2019年04月21日

アニメ調査室(仮)アンケート 2019年1−3月期

今回もアニメ調査室(仮)さんのアンケートに参加したいと思います。


【2019春調査(2019/1-3月期、終了アニメ、63+4作品) 第52回】

-評価条件-
S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可



01,みにとじ,x
02,W'zウィズ,x
03,ラディアン,C
04,ケムリクサ,B
05,エガオノダイカ,C

06,けものフレンズ2,C
07,マナリアフレンズ,C
08,アイカツフレンズ!,x
09,デート・ア・ライブIII,C
10,ガーリー・エアフォース,B

11,revisions リヴィジョンズ,C
12,サークレット・プリンセス,F
13,おこしやす、ちとせちゃん,B
14,キャラとおたまじゃくし島,x
15,ブギーポップは笑わない,B

16,デュエル・マスターズ!,x
17,フライングベイビーズ,x
18,ぱすてるメモリーズ,F
19,モブサイコ100 II,S
20,おしりたんてい,x

21,えんどろ〜!,B
22,火ノ丸相撲,B
23,キャプテン翼,x
24,賭ケグルイXX,C
25,五等分の花嫁,C

26,明治東亰恋伽,B
27,爆釣バーハンター,x
28,上野さんは不器用,A
29,ほしの島のにゃんこ,x
30,風が強く吹いている,S

31,約束のネバーランド,A
32,ドメスティックな彼女,B
33,荒野のコトブキ飛行隊,C
34,魔法少女特殊戦あすか,C
35,私に天使が舞い降りた!,B

36,不機嫌なモノノケ庵 續,B
37,ツルネ 風舞高校弓道部,B
38,とある魔術の禁書目録III,C
39,妖怪ウォッチシャドウサイド,x
40,ベイブレードバースト超ゼツ,x

41,グリムノーツ The Animation,C
42,転生したらスライムだった件,A
43,同居人はひざ、時々、頭のうえ。,B
44,宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち,x
45,ミッキーマウスとロードレーサーズ,x

46,ソードアート・オンライン アリシゼーション,B
47,バミューダトライアングル カラフル・パストラーレ,F
48,レイトンミステリー探偵社 カトリーのナゾトキファイル,x
49,かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦,B
50,逆転裁判 その「真実」、異議あり! Season2,x

51,少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん 第3シリーズ,x
52,ピングー in ザ・シティ 第2シーズン,x
53,3D彼女リアルガール 第2シーズン,B
54,あはれ! 名作くん 第3シリーズ,x
55,ねこねこ日本史 第3シリーズ,x

56,ピアノの森 第2シリーズ,B
57,キラッとプリ☆チャン,x
58,HuGっと! プリキュア,x
59,臨死!!江古田ちゃん,F
60,わしも wasimo 6期,x

61,雨色ココア SideG,F
62,BanG Dream! 2nd Season,B
63,B-PROJECT 絶頂*エモーション,x
64,(全8話) パパだって、したい,x
65,(全11+1話) マーベル スパイダーマン 第2シーズン,x

66,(特番) ポプテピピック TVスペシャル,B
67,(特番) ペルソナ5 Stars and Ours,B



{総評、寸評など}

見切りのF評価。
12,サークレット・プリンセス,F
18禁版もあるゲームのアニメ化。女子高校生たちが仮想空間で戦う「サークレット・バウト」で競い合う。
半分くらいは視聴。
18,ぱすてるメモリーズ,F
スマホゲームをアニメ化。オタク文化が衰退してしまった未来のアキハバラが舞台。失われた文化を取り戻すべく戦う少女たちを描く。
パロディ作品となっているが、作りは雑。
47,バミューダトライアングル カラフル・パストラーレ,F
トレーディングカードゲームからのスピンオフ。海の中、人魚たちの物語。
キャラデザが苦手。カマキリの目みたい。
59,臨死!!江古田ちゃん,F
4コマ漫画原作を毎回異なる監督・主演で制作。
挑戦的な趣向は面白いのだけれど、中身が伴わず。
61,雨色ココア SideG,F
電子漫画のスピンオフ。男性キャストメインの本編に対して、こちらは女性キャストメイン。
本編も観ていないので、必要性が感じられず。

C評価。
03,ラディアン,C
フランスの漫画が原作。魔法使いの少年の冒険譚。
何かの二番煎じ感は否めない。それでも悪くはないのだけれど。
05,エガオノダイカ,C
タツノコプロ創立55周年記念作品。とある王国のわずか12歳の王女と、軍人である17歳の女の子。敵対する者同士の物語。
国を任せるのには幼い姫様を周囲の大人が守り過ぎてドツボにハマる展開が繰り返され、非常にストレスフル。物語も大風呂敷を広げたら畳み切れなくなったようで消化不良。1クールでは両者を描き切れず、感情移入もしないままに終わる。
06,けものフレンズ2,C
人間化した動物たちが暮らすジャパリパークでのお話。2期目。ゲームを初めとしたメディアミックス作品。
たつき監督を切ったことが完全に裏目に。前作からの継続性はなく、ワクワク感のない作品に成り下がる。
07,マナリアフレンズ,C
「神撃のバハムート」のスピンオフ。15分枠。
悪くはないのだけれど、特筆すべきところはなし。「神撃のバハムート」本編との関連も感じられず。初回のエンドカードくらいか。
09,デート・ア・ライブIII,C
人間にとって脅威となる精霊の女の子たちをデレさせることで無力化する少年が主人公。ラノベ原作。3期目。
正直、まだやるのかという印象。精霊の女の子たちも増えすぎて一人一人がぼやける。根幹に関わるストーリーだったが、盛り上がらず。まじひくわー。
11,revisions リヴィジョンズ,C
渋谷の中心部が切り取られたように未来へ漂流。敵と遭遇しパニックの中で描かれる青春災害群像劇。3DCGのオリジナル作品。
閉鎖空間の人間模様はなかなか面白いのだが、基本設定にはツッコミどころが満載でリアリティに欠ける。何より救世主妄想に陥った主人公がウザい。
24,賭ケグルイXX,C
ギャンブルによる階級制度が学園を支配する名門校を舞台に、ギャンブルに狂う蛇喰夢子が暴れまくる。漫画原作。2期目。
生徒会長選挙編に入り、得票数の移り変わりがわかりにくかったが、全体的には1期を観てパターンがわかっているので2期目は観やすかった。
25,五等分の花嫁,C
学業成績はからきしの五つ子のお嬢様たち。彼女たちの家庭教師を引き受けた男子高校生が主人公。漫画原作。
作画が壊滅的で話が頭に入ってこないほど。
33,荒野のコトブキ飛行隊,C
西部劇風の世界を舞台に、レシプロ戦闘機で戦う少女たちを描く。ほぼ3DCG。
確かにレシプロの戦闘シーンはそれなりなのだが、せっかくの3DCGがなぜか平面的。キャラクターにも愛着がわかず、観ていても頭に入ってこない。
34,魔法少女特殊戦あすか,C
異世界からの侵攻に対抗し生み出された魔法少女たちの戦いを描くダーク・ファンタジー。漫画原作。
グロくて酷い描写多数。辟易する。
38,とある魔術の禁書目録III,C
科学と魔術が交差する物語。言わずと知れたラノベ原作。
もう何が何だか。主役の2人はそっちのけ、浜面仕上の物語になってるし、話が大きくなり過ぎて理解できず。
41,グリムノーツ The Animation,C
「運命の書」によって人生が決められた世界で、運命を持たない主人公の冒険を描くファンタジー。スマホゲーム原作。
決められたパターンの踏襲とはいえ筋書きは悪くないのだが、戦いのシステムがゲーム的で話と乖離する。

B評価。
04,ケムリクサ,B
荒廃した世界で、水を求めて巨大なムシと戦う姉妹たちを描くディストピア的な作品。たつき監督によるオリジナル。
さすがのオリジナリティ。独特の世界観は誰も真似できない。
10,ガーリー・エアフォース,B
正体不明の飛行隊に侵略されている世界で、少女のような人型自動操縦装置を伴う戦闘機が戦うSF戦闘機アクション。ラノベ原作。
期待していなかったせいか楽しんだダークホース的な作品。ちょっと古めの戦闘機が活躍するのが楽しかった。
13,おこしやす、ちとせちゃん,B
京都の街を皇帝ペンギンのヒナであるちとせちゃんが散歩し、人と交流するお話。漫画原作。ショートアニメ。
知らない京都のあれこれを物言わぬペンギンに教えられるという……ほのぼの。
15,ブギーポップは笑わない,B
"世界の敵"と戦うために現れるブギーポップとその周囲の人々を描くダーク・ファンタジー。ラノベ原作の再アニメ化。
原作はラノベのお手本のような存在だが、今の世に受け入れられるのだろうかと訝しみつつ観ていた。個人的には面白い。なんというか、NHKの往年のSFジュブナイルドラマを観ているようだった。
21,えんどろ〜!,B
異世界での日常を描くというありそでなかったファンタジー。オリジナル作品。
やわらかいタッチの画と色彩。ほのぼのとしたストーリー。ほっとする作品。
22,火ノ丸相撲,B
体格に恵まれない主人公が、高校相撲から横綱を目指すスポ根もの。漫画原作。
国技だというのに珍しい相撲アニメ。相撲はよく知らないので、いろいろと勉強になった。ご都合主義的ではあるが、弱者がのし上がっていくのを見るのは小気味よい。
26,明治東亰恋伽,B
明治時代の偉人たちの世界にタイムスリップした女子高生の顛末。女性向け恋愛アドベンチャーゲームが原作。
女性向け作品は苦手なのだが、これは視聴できた。自分も明治時代にタイムスリップしたようで楽しい作品だった。
32,ドメスティックな彼女,B
主人公の高2男子に親の再婚で姉妹ができるが、姉は憧れていた教師、妹は一度関係を結んだ相手ということに……という作品。漫画原作。
若さゆえか姉妹2人の間ではっきりしない態度の主人公が最悪。煽情的な展開を狙っている感があり、あまり素直に観られず。
35,私に天使が舞い降りた!,B
人見知りの女子大生と小学生の妹の友達たちとの交流を描く。4コマ漫画原作。
要はロリを愛する百合ものだが、さほど変質的な感じはせず、ほのぼのとしていて悪くない。
36,不機嫌なモノノケ庵 續,B
妖怪が見える主人公が「妖怪祓い屋」の手伝いをすることになる妖怪ファンタジー。漫画原作。
主人公の父親をめぐる話や、隠世から排斥される展開など、今期は少々シリアス。かわいい妖怪が多く、癒しの要素あり。
37,ツルネ 風舞高校弓道部,B
一度は弓道を止めた主人公が高校の部活で再び弓道を始める。ラノベ原作。
京アニが男子高校生を描くとどうしてこう気色悪くなるのか。個人的に受け付けない。しかし、弓道の世界は新鮮で面白い。
43,同居人はひざ、時々、頭のうえ。,B
人見知りで作家である青年と飼われ始めた猫との日常。ウェブコミックが原作。
Aパートが人間視点、Bパートが猫視点で描かれることが多かったが、面白い試みだったと思う。事故で両親を失った主人公が、猫を中心にして周囲の人と交流を深めていくハートウォーミングな展開は、少々芝居がかっていたが及第点。
46,ソードアート・オンライン アリシゼーション,B
アリジゼーション編は、性懲りもなくゲームの世界に送り込まれた主人公が長大な時間をゲーム内で過ごすことになる。ラノベ原作。
行きがかり上仕方ないとはいえ、またゲーム世界に送られる主人公。まだ後編が残っているので、全体的な評価ができない。
49,かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦,B
お互いに惹かれあいながらも、プライドが邪魔をして素直になれない男女2人の高校生の丁々発止を描くラブコメ。漫画原作。
終わってみれば楽しんだのだが、やはり藤原書記にもっていかれた感強し。3話のEDは伝説級。
53,3D彼女リアルガール 第2シーズン,B
オタク男子と男癖が悪いと噂の美少女との恋愛を描く。漫画原作。
最終的な展開を知っていたので、やきもきしつつ視聴。結局はハッピーエンドでよかった。作画は褒められたものじゃないが、筋は面白かった。2期では、石野さんがいい味を出していた。
56,ピアノの森 第2シリーズ,B
森にあったピアノを弾いて育った主人公が伝説的なピアニストと出会い、ピアニストとして成長していく物語。漫画原作。
主にショパンコンクール出場が描かれていたが、吹き替えのピアノが素晴らしかった。ただ、主人公の弾き手は明らかにされておらず、気になる。個人的には、シマノフスキを演奏したシモン・ネーリングのピアノが好き。
62,BanG Dream! 2nd Season,B
いろんなガールズバンドが登場。メディアミックス作品。
ちょっとシリアス展開もあったが、ライバルとして仲間としてバンド同士が協力していく姿は清々しかった。
66,(特番) ポプテピピック TVスペシャル,B
MX版で視聴。あとの3タイプも観たい。声優マニアとしては、このポプテピピック方式は単純に興味深い。
67,(特番) ペルソナ5 Stars and Ours,B
ようやくラストまで描かれた。「ペルソナ4」には及ばなかったものの、それなりに楽しんだ。

A評価。
28,上野さんは不器用,A
おかしな発明品で思い人の気を惹こうとする上野さんの奮闘を描くギャグ作品。漫画原作。15分枠。
上野さんにCV:芹澤優がハマる。山下の対応も好き。
31,約束のネバーランド,A
孤児院で育てられた子ども達が自分たちの残酷な運命を知り、逃れようと抗うダーク・ファンタジー。漫画原作。
ドキドキする展開。すべてを疑いたくなるような世界で、子供たちがもがきながらも希望をもって行動する姿から目が離せない。
42,転生したらスライムだった件,A
異世界に転生したらスライムだった主人公が、意外なチート能力を発揮して活躍するファンタジー。WEB小説が原作。
チート主人公はお腹いっぱいなのだが、設定がいいのか嫌みがなく楽しめた。細かい部分がよく考えられている。

S評価。
19,モブサイコ100 II,S
桁違いの超能力を持つ中学生と彼を支える周囲の人たちの物語。漫画原作。
1作目からそうだったのだが、主人公モブの愛され具合が素晴らしい。ただ、今回は霊幻が全部持って行った。ED「メモセピア」の映像がとってもよい。モブを見守る周囲の人たちの優しさが伝わってくる。2期は、それがテーマだと思う。
30,風が強く吹いている,S
オンボロの学生寮の住人たちが突如として箱根駅伝を目指すことになるというストーリー。三浦しをんの小説が原作。
ありえない設定とは思いつつも徐々に引き込まれ、2クールを楽しんだ。キャラ設定がよく、配役もバッチリ。柴犬もかわいい。メンバーそれぞれが抱える問題が、単純に「走る」ことによって昇華されていく青春群像劇。爽快。


アニメを本気で観始めて15年以上経過。視聴した作品数は軽く1000タイトルは越えていると思うけれど、「アニメ」と一口に言ってもジャンルを考えただけでも様々で、本当にいろいろな作品があるわけで。作画や脚本が雑というのでなければ、評価というのは、結局は好みの問題だと思う。
毎回、こちらのアンケートに参加させていただいているが、自分の評価基準は「自分がいかに楽しんだか」が大きなポイントだ。
私が高評価をしたところで、同じ作品を同じように楽しめない人もいるだろうし、その逆も然り。
それを踏まえて、アニメに触れたことのない人でも、アニメに興味を持ってもらえたらと思うし、自分が観ていないジャンルを観て楽しんでもらえたらと思う。


さて、4月からの新番組も楽しんでいるが、今のところ、面白いのは以下の通り。
『真夜中のオカルト公務員』 なんだこれ?想像していた以上にとんちんかんで笑う。
『キャロル&チューズデイ』  音へのこだわりが半端ない。
『さらざんまい』      幾原ワールド全開!
『フルーツバスケット』   再アニメ化でどうなることかと危ぶんだが、いけそう。
『ひとりぼっちの○○生活』  優しい話だ。ほのぼの。
『鬼滅の刃』        さすがのufotable。いろいろあるけど、頑張ってくれ。

ということで、このクールも楽しみたいと思います。
posted by nbm at 13:17| Comment(4) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、'19/5/4の予定です。
Posted by アニメ調査室(仮) at 2019年04月21日 13:34
アニメ調査室(仮) 様

ありがとうございます。
結果を楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
Posted by nbm at 2019年04月21日 19:42
「チート主人公はお腹いっぱい」ですよね!私は自分であまり観るものを選んでいないけれど、妙に主人公万能な作品が多いなぁと思ってました。転スラは楽しいですね。やや展開が早いような気がしました。2−3話かけてもよさそうなエピソードがさっくり終わる感。

「鬼滅の刃」、ローソンで絵面を見て興味を持って視聴を始めました。どうもdアニメで観ているらしく、過去作品なのか現在放映中なのかさっぱりわからない(;´Д`)
Posted by たま@ at 2019年05月07日 14:09
たま@ 様

すっかりご無沙汰しております。

異世界ものってだけでもお腹いっぱいなんですけど、大概チート主人公ですよね。
時代の閉塞感がそうさせるのでしょうか。
それでも、なんだかんだと新機軸っぽいものが出てくるのが逆に凄いと思いつつ視聴しております。
確かに、駆け足な感じでしたね。

近年の配信ものは、一挙に視聴できますし、新旧入り乱れてもいますよね。
視聴スタイルに自由度が増したと思う反面、カオスになったというか、時代と作品との結びつきが薄れてきましたね。
音楽の世界はしばらく前からそんな感じだと思ってましたが、アニメなども同様になってきた感があります。

「鬼滅の刃」は絵力がありますね。作画に力が入ってますから、楽しめそうです。王道の少年漫画もの。息の長い作品になってほしいです。
Posted by nbm at 2019年05月07日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。