2013年10月03日

アニメ調査室(仮)アンケート 2013年7−9月期

今回も、アニメ調査室(仮)さんのアニメアンケートに参加してみたいと思います。以下は敬称略で。

-評価条件-
S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い

F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし
z : 視聴不可


【2013秋調査(2013/7-9月期、終了アニメ、49+7作品)】

01,Free!,B
02,恋愛ラボ,A
03,君のいる町,C
04,進撃の巨人,S
05,有頂天家族,B

06,ムシブギョー,B
07,戦勇。 第2期,B
08,LINE OFFLINE,x
09,ブラッドラッド,B
10,ビーストサーガ,x

11,トレインヒーロー,x
12,きんいろモザイク,B
13,ロウきゅーぶ! SS,C
14,てーきゅう 第2期,B
15,げんしけん二代目,A

16,幻影ヲ駆ケル太陽,D
17,BROTHERS CONFLICT,B
18,宇宙戦艦ヤマト2199,S
19,銀の匙 Silver Spoon,A
20,ファンタジスタドール,C

21,ガッチャマンクラウズ,B
22,犬とハサミは使いよう,C
23,サーバント×サービス,A
24,神さまのいない日曜日,B
25,ハイスクールD×D NEW,B

26,ローゼンメイデン (新),B
27,獣旋バトル モンスーノ,x
28,戦姫絶唱シンフォギアG,D
29,とある科学の超電磁砲S,A
30,ステラ女学院高等科C3部,F

31,ぴっちぴち しずくちゃん,x
32,たまゆら もあぐれっしぶ,B
33,リコーダーとランドセルミ,C
34,超速変形ジャイロゼッター,x
35,ふたりはミルキィホームズ,C

36,神のみぞ知るセカイ 女神篇,B
37,八犬伝 東方発見異聞 第2期,A
38,魔界王子 devils and realist,F
39,たまごっち! ゆめキラドリーム,x
40,クロスファイト ビーダマン eS,x

41,Fate kaleid liner プリズマ イリヤ,B
42,銀河機攻隊 マジェスティックプリンス,C
43,ガラスの仮面ですが (無印/Z、全17話),x
44,超次元ゲイムネプテューヌ THE ANIMATION,B
45,私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!,A

46,マジでオタクなイングリッシュ! りぼんちゃん the TV,C
47,ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生 The Animation,F
48,ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2 (全59話),x
49,バトルスピリッツ ソードアイズ (無印/激闘伝、全50話),x
50,俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (2期、14-16話),D

51,俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (全32話),B
52,(特番) 絶対防衛レヴィアタン ミニ 焚き火劇場,x
53,(特番) ポケットモンスター ジ・オリジン,x
54,(特番) マジカル スター かのん100%,B
55,(特番) 未来日記リダイヤル,x

56,(注) 帰宅部活動記録,B
57,闇芝居,B


{総評、寸評など}

見切りのF評価。
30,ステラ女学院高等科C3部,F
女子高のサバゲー部を描いた作品。
『うぽって!!』『ガルパン』ときて、サバゲーも題材的には面白そうだと思ったのに、なぜかハマらず。4話まで視聴。4話はファンタジックでなかなか面白かったのだけど。
38,魔界王子 devils and realist,F
超がつく現実主義者の没落貴族が、悪魔同士の代理王の座をめぐる戦いに巻き込まれる話。
この作品は、面白くないから見切りというわけではないのだけど、時間の関係か視聴が続かず。時間があったら観ておきたい。
47,ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生 The Animation,F
人気ゲームのアニメ化作品。「超高校級」の高校生たちが学園に閉じ込められ、そこから卒業するために仲間を殺し、裁いていく。
期待が高すぎたのか、つまらなく思えて1話切り。ゲームをプレイしてから観たら、評価が違ったのかも。

今回、E評価はなし。

D評価。
16,幻影ヲ駆ケル太陽,D
タロットカードをモチーフにした美少女バトルもの。
『まどマギ』に続けとばかりに狙い過ぎた感が……全体的に話が暗過ぎてどんより。キャラデザはポップでかわいいと思ったのだけど。せっかく猫キャラもいるのに、さして登場してこないし、ヒット要素を故意に盛り込み過ぎて自爆した感じ。
28,戦姫絶唱シンフォギアG,D
音楽プロデューサー・上松範康が初めてテレビアニメの原作を手掛けた、歌うことで戦う美少女たちのバトルもの。2期目。
1期から評価が低かったので、なぜに2期を作ろうと思ったのかと問いたいレベル。キャラ設定にもモチーフにも統一感がなく、ガチャガチャし過ぎて観ていられない。それでも、1期よりは多少マシだったかも。
50,俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (2期、14-16話),D
実は隠れオタクである妹に振り回される兄と、その周辺の女の子たちとの交流を描く作品の2期目。
前回のアンケートの通り。妹に本気でデレたお兄ちゃんが気持ち悪すぎる。

C評価。
03,君のいる町,C
広島の田舎町に東京からやってきた少女に恋した主人公が、やがて東京に帰っていったその子を追って東京へ。ぐだぐだの恋愛漫画をアニメ化。
キャラクターデザインは馬越嘉彦がらみなようで、画が暗い。そのせいか全編が暗い。好みが分かれるところだろうけど、私は好みじゃないので。ドロドロした恋愛ものなら、せめて明るい画にしてほしいと思ってしまう。演出も間が長くてテンポが悪い。
13,ロウきゅーぶ! SS,C
小学校の女子バスケットボール部でコーチをすることになった男子高校生と部員の少女たちとの交流を描く。
小学生の女子と高校生の男子との絡みは、どうも生理的にダメで。かといって、作品として出来が悪いわけではないので。
20,ファンタジスタドール,C
デバイスにカードを通すことで召喚されるドールを駆使して、マスター同士が戦うカードバトル。
キャラがとてもかわいかった。鯖カードみたいなアホなカードをもっと出してほしかった。なんで電車が出てくるのかと思ったけど、最後の方で背景に使われていた扇形操車場の造形は興味深かった。
22,犬とハサミは使いよう,C
超がつく本好きの男子高校生の魂が死んだ瞬間になぜか犬の中に入り込み、彼が死ぬきっかけを作った人気作家と暮らすことに……
期待しすぎたのか、思っていたよりも評価できず。犬の表情の描き方は素晴らしかった。前半はミステリータッチが強く面白かったのだけど、後半がバトルものみたいになってしまって。
33,リコーダーとランドセルミ,C
大人にしか見えない小学生男子・あつしと、小学生にしか見えない女子高生・あつみの姉弟の日常を描く作品の3期目。
1期・2期とは制作サイドが代わって別物になってしまった。どことなく落ち着いてしまった感じ。本編よりもオマケ映像で監督と対戦する置鮎龍太郎が面白かった。
35,ふたりはミルキィホームズ,C
『探偵オペラ ミルキィホームズ』のスピンオフ的作品。ミルキィホームズの妹分フェザーズの活躍を描く。
秋山殿こと中上育実が婦警兼怪盗役で好演。
42,銀河機攻隊 マジェスティックプリンス,C
キャラデザ平井久司で宇宙を舞台にしたロボットアニメ。
さすがに平井久司の描くキャラは独特。内容的には、凡庸で、特別つまらないわけでもなく、特別面白いわけでもなく。
46,マジでオタクなイングリッシュ! りぼんちゃん the TV,C
オタク用語を英訳することが柱になっている作品。
TV版は、やっつけ感がひどい。

B評価。
01,Free!,B
高校の水泳部を舞台にした、男子高校生同士の友情の物語。
世間では人気のようだけど、個人的には今ひとつ。女子高生ばかりを描いてきた京都アニメーションが男子高校生を描くというので期待してはいたのだけど。
なんというか、女子高校生を男子高校生に置き換えただけというか、男子高校生にしては、感覚的に女性っぽいというか。ちょっと気色悪い部分が。
05,有頂天家族,B
森見登美彦原作の小説をアニメ化。京都で人に化けて暮らす狸と天狗の物語。
原作はだいぶ前に読んでいるので筋はわかっている。その分、映像のみを楽しんだ感じ。久米田康治のキャラデザはどうかと思ったけど、意外とハマったかも。森見作品は、読んでいて色彩豊かな感じがするので、そこはうまく描けていたのではないかと。
06,ムシブギョー,B
江戸時代、跋扈する巨大な蟲に対抗するために作られた蟲奉行所を描いた漫画をアニメ化。
夕方枠にしては、けっこう大胆なお色気シーンありなのが斬新。少年漫画っぽくて好印象。ただ、死んでしまうような重傷を負っても、簡単に復活する設定はどうなのかと。
07,戦勇。 第2期,B
配信もののギャグファンタジー漫画をミニアニメ化。
いろいろひどい(褒め言葉)。
09,ブラッドラッド,B
魔界のオタク吸血鬼が、誤って死なせてしまった人間の女子高校生を生き返らせようと奮闘する漫画が原作。
期待していたのだけど、尻すぼみ。最終11話のOAD付き原作本が出るようだけど、なぜに10話で終了?原作を買わせようという作戦か?少年漫画っぽくて楽しかったけど。
12,きんいろモザイク,B
外国かぶれの純日本人の女子高生と、ホームステイ先で知り合い日本かぶれとなったイギリス人少女を中心にした日常を描く4コマ漫画が原作。
回を重ねるにつれて味わいが出てきた。最終回の後半のミュージカル仕立てはかわいかった。
14,てーきゅう 第2期,B
テニス部を舞台にしながらもテニスなんかしやしない超高速ギャグミニアニメの2期目。
神経を集中させないと聞き取れないほど高速な会話が飛び交う作品。ミニアニメだからこそできる荒業。
3期目が継続して放送されるとのことで期待。
17,BROTHERS CONFLICT,B
乙女ゲームをアニメ化。父親の再婚で突如、小学生から30代まで13人の男兄弟ができてしまった女子高校生と、兄弟たちとの恋の鞘当て。
お母さん、どんだけ生んだの?(一人は養子だけど)あんまり兄弟が多すぎて、一人に時間をかけていられないのが難点か。EDの細谷佳正の歌い出しで毎回吹いた。しゃべるリスのジュリ(CV:神谷浩史)がかわいくない。予告が面白いのは、乙女ゲーム原作作品のお約束なのか。なんだかんだ楽しんだので、Aに近いB評価。
21,ガッチャマンクラウズ,B
おなじみの『ガッチャマン』とは違う世界観でのガッチャマン。
なら、「ガッチャマン」なんて名づけなければいいのに、と思うほど別物。主人公のはじめ役の内田真礼の声がうざい(褒め言葉です)。カッツェ役の宮野真守もうざいけど、イケてた。もううちでは宮野真守のことを「チャンカチャンカ」と呼んでいる。画的にも色彩の刺激が強く、斬新な感じではある。筋的にも、いろんなアンチテーゼを含んでいて面白かった。
24,神さまのいない日曜日,B
人が生まれなくなり、死者が生者とともに暮らす世界で、死者を葬る墓守の少女が、世界を救う旅に出る物語。ラノベ原作もの。
基本3話ずつの話が4編。それぞれによくできたファンタジー。ものを知らず恐れを知らず、時に無謀な主人公・アイの危うさが魅力なのかも。
25,ハイスクールD×D NEW,B
一度死んで悪魔となり吸血鬼の眷属となった男子高校生が、魔界の戦いに巻き込まれていく作品の2期目。エロ度高め。ラノベ原作。
主人公役の梶裕貴が「おっぱい」を連呼するが、振り切れていて気持ち良いくらい。
26,ローゼンメイデン (新),B
アンティークドール同士の戦いに巻き込まれていく主人公を描く漫画が原作。かつてアニメ化されたときは中学生の「まいた」ジュンが主人公で、今回は別の時間軸が舞台で大学生の「まかなかった」ジュンが主人公。
前作ほどドールたちに焦点が当てられてないような。主人公の心の逡巡がメインな感じ。人形が小さくなった?物足りなさはあるものの、「まいた」世界と「まかなかった」世界とのつながりなど上手に描いていたと思う。
32,たまゆら もあぐれっしぶ,B
広島県竹原市を舞台に、写真好きの少女と友人たちとの交流を描く物語。2期目。
父を亡くしたことをきっかけに父の郷里である広島に移住し、父のカメラを受け継いで写真を撮る主人公・楓。1期目では、泣くことがなかった楓が、2期目でようやく泣いていたのが印象的。まったりとした空気感は相変わらず。
36,神のみぞ知るセカイ 女神篇,B
ギャルゲー漬けの男子高校生が、悪魔にその手腕を買われて「駆け魂」の回収のためにリアルに女の子を攻略する破目になる。今回は、3期目。
3期目と聞いて、正直「まだやるのか」と思ったが、この女神篇がこれまでで一番面白かったかも。「駆け魂」回収の為に攻略してきた女の子たちに、実は女神が憑いていて、それを発現させなければならないということで、一から攻略し直すというのはうまい設定だ。
エルシィの出番が少なかったのが少々寂しかったが。蚊帳の外のエルシィが大好きな消防車で自分を慰めているのがかわいい。
41,Fate kaleid liner プリズマ イリヤ,B
『Fate/stay night』のスピンオフ作品。イリヤが魔法少女化。突然。英霊のカードを回収する戦いに巻き込まれていく。
なにせキャラクターがかわいい。本編が真面目一辺倒なノリなので、同じキャラでこれくらいくだけていると楽しめる。
44,超次元ゲイムネプテューヌ THE ANIMATION,B
ゲーム原作もの。ゲイムギョウ界を舞台に、それぞれのシェアを守る女神たちが、侵略してくる勢力と戦う。
主人公ネプテューヌ役の田中理恵のかわいい声にびっくり。ドスのきいた声のイメージしかなかったので。キャラクターがかわいくて、声優陣が豪華。それだけで十分。
51,俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (全32話),B
1期2期通しての評価ということだと、Bくらいが妥当かと。
でもそれは、ほとんど1期の力。
54,(特番) マジカル スター かのん100%,B
『神のみぞ知るセカイ』のスピンオフ。
ちっちゃくなっちゃったかのんちゃんがかわいい。
56,(注) 帰宅部活動記録,B
タイトルそのまま帰宅部の活動記録。
木戸衣吹のツッコミがすべてを活かしている。だんだんハマってきた。
57,闇芝居,B
紙芝居調で語られる怪談ミニアニメ。大人向けというふれこみ。
ホラーというジャンルは少ないので貴重。怪談マニアの私としても、なかなか楽しめる作品だった。アニメでやるからにはと、怖さを視覚的にうまく表現できる題材を選んでいると思う。


A評価。
02,恋愛ラボ,A
名門女子中学校の生徒会を隠れ蓑に、恋愛に憧れる面々が恋愛研究する日常を描く4コマ漫画が原作。
このクール一番のダークホース。とにかく赤崎千夏がイケている。後半は、段々と男子が登場してくるようになったが、逆に面白みが増したような。今後、2期以降があるとしたら、そのあたりが人気にどう響くのか興味があるところ。
15,げんしけん二代目,A
大学の現代視覚文化研究会を舞台にしたオタク群像劇。2期目。漫画原作。
1期から継続して出てくる面子のCVが変更されていたり、登場人物が代替わりしたりと、1期とはだいぶ違う印象。でも、それが奏功している。班目さんが大幅に美化されているような嫌いはあるけど。中身が腐女子の女装男子という波戸くんは面白い存在だった。1年生の腐女子コンビもよし。スーの放つマニアックなセリフにはニヤリ。
19,銀の匙 Silver Spoon,A
2012年漫画大賞受賞作をアニメ化。北海道の農業高校が舞台。偏差値至上主義から逃げるように全寮制の農業高校に入学してきた主人公と、将来酪農・農業を継ぐ立場にある同級生たちとの対比を描く。
荒川弘作品でありマンガ大賞受賞作品ということで、内容的にはお墨付きで安心して観られた。特に経済動物との関わり方や酪農農家の現実みたいな部分は非常に興味深い。将来が決まっておらず、そこにコンプレックスを持つ主人公だが、酪農・農業にどっぷり浸かってきた同級生たちを逆に刺激する部分もあり、お互いの相乗効果が面白い。2期に期待。
23,サーバント×サービス,A
お役所を舞台にしたコメディ。4コマ漫画が原作。
同じ原作者の『WORKING!!』が面白かったので、期待していた。それぞれのキャラを把握するまでは今ひとつだったが、課長(うさぎのぬいぐるみ姿)が登場したあたりから俄然面白くなった。キャラが立っていて、それぞれを見守りたくなる。
29,とある科学の超電磁砲S,A
学生を対象とした超能力開発が行われている学園都市を舞台に、レベル5(学園都市第3位)の能力をもつ女子中学生・御坂美琴とその友人たちを描いた作品の2期目。
1期では、女の子同士の友情がメインテーマだったのに、2期に入って前半は美琴が孤軍奮闘するだけでつまらなかった。後半になってようやく女の子同士の友情が描かれて、望んでいたような作品になってくれた。最後はちょっと派手過ぎたけど。
37,八犬伝 東方発見異聞 第2期,A
八犬伝をモチーフにした伝奇ファンタジーの2期目。漫画原作。
女性向け作品とあって、キャラが美麗。数話で完結する妖の話と、大元の八犬伝的な話とが交錯する。八犬士のそれぞれがその身に妖を宿しているなど、オリジナルの設定が面白い。五狐や巨大な犬神・八房、猫又など獣神たちもキュート。
45,私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!,A
喪女の女子高生が、他人とコミュニケーションをとろうと奮闘する姿を描く漫画が原作。
主人公役・橘田いずみのハマリ具合が半端ない。暴走する妄想と、現実とのギャップが悲しくも可笑しい。

S評価。
04,進撃の巨人,S
人類の前に突如現れた巨人。巨人の侵入を防ぐべく高い壁で囲われた世界で、圧倒的な巨人の力に抗おうとする人類を描いたファンタジーバトル漫画が原作。
多くの人間が容赦なく潰され食われていく中で、立体機動装置を使って巨人を駆逐しようとする兵士たち。やがて、巨人化できる人間が存在することが判明していく。
設定のオリジナリティと不条理さは群を抜いている。何もできない無力感と絶望の中で足掻く人類の姿は教訓めいてさえいる。
18,宇宙戦艦ヤマト2199,S
『宇宙戦艦ヤマト』をリメイク。
期待しないで観たせいか、良さが際立った。1話1話の筋書きがしっかりしていて、しかもそれらが最終的につながってくるプロットは見事だったし、旧作の森雪が何人もの女性キャラに分割され、それぞれが活きていたり。
リメイクものを評価できることは極端に少ないので、本当によくできていると思う。古臭く感じる所もなく、踏襲する部分は踏襲してうまく昇華させている。


意外とA評価が多くなってしまった。
2期を作ってもらって嬉しい作品がある反面、「まだやるのかよ」とツッコミを入れたくなる作品もあり……
2期目、3期目と続く作品ばかりになるのはどうなのだろうか。
とか言いつつ、なかなか観る本数を減らせないのが一番悪いのだけど。
posted by nbm at 16:11| Comment(10) | TrackBack(0) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、'13/11/2の予定です。

リストに1作品追加があります。

57,闇芝居,x

評価する場合は、上の行を記事に追加して
私のブログにコメントをお願いします。
見ていない場合は、そのままでかまいません。
Posted by アニメ調査室(仮) at 2013年10月05日 11:04
アニメ調査室(仮) 様

57,闇芝居,x
評価&コメントを追加しました。

よろしくお願いいたします。
Posted by nbm at 2013年10月05日 13:59
追記確認しました。
お手数をおかけして申し訳ありませんでした。
Posted by アニメ調査室(仮) at 2013年10月05日 14:42
アニメ調査室(仮) 様

いえいえ。
丁寧でわかりやすい指示をいつもありがとうございます。
結果を楽しみにしております。
Posted by nbm at 2013年10月05日 17:38
今回この記事を楽しみにしていました♪進撃の巨人はひとつ突き抜けてましたね。

ブラッドラッドのあの訳のわからない終わり方はそういうことだったのかぁぁぁぁ!!!と悶絶しつつ納得。それがあったにせよ、「まだ途中」感は残りそうです。

ガッチャマンクラウズは、はじめちゃんのテンションに最初はどうかなと思っていたけれど徐々に引き込まれました。色々暗喩的な感じがしますね。ところでO.Dの生死って語られてました?見落とした??

宇宙戦艦ヤマトは幼少期に映画館で見た身としては最初絵のキラキラ感に戸惑いました。(特にデスラー総統)(初恋の真田さんがキラキラじゃなくてほっとしましたが)かつていなかった女性キャラたちを上手く配置してましたよね。男性オリキャラも伊東、篠原などよかったです。

銀の匙は、都会育ちの元馬術部員として楽しく見てました。「馬がでっかいよ!」とか文句をいいつつ(笑)いまどき教材にしたいような番組ですね。「魔界王子」は最後がちょっとイキナリ感があったかな・・・もうワンクールあって納める方がちょうどよかったのでは?と思ったりしました。3カ月で起承転結やるのは大変ですよね。
Posted by たまp at 2013年10月08日 10:56
たま@ 様

楽しみにしていただいて、ありがとうございます。
いっぱいあって、途中で記事を書くのがイヤになるほどで(苦笑)
なんか最後の方は、語ることがたくさんあるはずなのに
やっつけ記事になってるような。
でもやりきってよかったです。

『進撃の巨人』は、制作サイドは相当苦労されていたようですが。
画のクオリティとか、原作よりも細かい描写の立体機動装置とか。
無事に最終話まで作り切っていただいて感謝したいような気持ちです。

『ガッチャマンクラウズ』は、はじめちゃん(CV:内田真礼)のキンキン声が……
でも、筋としてはなかなかでしたよね。
そういえば、O.DとかJ.Jとか、最後はどうなったのかわかりませんね。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は、個人的にはあまり松本零士の画から少し離れていたので
好感が持てました。
真田さんが初恋だったのですか!渋い……
肌の色が違う二等ガミラス臣民という描き方もよかったです。
ノランはいいヤツだった……

『銀の匙』は、馬がたくさん出てきますもんね。
デッカ過ぎましたか。あんなもんかと思ってた。
やっぱり、直接接している方は感覚的にわかりますよね。さすがだわ。

『魔界王子』は、ちゃんと観ようと思ってるんですけど
今は新作ラッシュで忙しく、いつになることやら。
1クール・2クールで作品を収めようとするのが普通になってしまいましたが
さすがに無理があるものも多くて
2期・3期と続けばよいのですが、それもいろいろと大人の事情があるのでしょう。
原作ありきだと特に、シリーズ構成が残念な作品もありますよね。
Posted by nbm at 2013年10月08日 11:56
03,君のいる町
04,進撃の巨人
06,ムシブギョー
15,げんしけん二代目
18,宇宙戦艦ヤマト2199
19,銀の匙 Silver Spoon
21,ガッチャマンクラウズ
36,神のみぞ知るセカイ 女神篇


偶然にチラ見し、原作を知っていると言えるのはこれくらいです。
(画面を見て原作とリンクすることができた)


息子がスイミングクラブへ通い始めました。高級らしく月謝が割と高くて驚きましたよ。ちょうど「ヤマトV」が放映された小学生の頃に私もスイミングに通っていたのを思い出しました。(級が上がって通う曜日が変更となってしまいヤマトが見れなくて残念に思ったなぁ。当時の我が家に録画装置はありませんでした。)主人公とはいえ戦闘員がいきなり艦長代理とか人事設定がおかしいと大人になって気がつきました。一般的に、機関長 → 艦長 と出世しますが、ヤマトにしてもスタートレックにしても機関長は出世しませんね。エンジニアは出世できないと暗示されているようにも思えます。
Posted by まいす at 2013年10月10日 13:07
まいす 様

すっかりレスが遅くなってしまって申し訳ありません。

よくご存知で。
『げんしけん』や『神のみ」をご存知とは、ちょっと意外です。

スイミングはよいですね。
泳ぎが身につくだけでなく、持久力がついたり呼吸器によいとも聞きます。
楽しく続けられるとよいですね。

『ヤマト」の人事設定に疑問をお持ちですか。面白い視点です。
あれだけ有名な作品だと、すでに当然な流れでの出世に思えて
何の疑問も持たずに観てましたよ(苦笑)
エンジニアはやっぱりスペシャリストというか
リーダーになるというよりは、技術的な面で危機を救うとか
そういうカッコ良さがあるように思います。
理知的で冷静、とてもクールな印象です。
相対して艦長は、「熱い人」でないといけない気がします。
エンジニアはやっぱり、現場で活躍してナンボだと思うので
下手に出世して現場から離れてしまっても宝の持ち腐れですし。
出世とは無関係に、現場でいぶし銀みたいな存在になるのが素敵。
Posted by nbm at 2013年10月12日 11:54
再び、失礼します
第31回2013年10-12月期終了アニメアンケートを始めてみました
結果発表は、2014/2/1予定です
ご都合がつきましたら、ご参加下さい
Posted by アニメ調査室(仮) at 2014年01月05日 13:43
アニメ調査室(仮) 様

ご連絡をありがとうございます。
ただいまアンケートの記事を準備中です。
今回も参加させていただきます。
Posted by nbm at 2014年01月05日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック