2017年02月28日

フリーダムタウン東松山

ほとんど記事にできてないけれど、昨年は、主にレッサーパンダ目当てでいろんな動物園に行っていた。
今年もその傾向は続いていて、東松山市にある「埼玉県こども動物自然公園」に行ってきた。
コアラで有名になった動物園であるということは認識していたのだけれど、今まで行ったことがない。
敷地が広大で、埼玉県内で最大の動物園とのこと。
「こども」と冠している通り、猛獣系はいないし、小動物などに触れ合えるコーナーの規模が大きいとは思った。

昨年からの流れで、レッサーパンダ目当てだったはずなのだけれど、こちらのレッサーパンダ舎は植えられている高い木のはるか上の方に登ったままだったりして、あまり近くで観察できない。レッサーパンダ自身には心地よいのだろうけれど、観ている側としては物足りない感じで。

ということで、他の動物を楽しんでしまった。
まずは、なかよしコーナーから。
コーナー内ではヤギやブタなどが放し飼いにされている。
アルパカさんがお散歩中で、少し触らせてもらった。このコは背中に触られるのが苦手だということで、頭の方を。体毛がよれて束になっているが、やはりモフモフ。くりくりのお目目パッチリ、まつげが長ーい。
生まれてまだ数週間の子羊ちゃんが2匹。足が震えてずっとフルフルしている。
ブタは落ち葉のプールで身じろぎもせず。寒いのか、触っても動かずに「触んなや!」とブウブウ言っている。
ぶたさんプール.jpg

ヤギたちはそこここに居て、高い所に登ったり、ベンチに座り込んでいたり。
ヤギアップ.jpg
こうなると、当然のことながら、ウ○コ注意。動物たちをブラッシングするブラシも置いてあるのだが、「ご自由にお使い下さい」的に箒とちりとりのセットも置いてあって、こども達がウ○コをお掃除している(笑)

さて、お次は、珍しいマヌルネコ。ここには4匹もいる。展示されていたのは3匹だったけど、そのうち1匹は奥に引っ込んでいて姿が見えず。見えているのは2匹のみ。
マヌルネコ.jpg
目つき悪い〜(笑)他のネコ科と比べると、顔のパーツのバランスがおかしい。岩の陰から頭を少し出して周りを窺う生活をしているうちに、顔は横長になって目の位置が高くなりこうなってしまったらしい。体つきはずんぐりしていて、長毛でモッフモフ。
2匹とも静かに佇んでいる。
その裏手には本来はヤブイヌがいるはずなのだが、ちょうど展示がお休み中だったようで、観られなくて残念。

この辺りで、園内に放し飼いにされているマーラに出会う。デカめのげっ歯類。中型犬くらいの大きさ。ウサギとシカが混ざったような容姿。
しかし、フリーダムだな、おまえら。
その辺にたくさんいるのだが、臆病なのか、こちらが少し近づくと逃げて行ってしまう。

薄暗い小動物コーナーの中には、ハダカデバネズミもいる。
ネズミカンガルーが落ち着きなくビョンビョン飛び跳ね、ミツオビアルマジロがチョコチョコチョコチョコと早足で歩き回っている。

日本で唯一の展示となっている世界最小の鹿、プーズー。
寒いのが苦手なのか、暖かそうな展示室の中でまったり座っていた。角が片方もげている。
後から知ったのだが、どうやらプーズーに赤ちゃんが生まれたそうで、3月3日から公開される予定だそうだ。

あまりに広いので、鳥類がたくさん展示されているエリアには行かず。どうせ展示されていないし。鳥インフルエンザ騒ぎで鳥類はほとんど観られない。
普段ならペンギンコーナーにも入れるのだが、近づけず。ヤツらも一応”鳥”なんだよな。

今度は、橋を渡って北園から東園へ。こちらは、オセアニアの動物が固まって展示されている。
名物のコアラは、樹状で眠っている。動かないし、まるでぬいぐるみ。
コアラは、母親の糞を子供に食べさせることでユーカリを消化するための微生物を受け渡すということは知っていたが、長い盲腸で離乳食を作っていて、それを食べさせているということまでは知らなかった。

シマオイワワラビーは毛並みが美しいのだが、遠目にしか観られず、なんだか勿体無い。
と、思っていたら、カンガルーコーナーで衝撃を受ける。
ここ、カンガルーコーナーに”入れる”。
つまり、放し飼いにされているカンガルーの中に入っていける。
ベビーカーでお子さんを連れた若夫婦が入り口前で戦いている。私も「大丈夫なのか?」と思いつつ、2重扉を開けて中へ。
カンガルー入り口.jpg

すげぇ。ほんとにカンガルーとの境がない(笑)
放し飼いカンガルー.jpg
一応、両側にちょっとした段差があって真ん中を道が通っているのだが、柵や網などはなく、カンガルーは道の両サイドのエリアを普通にピョンピョン渡って行き来している。
エリア内に人は踏み込まないことにはなっているものの、カンガルーたちは20頭くらいいただろうか。時折、立ち上がってボクシングしたりしているし。触れるほどの距離ではないものの、十分に近い。

その流れで、今度はワラビーのコーナーへ。
ここもカンガルーと同じシステムで放し飼いにされているワラビーの中に入っていけるのだが、こちらは距離感がほぼゼロ。ワラビーさんに触れる。ダンナさんは手をペロペロ舐められていた。
放し飼いワラビー.jpg

その横には、カピバラ温泉。ぎゅうぎゅう。
カピバラ温泉.jpg

そして、最後に北園に戻り、キリンとシマウマを観に行く。
展示場が細長く、キリンが走っている。動物園で走っているキリンを目の当たりにしたのは初めてだ。
もうキリン舎に帰っていく時間だったので、しまわれていくキリンを見送る。

あまりに広大だったし、午後から行ったので、たぶん半分くらいしか回っていない。
お子さん向けには、他にこどもの城や恐竜コーナーなどもあるし、もう少し時間があればお隣の埼玉県平和資料館や大東文化大学のビアトリクス・ポター資料館も観てみたかったけれど、時間と体力が足りなかった。

それはさておき、動物園に着いた頃には昼を過ぎていて、どこかで昼食をと思ったら、動物園の目の前に武蔵野うどんの看板があり、じゃあここでお昼を食べてから動物園に入ろうということになった。
初めての店で勝手がわからず、とりあえず店内に入って券売機で食券を買い、カウンターでつけ汁うどんを受け取った。
他にカウンターには天ぷらがたくさん並んでいるのだが、値段などがわからない。
もう一度入り口を見てみたら、「うどん、天ぷら、ごはん、漬物が食べ放題」とある。
なんですとー?全部?食べ放題なの?
客席の中央に島があり、ごはんやら漬物やらがおいてある。ご丁寧に電子レンジもあって、ぬるくなったつけ汁を温め直すことができる。これでうどんを追加しても安心。
しかし、おかしいだろ、このシステム……「かえし」も置いてあるので、うどんの他に天丼食べ放題ということもできる。うどんは茹でたて、天ぷらも揚げたてで普通に美味しい。
800円ほどの料金でこれは、どう考えてもおかしい。
家に帰ってから調べてみると、チェーン店でそこここにあるお店らしいのだが、システムが店ごとに違い、すべてがコミコミで食べ放題なのは東松山店だけの様子。
すごい店に遭遇してしまった。敢えて店名は書きませんが、ちょっと調べればすぐにわかります。
遠いから、ちょくちょく行こうとはならないけれど、お近くに行くことがあればぜひ。
いつまであのシステムかわからないし、お早めに。

しかし、フリーダムな動物園。そして、フリーダムなうどん屋だった。
posted by nbm at 14:59| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

♪都〜が〜やってる〜

CA3I2206.jpg

珍しく平日にダンナさんがお休みとなり、どこかへお出かけしようと言う。さて、どこに行こうか。
ということで、またまた近場で神代植物公園に遊びに行ってきた。以前から近辺はよく通るものの、中に入ったことがなく、一度観てみたいねと行っていた所だったので、植物公園を観て蕎麦でも食べてこようという魂胆だ。

新しく道が整備され、ほとんど一本道のような感覚で行くことができるようになった。中央高速にも出やすくなったってことだ。いつも調布インターとの行き来に難儀していたので。
深大寺界隈に到着したのは昼の1時を過ぎていたのだが、目当ての蕎麦屋は長蛇の列で、行列が嫌いなダンナさんには耐え切れないなと思い、第2候補に行ってみるもそこも行列。第3候補はちと離れているので、そこならどうかと行ってみたら、なんと店休日だった……それならと、車を駐車場に停めて、深大寺そばの茶屋風の店舗を目指してみる。
こちらは難なく入店できた。ダンナさんはシンプルに二八のもりそば。私もここに来るまではもりそばを食べようと思っていたのに、誘惑に負けてぶっかけそばを頼んでしまった。それなりにおいしかったんだけど、好みより少し固めのゆで具合だったことと割高感があって、次回は第1候補だった店で食べたいと思った。
雑木林の中でオープンエアの店だったのに、虫がいないのが不思議だったな。

2大目的のひとつをクリアし、お腹も落ち着いたことだし、植物公園へ。
残念なことに、ただいま大温室は改装工事中とのことで入れず。今、見頃を迎えているのはバラ。バラフェスタの真っ最中で、平日だというのにけっこうな人数のお客さんがいる。平均年齢が高い(笑)

深大寺側の入り口から入り、手前のゾーンからゆっくり観てまわる。まずは小さな橋を越えて「つばき・さざんか園」「さるすべり・ざくろ園」「うめ園」のゾーン。花はほとんど咲いていないが、つばき類は品種の多さに驚く。みんな違う名前がついている。うめには青梅が生っている。さるすべりの木は木肌がつるつるしていて、そりゃあサルも滑るわと納得。枝ぶりが複雑で面白い。
「竹・笹園」には、これまた多くの種類が並ぶ。ここで衝撃の事実を知る。竹と笹との違いを解説してあるプレートがあったのだが、北海道には笹はあっても竹は無いらしい。北海道というところは、本州以南と生態系が違うことを耳にすることがあるが、竹も無かったのか。ちなみに、調べてみたら沖縄にも竹はないそうで。
どこからを帰化植物とするのかという点を考えるのは難しいといつも思うのだが、竹はほぼ帰化植物だとのことで、大陸からやってきて日本に広まったけれど、海を越えられずに北海道や沖縄には到達しなかったということだよね。今現在、竹は「日本的」なものだというイメージが強いけれど、「アジア的」なイメージももちろんある。日本に入ってきて独自の使われ方をしていて、生活に密着しているので、帰化植物だなどと考えもしなかった。うちにだって竹製のものはある。笊はもちろん、団扇に熊手とか。タケノコだってよく食べるし。竹にはお世話になっているな。

橋を戻って「かえで園」。グリーンのかえでも日に透けて綺麗だ。中にはなぜか紅葉しているものもある。調べてみると、「春もみじ」と呼ばれる現象があって、葉緑素が不十分な春の新芽が赤く見えることがあるのだそうだ。
ここからしばらくは背の高い樹木が立ち並ぶエリア。木肌がオレンジ色の木を見つける。バクチノキというらしい。由来を調べてみたところ、博打で身ぐるみ剥がされる様から名付けられたらしい。樹皮が剥がれてオレンジ色の肌が見えているからな。
デカイかえでのような葉のモミジバフウ。やはりでかい葉のホオノキ。これが朴葉か。朴葉寿司とか朴葉焼きとか聞いたことがあるけど、この葉っぱだね。
だだっ広い芝生公園の中央には、背の高いシロガネヨシの一群が。別名・パンパスグラス。丈は3mくらいはあるだろうか。ススキのお化けみたいな感じ。南米のパンパスに生えてるんだね。
芝生広場の片隅には小さな蓮池がたくさん並んでいる。まだ花の時期にはちょっと早い。これまた種類がたくさん。古代蓮もあれば、不忍池斑蓮もある。不思議な蝶が蓮池に佇んでいるのを発見。茶色くて枯れ葉の形をしている。調べてみると、コノマチョウの仲間のようだ。
赤いブラシのようなブラシノキ。これは以前にたしかズーラシアで見たことがある。それから、近所のお宅の庭先でも見かけて、一般的にも育てられているのを知った。小さく白いサラサウツギの花が可憐だ。これは見たことがない。
正門近くの植物会館では食虫植物がお出迎え。奥では、バラの展示会が開かれていた。少し除くと、バラ盆栽が置いてあった。これはかわいい。盆栽のバラは初めて見た。
ガーデンビューローでは、様々な植物を購入することができる。お値段も手頃な感じ。家の近くのホームセンターなどでみるものとは一味違うものばかり。花の好きな義母におみやげをとも考えたが、そういえば今週末は遅い母の日でゴージャスな花束をあげることになっている。ということで、また今度ね。
「つつじ園」も品種のことなるつつじでいっぱい。花の咲く季節なら壮観だと思う。その横に池があるのだが、奥の方にはスイレンが咲いていた。熱帯性のスイレンは茎が水の上まで伸びるのだそうで、水の上に浮かんでいるように見えるスイレンは温帯性なのだそうだ。水面から茎を伸ばして咲くのはハスだと思い込んでいたので、またひとつ勉強になった。まだ花は少ないが、水辺に居るだけでゆったりした気持ちになる。スイレンの葉の間に潜んでいた亀が、だるまさんがころんだのように時折顔を出し出し近づいてくる。「何?なんかあるの?」みたいに。結局エサをもらえるわけでもないのかと悟ると、途中で「なぁんだ」とばかりに引き返して行ってしまった。
「針葉樹林」を抜けると「ぼたん・しゃくやく園」だ。芍薬は、花のついているものもある。ゴージャスな花だな。
さて、ようやく最後に、今メインの「ばら園」に辿り着く。先に「野生種・オールドローズ園」を観ていたので、「あれ?こんなもの?しょぼくない?」と思っていたら、その横に広大な「ばら園」が広がっていた。噴水を中心に、ありとあらゆるバラがそれを取り囲んでいる。片側のベンチが並んでいるサイドは、壁にもつるバラが這っている。これは壮観だ。あたりはバラの香りに包まれている。たまたま奥の大温室が工事中のため、工事用フェンスで景観が損なわれているが、大温室ができたら、一段と綺麗に見えることだろう。
どれだけの数の品種が並んでいるのか。ひとつひとつのプレートを見ながら進むと、気づいたことがある。これは綺麗だなと思うものはほとんどが日本の品種。他にドイツ・フランス・イギリスなどがある中、なぜか目につくのは日本の品種ばかりだった。やはり、繊細な色使いやグラデーションが多く、そういった点に目がいってしまうのだろう。好みの問題であるとは思うのだが。
実は、花は好きだが、バラは好きではない。いかにもという存在感が好みでないし、正直なところきつい匂いも好きになれなくて。だから、花束を人に贈るのは大好きなのだけど、滅多にバラは使わない。でも、世にバラが好きな人はたくさんいると思うし、バラフェスタはそんな人が集まっていたのだと思う。見るだけでなく、育てたり、活けたり、盆栽にしたり、香りを抽出したり、写真に撮っている人もたくさんいた。それだけ魅力のある花なのだとは思う。
ばら園横には長い藤棚があって、これもその時期には見事だったのだろうなと想像。

本当は、少し離れていて城跡がある水生植物園(無料エリア)にも行こうと思っていたのだが、時間がなくなってしまった。他に、植物多様性センターという施設もあり、こちらにも展示があるよう。
神代植物公園は都立の公園で、元々は街路樹などの苗を育てていた場所だったらしい。それが整備されて都内唯一の植物公園として開園したのが1961年。古くは、隣に位置している深大寺の土地だったようだが。
時折、頭上を調布飛行場発着の飛行機が飛んで行く。
季節ごとに楽しめるものが違うのが植物園の良い所。大温室の工事が終了するのは平成28年春らしいので、また別の季節に行ってみたいと思う。
posted by nbm at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

最新披露宴

久々に結婚披露宴なるものに出席してきましたよ。慣れない格好をしたので、疲れちゃって昨日は書けませんでした。
色々と変わった仕掛けがあって面白かったですよ。キャンドルサービスの変わりに、新郎新婦が一緒に2種類の液体を注ぐと、化学反応なのか青白く変化するというものがありまして、成分が何なのか気になりました。ちょっと調べたらルミカセレモニーというものらしいです。
おしゃれして、おいしいご馳走をいただいて、楽しませていただきました。欲を言えば、お色直しで新郎は青ツナギに安全靴、新婦はウェイトリフティングのユニフォームでキメていただきたかった。
地元同士の結婚ということで、花嫁さんのお姉さんとうちの妹が同級生だとか、花婿さんの弟さんと私の高校時代のアイドルだったコが同級生だとか、繋がりまくってました。
しかし、いちばんの衝撃は、花婿さんの弟さんのお嫁さんが元おニャン子だったということでしょうか。
posted by nbm at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

初logU

ちょっと、ドキドキ。
でも、ネタには事欠かないので楽しみです。
日記ってーことなんで・・・今日は20年ほどのつきあいになるセレクトショップでスーツを買ってきました手(チョキ)近々ちょいとしたイベントがあるので。
店長さんや仲良しの店員さんとも久々に会えて楽しかったです。変なところにあるのに、「こんなところになぜこんなものがぁexclamation×2」的な品揃えなので大助かりです。でもどこにあるかは教えないーるんるん

posted by nbm at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする