2017年06月29日

メンテナンス、メンテナンス

あぁ、エアコンって素晴らしい!
午前中は汗だくになって雑用を片付けておりましたが、午後はまったりと身体を休める時間に当てております。

5月の暑かったある日、リビングのエアコンをつけてみたら動かない……
リモコンを本体の受信部分にピッタリつけて操作するとなんとか反応するものの、心もとない感じ。
まず、リモコン側を疑い、汎用型リモコンを購入してみる。数百円の出費なので、ダメ元。
しかし、動かない。他のエアコンはこのリモコンで動くので、やはりエアコン本体側の問題らしい。
ここでダンナさんの修理魂に火が点く。
受信部に使われている部品を調べ、秋葉原に買いに行くも、目当てのものはなく、似たようなものを買ってきてハンダ付けしてみるが、その努力も虚しく……
エアコン取り付け業者をしている友人に相談してみたら、気を利かせた彼が交換部品を持ってきてくれた。が、それはダンナさんが秋葉原で買ってきたものとまったく同じものだった。

考えてみれば、このエアコンはもうかれこれ20年ほど使っていることになる。
ここに引っ越してきたとき、前の家に付いていたものを件の友人が取り付けてくれたのだった。
諦めよう。
そして、そこからはどんなエアコンを買うべきが選定が始まった。
お値段がお安いのは当然ありがたいが、いろんな機構が付いていてもあまり必要を感じないし、シンプルなほど故障が少ないと考え、とにかく安くて何もついていない機種でよいと決めた。
しかし、ネックになるのは設置場所である。室内機を設置するのは窓上。高さ30数センチしかない。今のエアコンは、上部から風を吸い込み前面から吐き出す形になっているため、上部を5センチほど開けるのが設置要件。
最近のエアコンは高さ29センチが主流だが、それは設置不可能とわかった。

となれば、高さが低いものを選ぶのみ。機種は少ないが、いくつかのメーカーが24〜25センチの製品を作っている。
マンション最上階なので、天井からの熱がこもりやすいとあって、普段は6畳で使うわけだが、いわゆる8畳用をチョイス。就寝時はリビングの隣の部屋を使うが、リビングのエアコンをつけて、2部屋を冷やすことにしている。隣の部屋のエアコンを使うことで直接風が当たらないことになり、喉がやられないで済むのだ。

件のエアコン取り付けをしている友人から、長期無料保証がある量販店を勧められる。
最近のエアコンは3年ほどで不具合が生じることも多いとのことで、保証が大事になってくるらしい。
彼にすべてを依頼すれば安心だったのだが、彼の扱うメーカーはうちの希望サイズのものはなく、取り付けだけを頼むにしても、この時期忙しいのに申し訳ないと思い、断念した次第。

勧められた量販店で、購入し、土日は厳しいが平日なら空きがあるとその週のうちに取り付け工事が完了。
めでたしめでたし。
そして今、エアコンのおかげで快適に過ごせている。

エアコンの他に、炊飯器も買い替えた。
これも年季が入っていて、しばらく前からゴムパッキンが割れ、うまく炊けなくなっていた。
うちは毎日、補食のおにぎりをダンナさんに持たせるため、冷めても美味しいごはんであるとありがたい。
圧力IHの製品を考えていたのだが、どうやら圧力IHのごはんはねっとりし過ぎて冷やごはんに向かないらしい。それに、圧力をかける機構がこれまた故障のもとだと考えた。手入れも面倒そうだし。
ということで、IHでいいやと妥協。
そうなったら、別に安い機種で十分。釜も今はこだわりの素材がいろいろあるようだけど、安い機種なら似たり寄ったりだろうし。今まで5合炊きを使っていたが、いつも3合しか炊かないので、象印の3合炊きに決定。
価格帯を調べておいたのだが、ふらっと立ち寄ったあるディスカウントストアでネット価格よりも安く売っていたので、迷わず購入。
思っていたよりも小さくて、おもちゃみたいだ。
しかし、これでご飯を炊いてみたら、十分に美味しい。もっと高い機種ならもっと美味しく炊けるのかもしれないが、十分に美味しいし、冷めても美味しい。お手入れも簡単。
難があるとすれば、一度に3合しか炊かないからいいやと思って3合炊きにしたが、炊きあがってかき混ぜるときに余裕がないのでこぼれそうになる(笑)それと、液晶表示部分のメモリーのために補助的にリチウム電池が使われているそうだが、電池の寿命がくれば交換が必要で、自分では交換できない仕様だということ。
とはいえ、コストパフォーマンスが高いと思う。
で、ナゾなのは、この炊飯器、パンが焼けるらしい。
まだ試していないが、いつかやってみようと思う。
パンなんて、焼こうと思えばオーブンで焼けるのだけどね。

そして、先日。
台所の水道のハンドルが壊れた。止まった位置からスコンと抜けて、また回ってしまう。水は一応止められたが、怖くて使えない。そういえば、ここしばらく、ちゃんと閉めたのに、水がピチョンピチョン滴っていたっけ。あれが前触れだったのだ。
不具合は水側だったので、そちらは封印し、とりあえずお湯側のハンドルを使用することに。
翌日、仕事から帰ると、ダンナさんが部品を買ってきて直してくれていた。
お湯側もちょっと漏れたり怪しかったので、両方部品を全部取り替えてくれたそうだ。
ハンドルはしっくり回るようになった。蛇口の角度も下がり過ぎていたようで、修正してくれている。

このひと月ほどの間に、いろいろと交換・メンテナンスしてきたが、身体もちょっとメンテナンスしてみた。
首のイボが気になっていたのだが、意を決して皮膚科に行ってみた。人生で初めての皮膚科。
いわゆるアクロコルドンというヤツだ。感染するイボとは違い、老化に伴う小さな腫瘍のようなもの。
液体窒素や炭酸ガスレーザーで取ったりするのかと思いきや、はさみでチョキンチョキンと切ってくれた。それだけ。
こんな簡単になくなるのなら、もっと早く皮膚科に行けばよかったよ。
小さくて隆起していないものは取りきれなかったが、全然目立たない。もしまた育ってしまったら、また切ってもらおう。
皮膚科に行ったついでに、長年気になっていた頭にあるほくろについて相談してみる。直径12mmほどあり、高さも1cmほどある。元はもっと小さなほくろだったが、だんだんと大きくなり、次第に色が抜けてほとんど肌色になっていた。触るとぶよぶよして気色悪い。ダンナさんは面白がってよく触ってきたけれど(笑)
髪に隠れて見えないとはいえ、いい機会だと思い、これも手術で取ってしまうことにした。手術といっても、診察室で横になって、歯医者で使うのと同じ局所麻酔を射って、切り取るだけの話。髪と縫合糸が似ていたので縫合に医師が苦労していたが、15分くらいで終わった。
術後は1日1回塗り薬を塗るのと、抗生物質を3日飲んだだけ。手術の翌日からシャワーで洗ってよいとのことで、消毒の必要もなし。塗り薬がすべて。
そして、1週間後に抜糸。抜糸後も塗り薬はなくなるまで塗るようにとのことだったが、これで終了。
念の為に細胞診に出しているそうだが、ある程度成長したところからは何年も変わらなかったから、たぶん悪いものではないと思う。
ちょうど髪を切りたかった時期だったが、長い方がまとめやすいかと思い、手術まで我慢。カラーなど、術後どれくらいから可能か医師に聞くと、抜糸から1週間後以降という話だった。傷が過敏に反応することがあるのだそうだ。髪を切ってさっぱりしたいのだが、もう少し我慢、我慢。
でも、長年気になっていたものが無くなってスッキリ。
自分でもシャンプー時に指を引っ掛けたりするのだが、美容師さんも時々。長年通っている所だから、わかっていただいてはいるのだが、忘れることもあるよね。何より、感触が気色悪いだろうなと思っていたので、取ってよかった。

そういえば、手術前の血液検査がまたひどかった。肘の内側だと全然出てきてくれない。早々に諦めた看護師さんは、「手首から採ってもいいですか?」と、疑問形だが有無を言わさず手首から採られる。痛いよ。そして、また内出血だよ。やれやれ、まったく。
この体質、どうにかならんかね。痩せればもう少しはマシになるかもだけど。
posted by nbm at 17:00| Comment(5) | TrackBack(0) | どうでもいいこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぉ!

エアコン20年も働いてくれたんですね
お疲れ様です

私は近年になって
エアコンを利用し始めたのですが
思ったよりも省エネ機能が凄くって
電気代もかからないことになっています

これからも、長持ちしてほしいですね

うふふ、ほくろの部分
昨年の私と同じですね!
うなじにあったのですけど
いまでは、すっきりしています

物にも、人にも時期があるように
必要なときには
買い替えることも決断しなければと

炊飯器のくだりも
釜が小さくなると確かに!
ご飯を混ぜるのにこぼれそうですよぉ

あはは、同じだぁと笑ました
Posted by プリュム at 2017年06月29日 22:23
こんばんは。

>とにかく安くて何もついていない機種でよいと決め
>た。

素晴らしいです。自分はついつい、あれもこれもと
多機能を求めてしまう派なので…

今使っているエアコンもS社の自動お掃除機能が付いて、プラズマクラスターが付いて、と欲張ったのですが、実際プラズマクラスターってあんま効果ないし、お掃除機能も長年使っているとあんまり、で。

なので、次のエアコンはとりあえずよく効くやつを買おう、と思ってます。一昨年、家の居間用にD社のエアコンを買ったんですが、寒いくらい効くのは感動しましたね。余分な機能は無いのですが、エアコンとしての本質が際立っている感じです。

そういえば、エアコンを買った時、当然エアコンの調子が悪かったのですが、洗濯機も同時に壊れていたのを思い出しました。で、同時に買い替え、と。

家電は、重なる時は買い替えが重なりますよね。
Posted by kz-1 at 2017年06月29日 23:00
プリュム 様

新しいエアコンになって、電気代がどれくらい違うのか楽しみにしています。
まぁ、元を採るには何年かかるんだって話ですが……(苦笑)

プリュムさんもほくろを取っていましたね。
けっこう背中を押していただいたかも。
おかげさまでスッキリしました!

なんだか交換とかメンテナンスとかって、時期がありますよね。

いろんな人のレビューを見て参考にしたところで
自分が使ってみて初めてわかることっていうのもありますね。
まぁ、致命的なことでなければ、上手に使っていくまでです。


kz-1 様

今までも極力シンプルなものを購入するクセがありましたから
自分が多機能で失敗したという憶えもないのですが
自分が使わない機能ならついていない方がいいという考えです。
その分、値段がお安いのは自明の理ですしね。

そうそう、エアコンの場合はお掃除機能が充実しているかどうかが
製品選びのひとつの判断基準になっていますね。
新しいエアコンにも最低限のものしかついていません。
内部の結露防止ができるくらいです。
それでも何もついていないわけではないところがすごいですね。

記事に書いた友人がまさにD社を扱っており
できればD社製品がよかったのですが
話のとおり、サイズ問題で断念しました。
質実剛健な感じですが、うちのような判断基準のご家庭には
評判がよいのでしょうね。

家電製品たちは、なぜか同時にダメになりますね。
買った時期も違えば、使用頻度も違うのに。
まるで示し合わせたかのように壊れるのがナゾです。
Posted by nbm at 2017年06月30日 01:08
何でこうなのか自分でも不思議なのですが、ほとんどの家電が…特に炊飯器や冷蔵庫など、学生時代というかひとり暮らし開始時に買ったそれが30年以上を経て未だに現役です。
普通はとっくに壊れてるはずですが…逆に回転系のCDプレイヤや外付けDVDドライブとかポータブルDVDプレイヤとか、数年で壊れてしまってますが(笑)。

炊飯器、これよく解ります。うちは二合炊き(笑)なのですが、二合炊いたほうが美味しいから基本的にそうしてるものの、天地返しとかやりにくいんですよね(笑)。同居人がいた時代は四合炊きを使ってましたが、それで四合炊いたとしても二合炊きに比して開口部の面積が広いから、混ぜやすかったな、と。で、四合炊きは同居人が買ったものだから同居人が持ってった、と。

エアコンはうちの構造上(=古い日本家屋というか、鉄旅時の車窓で見かける平屋の小さな文化住宅とそう変わらないかも)、DKに窓型しか取り付けが出来なかったので、引っ越してきた翌年に自分で取り付けて…ちょうど20年になります。そのまま居間までスルーな感じで使ってます。

最近はさすがに冷えが効きにくくなってきましたが、年々暑さを増してる近年において逆に自然の風を…という方向性で、昨年はほとんど使いませんでした。暑さにからだを徐々に慣らす方向性で、乗り切ってます。
もっとも、よっぽどの時は使ってますが。

その分、扇風機が大活躍なのですが、これが実家から持ってきた年代物で、製造から50年以上が経ってるもの。親が結婚したときに買ったという骨董品です(笑)。
ただ、毎年バラして清掃してグリスアップしてますから、よく聞く古いそれのように火を噴いたりはしないと思いますが。

昔のものは構造がシンプルだから、壊れにくいのかも。ただ、実家でエアコンを買い換えたら電気代が嘘のように安くなったとのことで、この辺はさすが最新の技術だなと思います。
でも使えるうちは…換えられないんですよねぇ…貧乏性だな(笑)。

Posted by 中林20系 at 2017年07月02日 20:20
中林20系 様

よくわかります。
同じ家電製品を長く愛用していて、特に不具合もないので買い替えすることもなく使い続けるという……
イマドキの製品ならば、電気代も安くなるだろうし、使い勝手も便利になっているはずですが、特に買い替えしなくても、というね。
で、結局は、故障してから慌てる破目に……

でもね、数十年前のものと今のものでは作りが違うというのはあると思いますよ。
昔の製品の方が、比較的丈夫にできているのは事実ですし。
おっしゃるように、機構が単純だというのが大きいかもしれませんね。

実は、これまで使っていた炊飯器は出戻りなんです。
当然、新しいものを買っても良かったのですが、ちょうど必要になった時期に戻ってきたので
そのまま再び使うことにしました。
雑に使われていたようで、傷だらけになってましたが(苦笑)
不具合はなかったのでね。

うちは地域的に暑くなる場所なので、エアコンがないと死にます。
それに、夏は毎年微熱が出るので、外から冷やさないとそれこそ命にかかわりそうです(笑)
暑熱順化が重要なことは頭ではわかっているのですが
正直なかなか難しいですねぇ。
気温が30度くらいなら
湿気さえ少なければ使わないで済むのですけど。
近年は35度とかザラですし。

うちでは、扇風機は冬でもよく使っているので
逆に壊れるのが早い気がします。
扇風機と洗濯機は中古の貰い物ばかりで
遠慮無くガンガン使って使い倒すパターンです。
中林さんのように丁寧にメンテナンスをしたら
どんなものでも長く使う事ができるのかもしれませんね。

やっぱり、たとえ月々の電気代が安くなろうが
万単位のお金が一度に出るのは痛いですからね。
新品の電化製品って、買うのにそれなりの決心が要ります。
失敗しないように、スペックや価格帯などをじっくり調べて
納得しないと買わないという私こそ、貧乏性です(笑)
Posted by nbm at 2017年07月02日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック