2020年07月31日

アニメ調査室(仮)アンケート 2020年4−6月期

今回もアニメ調査室(仮)さんのアンケートに参加したいと思います。

-評価条件-
S : とても良い
A : 良い
B : まあ良い
C : 普通
D : やや悪い
E : 悪い
F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)
x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)
z : 視聴不可



【2020夏調査(2020/4-6月期、終了アニメ、32作品) 第57回】

01,球詠,C
02,アルテ,B
03,number24,x
04,プランダラ,F
05,かくしごと,B

06,継つぐもも,C
07,グレイプニル,B
08,啄木鳥探偵處,B
09,困ったじいさん,x
10,波よ聞いてくれ,A

11,神之塔 Tower of God,F
12,BNA ビー・エヌ・エー,B
13,おしりたんてい (4期),x
14,LISTENERS リスナーズ,B
15,イエスタデイをうたって,C

16,社長、バトルの時間です!,B
17,BanG Dream! 3rd Season,B
18,アルゴナビス from BanG Dream!,x
19,A3! SEASON SPRING & SUMMER,x
20,かぐや様は告らせたい? 天才たちの恋愛頭脳戦 (2期),B

21,本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでられません 第2部,A
22,乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…,A
23,白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE,C
24,邪神ちゃんドロップキック' (2期),B
25,八男って、それはないでしょう!,C

26,新サクラ大戦 the Animation,B
27,プリンセスコネクト! Re:Dive,B
28,(TV初放送) ケンガンアシュラ,x
29,(全 8話) 俺の指で乱れろ。 閉店後二人きりのサロンで…,x
30,(全13話) <Infinite Dendrogram> インフィニット・デンドログラム,C

31,(全12話) はてな☆イリュージョン,C
32,パウ・パトロール シーズン2,x




{総評、寸評など}

見切りのF評価。
04,プランダラ,F
誰しもが何らかの「カウント」を持つ世界。伝説の撃墜王を探して旅をする少女が、お面を被る不思議な人物と出会う。マンガ原作。
内容が取っ散らかり過ぎて付いていけず。設定ばかりが先行してしまった印象。我慢して1クールは視聴したが、2クール目の学園編に入ってから輪をかけて付いていけなくなり脱落。
11,神之塔 Tower of God,F
韓国のデジタルコミックが原作。バトルしながら塔の頂上を目指すファンタジー。
『HUNTER×HUNTER』みたいな設定。途中で飽きる。

C評価。
01,球詠,C
高校を舞台に女子硬式野球の世界を描く。マンガ原作。
ストーリーがしっかりしていて野球を真面目にやっているのに、作画がネタ級にひどくて残念過ぎた。これで作画がしっかりしていたら、高く評価されただろうに。
06,継つぐもも,C
帯の付喪神・桐葉といっしょに主人公が怪異を退治する妖怪ファンタジー。マンガ原作。
流し見。作画もノリもどこか古い。今期はシリアス展開で、ひとつの話を引っ張っている感が強く魅力が半減。
15,イエスタデイをうたって,C
大卒でフリーターとなった主人公を中心にした恋愛青春群像劇。マンガ原作。
主人公も煮え切らないが、主人公が思いを寄せる相手が非常に苦手なタイプで観ているのが苦痛だった。
23,白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE,C
スマホ向けゲームが原作。ゲームの前日譚を描くファンタジー。
終始シリアスな展開で重苦しい。もっと気軽に楽しめる展開だったら、評価は変わったかも。
25,八男って、それはないでしょう!,C
オンライン小説が原作。異世界転生もの。サラリーマンだった主人公が転生したのは、没落貴族の八男だったというファンタジー。
不利な立場の主人公に魔法の才能だけはあるというのが救い。華麗に下克上とまではいかず、消化不良。
30,(全13話) <Infinite Dendrogram> インフィニット・デンドログラム,C
兄から勧められてダイブしたVRMMOの世界で繰り広げられるバトル・ファンタジー。ラノベ原作。
段々と現実世界が描かれなくなり、ゲーム世界に浸っていくのは狙いだったのかもしれないが、上滑りな印象。
31,(全12話) はてな☆イリュージョン,C
失われた魔法の道具アーティファクトを取り戻すために怪盗となった少女とその相棒の活躍を描くファンタジー。ラノベ原作。
作画も粗いが、物語に入り込めなかったのは、主人公の声が強すぎたからかも。残念ながら、心地よさが感じられなかった。

B評価。
02,アルテ,B
ルネサンス期のイタリアを舞台に、当時、女性がなるのは難しかった画家を目指す主人公の挑戦を描く。マンガ原作。
ストーリーはさておいて、当時のイタリアの習俗が興味深い。
05,かくしごと,B
漫画家であることを娘に隠している父と娘のハートフルコメディ。マンガ原作。
久米田康治作品にしては毒がマイルド。脇役だったが、改めて声優・浪川大輔の力量を思い知る。EDが大瀧詠一とか、どこからそうなったのか不思議だがマッチしていた。
07,グレイプニル,B
ゆるキャラの着ぐるみのような容姿に変身する能力を得た主人公が、その中に入って戦うことができる少女と出会い、謎を解きつつバトルをくりひろげるファンタジー。マンガ原作。
突飛な設定だが、作画が丁寧で、世界観には入りやすい。謎がまだ解けていないので、続きがあるのか気になるところ。
08,啄木鳥探偵處,B
石川啄木と金田一京助のコンビを中心に、周囲で起きる事件を紐解いていく。小説原作。
啄木のクソっぷりが容赦なく描かれ、小気味よいほど。キャラデザが苦手だが、当時の文化や今は失われた古い東京の風景が手稲煮に描かれていて面白い。
12,BNA ビー・エヌ・エー,B
TRIGGER制作のオリジナル作品。獣人たちが集まり暮らす島が舞台。人間だったのに獣人化してしまった少女が島にやってきたところから物語が始まる。
獣人と人間との対立。それを利用しようとする勢力。構図は明確で、キャラクターもティピカル。TRIGGERらしく作画は完璧だけれど、何もかもが王道過ぎてつまらないと思うのは贅沢なのか。
14,LISTENERS リスナーズ,B
自分の体を戦闘ロボットにジャックで繋いで操れる少女と出会った少年が共に旅に出る。オリジナル作品。
音楽をモチーフとした作品で、役名やキャラクターがリアル世界の音楽にちなんだものになっている。殿下には笑う。ノイバウテン三姉妹はいいキャラクター。主役2人がロードムービー的に色んな町の色んな音楽に触れていくストーリーだけれど、なぜ戦闘になるのかとか肝心な部分がぼやけてしまって頭に入ってこない。
16,社長、バトルの時間です!,B
異世界を舞台に、社長になって冒険者である社員を雇い、ダンジョンを攻略していくファンタジー。スマホ向けゲームが原作。
タイトルからしてそうだが、すべてが会社経営になぞらえてある世界観で、折角のファンタジー世界を楽しもうにも現実に引き戻される残念な設定。ライバー役の八代拓が面白かったのが収穫。
17,BanG Dream! 3rd Season,B
ガールズバンドをテーマにしたメディアミックス作品。
RAISE A SUILENのメンバーについて描かれている部分が多く、ちょっと新鮮だった。元々、ちゃんと演奏するバンドのメンバーとして集められたであろうRAISE A SUILENの個々人が声優さんとして頑張っているのが微笑ましかった。
20,かぐや様は告らせたい? 天才たちの恋愛頭脳戦 (2期),B
名門校の生徒会長と副会長がお互いに相手に告白させようとあの手この手の恋愛頭脳戦を展開するラブコメディ。マンガ原作。
この2期では、生徒会会計の石上くんがいい味を出している。生徒会再編成で新しく加わった会計監査の伊井野ミコも新鮮。その分、主役2人と藤原書記の影が薄まってしまったような。
24,邪神ちゃんドロップキック' (2期),B
魔界の悪魔・邪神ちゃんと、彼女を召喚したゆりねを中心に日常生活を描くドタバタブラックコメディ。マンガ原作。
1期では邪神ちゃんの声が受け付けられずにいたが、2期は意外と受け入れられた。耳が慣れたのか?不思議と1期より2期の方が楽しめた。
26,新サクラ大戦 the Animation,B
アニメ化はもちろん舞台化もされ、長く愛されたアクションアドベンチャーゲーム「サクラ大戦シリーズ」の新作をアニメ化。
旧作からメンバーを一新したものの、やはりどこか古めかしい。それが良いのか悪いのか。3DCGなので、のっぺりとしたキャラクター。3DCGは、美少女キャラクターを扱う作品とは相性が悪い気がする。
27,プリンセスコネクト! Re:Dive,B
ソーシャルゲーム原作。記憶を失った主人公がペコリーヌたち仲間とギルドを作り、戦ったり美味しいものを食べたり。
ゲーム原作の中では、アニメの出来が良い。キャラクターもかわいいし、単純に楽しい。中性的な蒼井翔太の声に戦慄。説教をしない阿部敦は珍しい。

A評価。
10,波よ聞いてくれ,A
ひょんなことからラジオパーソナリティとなる破天荒な主人公の奮闘を描く。マンガ原作。
ジャンルを問われると、何と表現したらよいのか困る作品だが、面白い。登場人物それぞれにクセがあり、飽きさせない。中でも、同じ沙村広明原作の『無限の住人』にも共通して出てくるマキエさんを両作品で能登麻美子に演じさせるという憎いことをやってくれた。
21,本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでられません 第2部,A
異世界に転生した本好きな主人公が、幼く病弱な体ながらも本を作ることに情熱を傾けるファンタジー。
相変わらず、いろいろとわからないことが多い世界で奮闘する主人公。敵視する人間も出て来てハラハラしつつ、味方も増えて心強い。続きが楽しみ。
22,乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…,A
侯爵家の一人娘としてわがままに育った主人公が、ある時前世の記憶が甦り、今いるのがかつて自分がプレイした乙女ゲーム世界で、自分が悪役であり、破滅の道しかないことを知っていた。そこで、破滅を回避するためにあの手この手で策を講じることになる。ラノベ原作。
異世界ファンタジーものはお腹いっぱいのはずなのだが、新しい視点が新鮮。主人公で「天性の人タラシ」であるカタリナが魅力的なキャラクターで、破滅回避というか、自然な振る舞いが周囲の人間を魅了していくのが痛快。演じる内田真礼もマッチしていた。


次々と放映中のアニメが放映中止・延期となり、それでも完走した作品は、事前に制作されていたものもあっただろうけれども、「本当にお疲れさまでした」と言いたくなりました。
posted by nbm at 00:39| Comment(2) | コミック・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご参加ありがとうございます。
アンケートは回収させていただきました。
結果発表は、'20/8/1の予定です。
Posted by アニメ調査室(仮) at 2020年08月01日 10:04
アニメ調査室(仮) 様

遅くなってすみません。
結果を楽しみにしております。
Posted by nbm at 2020年08月01日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。