ 幸せのパン,B
ほのぼのファンタジー。このクールでは、一番の癒し系作品だったかも。私はこのTonyの描くキャラがとても好き。ゲーム原作といっても、エロもなければ攻略云々のギャルゲーといった風でもなく、純粋なファンタジーだった。そんな作品も成立するんだなというのが意外(笑)

それから、よかったけどSにはならないA評価。
05,謎の彼女X,A
原作がそうだということなんだろうけど、強烈なオリジナリティを感じる作品。それをそのまま忠実にアニメ化している感じ。見慣れない間は苦痛でさえあったけど、よだれを介したコミュニケーションという設定がすべてに光ってくる。キャラの画も好きじゃないし、正直気持ち悪い設定でもあったのに、なんともいえない魅力がある作品で、評価するしかない。
12,ヨルムンガンド,A
これは、S評価に近いA。こういったリアルにドンパチする作品は、『BLACK LAGOON』以来かも。でも、ブラクラ以上に荒唐無稽でブラクラ以上にリアリティがある。これに近い武器商人たちの攻防が実際に繰り広げられているのかもと想像すると、恐ろしくもあり、また興味深い。回を重ねるごとにひとりひとりのキャラに愛着が湧くようになっていく。秋からの2期も楽しみ。
13,坂道のアポロン,A
いわゆる”古き良き昭和”みたいなノリが苦手なので最初はどうかと思ったんだが、意外と感動できる作品だった。ジャズの演奏シーンは細かく忠実に作られていたし、クオリティの高い作品でもあった。この作品と対比すると、今の時代の高校生が、すごく子供に思える。
14,ゆるめいつ3でぃ,A
くだらないけど、大好き。松来未祐が超ナイス。
16,モーレツ宇宙海賊,A
最終回だけ未視聴。意外としっかりした作りで、楽しめた。鉄の髭の正体については、ナレーションで小山力也が使われていることで当初から予想していた。小松未可子が育ったわ。茉莉香の成長とともに小松未可子の成長を感じた一作。

最後は、とってもよかったS評価。
06,うぽって!!,S
観る前にはさほど期待していなかったのに、このクールで毎回一番楽しみにしていた作品になった。アサルトライフルを女子中学生に擬人化するという荒唐無稽も甚だしい設定でありながら、銃の擬人化ならではの性格や特徴が面白かったし、ライフルの知識が得られたり(全然必要ないけど)、キャラもかわいいし、色んな楽しみ方ができる作品だった。
15,アクエリオンEVOL,S
ハズレとアタリを繰り返す河森正治監督のアタリの方だと思う。とにかく、バカっぽくて(褒めてます)楽しかった。ハリウッド映画でいうところの娯楽超大作みたいな作品。メカアクションあり、恋愛あり、コメディ要素ありで。変に社会問題とか組み込まないで、このくらい単純に楽しめる作品の方が好感が持てる。

以上のような結果になりました。
評価しながら、「意外」という言葉が随所に出てきて、観る前の印象と観てからの印象が違っていることが多々あることを実感します。ということは、食わず嫌いをしていると、面白いものを見逃す可能性が出てくるわけで、とりあえず観てみないと始まらず、かといって数話経ってからバケる作品もあるので、切るといってもなかなかに悩ましいのであります。
でも、視聴数を減らしたい。どこかで思い切らないとダメですね。
posted by nbm at 11:00| Comment(5) | TrackBack(0) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、'12/8/4の予定です。
Posted by アニメ調査室(仮) at 2012年07月21日 14:14
アニメ調査室(仮) 様

お世話になります。
よろしくお願いいたします。
Posted by nbm at 2012年07月26日 14:16
確かに単純に楽しめる作品は良いですよね。
Posted by ダイエット@吉野 at 2012年09月04日 14:33
再び、失礼します
第26回2012年7-9月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2012/11/3予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい
Posted by アニメ調査室(仮) at 2012年10月07日 14:43
アニメ調査室(仮) 様

またまたお世話になります。
よろしくお願いいたします。
Posted by nbm at 2012年10月07日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック