2014年07月10日

「デレッキ」と「てんこしゃんこ」

既にひと月以上続いている夜のウォーキング。歩いているといろいろな光景を目にするのだけれど、たまに見かけるおじいちゃんがいる。
夜も遅いというのに、自宅前の鉢植えが気になるようで、懐中電灯片手に何やらゴソゴソとやっている。観ていると、特に何もないようで、もしかしたら失礼ながら認知症なのかもしれないと思う。何か片付けたいなら、どう考えても昼間明るい時間帯にやった方が効率が良さそうだ。それを夜も更けてからやる理由があるのだろうか。何かしらの夜行性の虫とか?それにしても11時頃というのは遅すぎないか。
で、そのおじいちゃんが懐中電灯とともに手に持っているのが、いわゆる「火ばさみ」というやつである。
金属製のドデカいピンセットのようなもの。何かしらを挟む道具。
それを見て、ダンナさんが「あれ、何て言うんだっけ?」と問う。
私が「デレッキでしょ?」と答えると、しっくり来ない様子。
「じゃ、トング?」と言い直すと、「それだ!」と。
人には簡単なのになかなか覚えられない単語というのがたまにあるけれど、ダンナさんの「トング」がそれで、時折聞かれることがある。

私の中では、アレは「デレッキ」であって、「トング」ではない。
「トング」は、先端が丸みを帯びていて、すべり止めのためか金属が波打っている感じ。軽い。食品に使うことが多い。用途によっては、氷用とかパスタ用とか、少し形状や材質が違うものもある。
「デレッキ」は、先端まで直線的なラインで、ずっしりと重量感がある。こちらは、炭とかゴミとか屋外で使うようなことが多い気がする。私の頭のなかでは、十能とセット。
しかし、どうも「デレッキ」というのは一般的な呼び名ではないようだ。
冷静に考えてみると、アレを「デレッキ」と呼んでいたのは母で、それ以外の人が「デレッキ」と発するのを聞いたことがないような気がする。

あらためて、「デレッキ」を調べてみた。
「デレッキ」とは、オランダ語の「dreg」が語源とも言われ(諸説あり)、主に先端がL字に曲がった火掻き棒のことを指す言葉。北海道地方の方言という位置づけらしい。寒い北海道ならでは。石炭ストーブの付属品的なものらしい。「デレキ」とも言う。
本来は、先端がL字型の火掻き棒を指していたのが、用途が似ている「火ばさみ」も同様に「デレッキ」と呼ばれるようになったのだろうか。
どうやら、青森県や岩手県など東北北部では「火ばさみ」=「デレッキ」と思っている方が見受けられる。
北海道では「火掻き棒」=「デレッキ」で、東北北部では「火ばさみ」=「デレッキ」という感じ。

さて、我が母は新潟県佐渡の出身だが、戦時中に疎開していた先が秋田県だった。
戦後もしばらく秋田で生活していたようなので、ここで覚えた言葉なのかもしれないと想像。

「デレッキ」は、東京・埼玉で生まれ育ったダンナさんには、通じない言葉なわけなのである。

ウォーキングをしながら、ダンナさんとそんな話をしていたら、出てきた言葉がある。
「てんこしゃんこ」
これは逆に、ダンナさん以外からあまり聞かない言葉だ。
ダンナさんによると、お父さんがよく使っていて、自分も使うようになった言葉だという。ちなみに、お父さんは、東京出身。

「てんこしゃんこ」を調べてみると、東京方言らしく、「食い違い、行き違い」という意味と、「だめになる」という意味とあるらしい。また、麻雀用語でも使われているらしい。
ダンナさんは、簡単に言うと、「交換する」というような意味合いで使うことが多いのだが、ニュアンスがかなり微妙だ。
自動車を整備することも仕事の一部であるダンナさんだが、部品を交換するときに「てんこしゃんこ」と表現することがある。ただし、ただ古い部品を新しい部品に替えるとか、部品ひとつだけの交換のときには使わないし、全部取り替えるなら「全とっかえ」になる。
A車のひとまとまりとB車のひとまとまりとを交換し、尚且つ、A車でもB車でも、交換した部品たちがそれぞれに交換後に交換前よりも良く働いてくれる状態になるときに限って「てんこしゃんこする」ことが成立するようだ。
とはいえ、ダンナさん本人によると、「それが本来の意味での使われ方ではないかもしれない」とのこと。
ちなみに、「だめになる」という言い方を考えると、「おシャカになる」という言い方の方がしっくりくる。

「あべこべ」という言葉があるが、これは「間違っている状態」を指しているように思う。
「てんこしゃんこ」には、この「間違い」のニュアンスはなく、交換前の状態についてもなんとなく肯定的で、交換後も変わらないかそれ以上の状態になるようには感じる。
関西の方では、「てれこ」という言葉があるが、ニュアンスとしてはこれに似ているような気もする。が、「てれこ」は、本来「交互にする」という意味のようなので、やはりちょっと違うか。

「てんこしゃんこ」を標準語に言い換えてみると……
と考えてはみるのだが、うまく言い表すことができない。だからこその方言なのだと思う。微妙なニュアンスを伝えることができるのが、方言の良さだ。

誰かがポツリと言い出した言葉が、段々と地域に広がる。最初は意味もよくわからずに使い出した言葉が、人から人へと伝わって周知されるようになっていく。
ところが、それが一定の地域を出て行かない場合がある。山や海を越えられないという物理的な障害がなくても、土地に言葉が留まってしまうことがあるのが不思議だ。
posted by nbm at 10:53| Comment(8) | TrackBack(0) | ことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言葉って生き物ですからね
人間が操って運んでいくんですよぉ

昔、方言が京都から円心状に
各地へ広まっていったという説を
聞いたことがあり
妙に納得してしまいました

名古屋では
ほかってとかまわしとか方言があります
婆っ子だった私は普通に使っていましたが
他の地方の子には通じませんでした

今では
交通機関が発達して
言葉の広がりも拡大しましたけど
方言は大切な言葉だと思います
Posted by プリュム at 2014年07月10日 19:50
プリュム 様

方言は、年代によって使用頻度が変わったりするようですね。
年配の方たちと若者たちでは方言の使い方が違ったり。
近年は、方言の良さが見直されてきているような気がします。
Posted by nbm at 2014年07月10日 22:50
我が家(実家)は、十能から火鉢に火のついた炭を写す時も火箸を使ってしまってますね。バーベキューのときはトング状のものを使うけど「炭ばさみ」と言ったかなぁ・・・?
確かに、屋外用のちりとりに附属してあるアレには何科名称があったような。「ちりひろい」かな??「デレッキ」について母にリサーチしてみます。(母方の曾祖父母は弘前の出)

「てれこ」「いれこ」は使いますが、「結果として間違えた」というニュアンスがあるようね気がします。てんこしゃんこには江戸の響きを感じます。
リンクを「オシャカになった」の語源に触れた記事にしておきました♪
Posted by たま@ at 2014年07月14日 13:56
たま@ 様

ご実家では火鉢をお使いでしたね。
火鉢にはやっぱり火箸ですよね。
十能からでも火箸がしっくりくる気がします。
お母様のご意見をぜひうかがいたいです。

「てれこ」はもともと関西の言葉のようですから
細かいニュアンスがよくわかりませんでした。
やはり「間違えた」というニュアンスが含まれるとお感じですか。
「いれこ」は「入れ子」でしょうか。マトリョーシカのような?

リンク先の記事におじゃましますね。
Posted by nbm at 2014年07月14日 23:58
ご無沙汰な上に、スマートフォンからなので簡素で申し訳ありません。いろいろと連想させられたのですが、まとめると遅くなってタイミング逃してしまうので、お許しください。

駅のホームに設置してあるのは
「安全拾得器」
詳しくは知りませんが、鉄道事業者では相模ゴム工業製が使われているみたいです。(未確認)


狭いところに落としたナットやビスを拾う道具は「ピックアップツール」で検索すると出てきますね。先端が爪式のを持ってますが、あまり使いません。ステンレス製のビスを多用するので磁石式は使えません。あと、塗装検査用の鏡を付け替えできるタイプもありますが、「覗き」を連想させられますし、ピックアップツールも侵入道具を連想させられるから、工具箱入れたままな事が多いです。

私が「マジックハンド」から連想するのはパンタグラフ式の伸縮性あるタイプなんですが、これは任天堂製品のウルトラアームという物みたいですね。

「マニピュレーター」と表現すると、医療器具や宇宙空間、深海探査とかで使う本格的なモノばかり連想してしまいます。ちなみに「ロボットアーム」だと自動車製造工場で使われる自動溶接機タイプです。


デレッキは馴染み無い名称です。
スパゲティを茹でるときに使う木製のフォークみたいな道具の名前がいつも覚えられません。
Posted by まいす at 2014年07月22日 12:54
まいす 様

こちらこそご無沙汰しております。

「ピックアップツール」は、磁石のやつを連想しますが
磁気が通用しないものについては別の方式でないとだめですもんね。
先っちょがパカッと開いて対象を掴んでくれるやつでしょうかね。
あれは「安全拾得器」と似ていますね。
なんだか難しい手術で使う医療器具みたいです。

「マジックハンド」というと、パンタグラフ式が浮かびますが
先っちょが人の手の形になっているものや
ロボットの手みたいにC型になっているものもありますよね。
鉄道で使う「安全拾得器」はC型ですよね。
でも、自分の頭の中では、パンタグラフ式だと思い込んでました。

「マニピュレーター」というと、やはり深海探査を想像しますが
なぜか操作する方のジョイスティックみたいなのが浮かびます。
仕事をするのはアームの方のはずなのに。

「デレッキ」はやはり使いませんか。
”スパゲティを茹でるときに使う木製のフォークみたいな道具”
というのは、
あの木ヘラにダボみたいなのが10本くらい埋まっているようなの?
「スパゲティトング」、もしくは「パスタサーバー」とか
じゃなければ「パスタレードル」?
それとも本当に大きいフォーク型?
「サーバートング」みたいなものでしょうか。
なんか名称がちゃんと定まってないみたいですね。
いろんな呼び方がされています。

やっぱりものの名称って難しいですね。
輸入ものに関しては、最初に日本で定着した呼び方が
先行して使われるような気がします。
Posted by nbm at 2014年07月23日 00:18
一般的に「スパゲティレードル」と呼称されるモノの様です。私がイメージするのは木製です。「茹で上がったパスタを素早く湯から取り出すことができる」と説明されていますが、ザルなどに開けたほうがよっぽどはやいです。

私は使ったことありません。

「料理なんて少しもやったことの無い駄目な一人暮らし女性の部屋にだいたい有るものの一つ」と若いころの腹黒まいすは思ってました。……いや、今でも思ってますなぁ。

そもそも「レードル」とはしゃもじみたいなもの、おたまみたいにくぼんだもの、穴あきのしゃもじみたいなものなど総称的な名称みたいですが、自分が使わない道具には関心が薄くて覚えることが出来ません。
Posted by まいす at 2014年07月23日 22:20
まいす 様

「レードル」というと
いわゆる「お玉」の片側に口がついて注ぎやすくなっている
形状のものを勝手にイメージしてしまいます。
「横口レードル」というもののようですが。
「お玉」は「お玉」だもの。

先ほど、全く別のことを調べていて
たまたま多賀大社に行き当たり
「お多賀杓子」というのが「お玉杓子」や「オタマジャクシ」の
大元の語源であることを知りました。

パスタはザルにあけるのが一番手っ取り早いですね。
その後の調理を考えても、時間をかけないのが一番。

「スパゲティレードル」のように
何かに特化した道具というか
何かをすることだけに限定している道具は
経験上、なるべく持たないようにしています。
大体、使い物にならないし、使わなくなるし
置き場所にも困るようになるので。
でも、そう悟るまでにはいろいろ無駄なものを買ったような(笑)
Posted by nbm at 2014年07月23日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック