2015年04月11日

2015年3月30日からの地震メモ

2015年3月30日からの地震メモです。

千葉・茨城を中心に近県の有感地震は以下のとおり。
2015年3月30日17時32分頃 茨城県沖 M3.4 深さ約40km 最大震度1
2015年3月30日18時49分頃 茨城県沖 M3.2 深さ約40km 最大震度1
2015年3月31日6時33分頃 茨城県南部 M3.3 深さ約50km 最大震度1
2015年3月31日12時59分頃 茨城県北部 M3.9 深さ約60km 最大震度2
2015年3月31日23時33分頃 千葉県東方沖 M3.4 深さ約10km 最大震度1
2015年4月1日6時44分頃 茨城県南部 M2.9 深さ約70km 最大震度1
2015年4月1日10時8分頃 茨城県南部 M3.1 深さ約60km 最大震度1
2015年4月2日17時8分頃 茨城県北部 M3.2 深さ約60km 最大震度1
2015年4月5日8時37分頃 茨城県沖 M3.5 深さ約40km 最大震度1
2015年4月7日20時33分頃 千葉県東方沖 M3.7 深さ約30km 最大震度3
2015年4月10日7時36分頃 茨城県南部 M3.1 深さ約50km 最大震度1
2015年4月10日23時35分頃 父島近海 M4.1 ごく浅い 最大震度1

見る限り、なんということもない感じ。


この間のM5以上または震度4以上の地震はなし。
えっ!? こんなことあったっけ?
2011年4月頃から1〜2週間ごとに記録を続けてきましたが、国内でM5以上または震度4以上の地震がまったくなかったということは、初めてかも。
あまりにも静かですねぇ。

主な海外の地震。
2015年3月30日8時49分頃 ニューギニア付近 M7.6

気になることといえば、ニュースにもなっていましたが、茨城県鉾田市の海岸にイルカのマスストランディングがあったこと。
4月10日朝、4kmほど海岸線に沿って、150頭ものカズハドンゴウが打ち上げられたという話。
カズハドンゴウは、日本近海だと九州以南の温かい海に棲息しているらしいのですが、深い所にいる種なので、生態がよくわかっていないとのこと。しかしながら、茨城県沿岸で見つかるのは異常なことで、浅い海にもいないということなので、やはりナゾ。集団で迷い込んだことから、寄生虫の影響などは考えづらく、原因としては、温かい黒潮に乗って北上してしまい、冷たい海流とぶつかる茨城沖あたりで迷ったのではないかという説が有力だというのだけれど……地球温暖化の一部なのか海水温も変化しているようですし、東日本大震災で海底の環境が変化していて、海流の流れ方も変わってきているそうですが。
やはり、思い出すのは、4年前のこと。2011年3月5日にも、鹿嶋市の下津海岸に52頭のカズハゴンドウが打ち上げられたこと。
それから1週間足らずで、東日本大震災が起きましたから、よく憶えています。当時から、ニュージーランドなどでの例もあり、大地震の予兆ではないかと噂されていたものです。
しかし、イルカが打ち上げられた海岸付近を震源として揺れるわけではありませんし、関連性があるのかというのは疑問が残るところなのですが、大規模なマスストランディングがあると直後に大きい地震が起きているのもまた事実。マスストランディングがあると必ず大地震が起こるわけではないけれど、大地震が起こると、その直前にマスストランディングがあったという例は多いのです。
カズハゴンドウは南の海に棲息しているということなので、日本の南の海で何事かが起きていると考えるのが妥当なのかもしれませんが、どうなのでしょうか。
何らかの問題があった海域から逃げてきたと考えればそういうことになるかもしれませんが、そんな単純なことでもなさそうです。
バタフライ・エフェクトほど壮大な話ではなくても、日本近海で発生したことは、日本近海で影響しあうくらいの漠然とした感覚が、実はさほど間違っていないような気がします。
4年前を考えても、茨城の海岸でのマスストランディングの直後に、宮城県沖を中心とした震源で大きな地震が起きたわけですが、カズハゴンドウはずっと南の海から北上して茨城県沖に辿り着きそこで力尽きています。日本を取り巻く海の中で何が起きているのかはわかりませんが、長距離を移動するだけの理由があったはずです。
今回のカズハゴンドウたちは、南海あたりの異常から逃げてきたような気がしてなりません。途中まで温かい海流に乗って北上したものの、途中で異常な事態に遭遇して方向を見失い、そのまま北上を続けてしまった、とか。
私は埼玉県在住ですから、関東近県の地震にスポットを当ててデータを拾っていますが、この数カ月の間に気になる動向をしているのは西日本で、それが南海につながっているような気がするのです。
千葉県から茨城県にかけての震源で活動が活発な状態が続いているのも気になるのですが、それは今に始まったことでもないので、「いつものこと」と片付けられなくもないのですが。

どちらにせよ、備えることはやっておいた方が安心です。
大きな地震が起きないことを祈りますが、万が一に備えておくことは大事だと思います。
posted by nbm at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック